8月 31

RICOH リコー Caplio GX100を中古(オークション)で13000円で購入。1ヶ月程ずっと狙ってて、一番安く購入できましたよ。新品では8万程のカメラですから、型が古いといっても格安です。もちろん使用感も中古とは思えない程いい状態のものを購入できました。大当たりのオークション落札でした。

それにしてもDP2を購入してからまだ3ヶ月程(前記事http://www.revolve-gear.com/blog/archives/971)で、またまたコンデジしかもハイエンド系のやつを続けて購入したわけですが、理由があります。

DP2の写真の美しさはマジですごいです。一眼のミドルモデルにも負けないレベルだと思います。…でももちろんDP2は弱点も多いわけでして、例えば、

  • 意外に重く、持ち運びが微妙に邪魔
  • 接写できない(マクロ無し)
  • ズームがない。(単焦点)
  • グリップ感がイマイチ。(その代わり高級感はある)
  • レンズキャップがいちいちめんどい&邪魔
  • そして、難しい。
  • デリケート。

とまぁある意味でカメラ超初心者レベルの自分には、普段のお気軽に使うっていう感じのカメラじゃないのですよ。正直。なので、上に上げた弱点を補えるニューフェイスをスカウトしたわけです。それがリコーの「Caplio GX100」さんなわけです。

実際使ってみた感じをレビューしてみますよ。

まず、びっくりしたのがマクロでの接写!ビックリするほど寄れます(笑 ほんと笑ってしまうほどに接写できます。それと撮った写真がナチュラルな感じがしました。人間の見た目に近いというかね。そんな感じ。

あとサイズも重さも普段持ち歩いたり旅行先に持って行くにはもってこい。ズームもできるし、手ぶれ補正もついてる。初心者にも優しい!でももちろんRAWも撮れるし、Pオート、Aオートもある。もちろん完全マニュアルもある(Sオートはない)それとグリップ感といいますか、手にフィットする感じがものすごい良いです。初心者にやさしくもあり、設定を使いこなせば、かなり玄人な使い方もできるピンからキリまで対応できるカメラです。買ってよかった。只唯一ともいえる弱点がノイズかなぁ…でも使い方かな。あとなにげにうれしいのがレンズキャップのLC-1ですね。自動でレンズキャップがパカッと開きます。簡単でめんどくさくない。しかもちょいカッコいい。

なんで一眼では無いか?だって、デカイじゃん。普段持ち歩くにはでか過ぎるのよ。威圧感あるし。なので一眼はもっと自分がお金に余裕が出てきたら、30万ぐれぇ(動画もすげー撮れるやつ)のすげーやつ購入してやる…いつになるかわかんないけどね。それまではこのGX100とDP2の二枚看板で勝負していこうと思っています。

そいでは最後にテストショットを掲載しますよ。特に設定とかはせずに殆どオートで撮りましたよ。クリックして大きく表示して見てみてください。被写体はSIGMADP2さんです。自分の汚い指紋やホコリまでしっかり描写されてます。

接写してみた写真。こんな写真ははDP2には無理だなぁ…さすが1cmマクロ。

次に比較として、DP2で撮ったGX100です。やっぱりあまり寄れませんが、そのボケ味としっとり感はやはり一枚上をいきますね。写真の質のみで言えばあきらかにDP2に軍配があがりますが、まぁ前述の通りかなりのじゃじゃ馬です。綺麗に撮るのはそれなりの技術が必要。もちろん自分にはなかなかうまく写ってくれません。

以上。

ページトップに戻る↑

関連記事:

コメントお願いいたします(承認制ですぐには表示されません)

Copyright© 2010 Revolve Gear, All Rights Reserved.
preload preload preload