8月 13

自分は普段スポーツってあんまり好きくないし、オリンピックやワールドカップも「ふーん」ぐらいなもんなんですけど、この夏の高校野球「甲子園」ってのだけは毎年それなりに応援してまうんですよ。やっぱりお盆時期ってのもありますし、”新潟”というのがなぜか心躍らせるのだろうと思います。

ところが期待をよそに如何せん新潟は弱かったのです。非常に。2年前までは全国一勝率が低いという不名誉な記録があったわけで、毎年「一回戦負け」があたりまえで、悔しい思いをしていたのですが、みなさんも知ってる方多いかと思いますが、去年は日本文理が準優勝という快挙を成し遂げたわけです。というかあと一歩で優勝というところまでいって、初めて野球弱国新潟がハレの舞台に堂々とたったわけです。

それで今年も日本文理が甲子園行くのかな?と思っていた所、これまた名門(新潟では)のドカベンの高校の名前のモデルにもなった新潟明訓が甲子園に駒を進めたわけです。

そして一回戦は京都外大西という名門(準優勝経験のあり)相手。「あぁ..いきなり強敵。今年はいつもの一回戦負けの新潟にもどるのかな?」と少し不安な気持ちを払拭してくれました。

5−3で快勝 おめでとう 新潟明訓!!

いやぁ打って打たれての大変興奮する良い試合でした。しかし新潟明訓は自分達の得意とする野球でしっかりとまとめて、快勝したわけです。いやはやすごいの一言。

次は福岡の西日本短大付。がんばってほしい!「弱い=新潟」を払拭してほしい!!

がんばれ明訓ナイン!新潟県民は応援しているぞ!!

以上。

ページトップに戻る↑

関連記事:

コメントお願いいたします(承認制ですぐには表示されません)

Copyright© 2010 Revolve Gear, All Rights Reserved.
preload preload preload