1月 11

はいはい。今回最終回。

まぁ約十日のモデリングですからねぇ。アイデアとなにするかで悩んでたのは1ヶ月ぐらいあったんですけどね。

今回はサフから塗装まで。

というかピンボケ写真多いんですけどそれは多めに見てください。ちなみに画像はクリックするとアップになります。

サフを筆塗り。サフするのが好き。全体がわかるから。この瞬間たまんないのよね。とくにスクラッチは。それまでは「あちゃちゃ」な感じだからw ちなみにこの時点であと2日ぐらいだっと思いますfgの締め切りまで。

ちなみにタミヤパテ(ラッカーパテ)でテクスチャ付けます。自分はこういのが好き。凹凸あるほうが塗りの時コントラストが強くなるので好き。でも足下を中心にやりすぎないように心がけます。

ベースはまず画材屋でずっと前に入手したウレタン(?)を貼る。

その上に見えにくいだろけど0.4mmの100均の透明プラ板を貼る。溝も付ける。ほいでここのラッカーパテでザラッザラにしてアスファルトっぽく。うしろに1/35のドラム缶をwサイズ違うけど要はなんか物があればそれで良かった。

なんと今回下地にメタルカラーのアイアンを選択。まぁ実験的に。塗ったら金属っぽいところは拭いて光らせます。まぁ実際この下地が最終的にどういう風に効いたか不明ですが、まぁ失敗ではなかったと思いますよ。

フィギュアを軽く色を塗ってみる。最初こんな白かグレーにしようかと思ったんですけどイマイチなのであとで黄色を乗せました。

イマイチですよね。たぶん全体が同じっぽくてのっぺりしてるからかな。

機体はどぶ色グリーンにさらに茶系を塗る。ラッカーです。むしろ今見るとこんぐらいの方がはっきりしててよかったかも。

シーリングした所は黒に近いグレーで。

ちなみに私は色を塗る時はコロコロを適当なサイズで切ったものを二枚重ねでペーパーパレットのようにして使います。コレやってる方いるかわかりませんが良いですよ。おススメ。

認識帯もオーソドックスな黄色に。警告色っぽくもあるからやっぱ黄色。

すいません機体のほうはコレ以降写真無いんですけど、デカール貼ったり、クリアのつや消しを塗ったり、全体をさらにエナメルでウォッシング的な事をしたりしてます。

フィギュアは方に15のデカールを。あと黄色にね。ちなみに防護服はツヤありでそれ以外はツヤ消しにしてます。

そいでまぁ並べて、写真撮って完成してfgUPしたのが締め切りというか年明けの3時間前ぐらい。ギリギリwでもなんとかなってよかったです。

今回でバイオPKA「PKA Ausf B “Bosheit”」の制作記は終了です。

はぁ。制作記疲れた。

ほいではまた〜

以上。

マシーネンクリーガーや造形物の記事一覧はコチラ>http://www.revolve-gear.com/blog/archives/198

模型完成ギャラリーはこちら>http://model.revolve-gear.com/

ページトップに戻る↑

関連記事:

One Response to “PKA Ausf B “Bosheit”(オリ3号) 制作記 その4(最終回)”

  1. […] 2011 1 04 PKA Ausf B “Bosheit”(オリ3号) 制作記 完成 2011 1 05 PKA Ausf B “Bosheit”(オリ3号) 制作記 その1 2011 1 07 PKA Ausf B “Bosheit”(オリ3号) 制作記 その2 2011 1 10 PKA Ausf B “Bosheit”(オリ3号) 制作記 その3 2011 1 11 PKA Ausf B “Bosheit”(オリ3号) 制作記 その4(最終回) […]

コメントお願いいたします(承認制ですぐには表示されません)

Copyright© 2010 Revolve Gear, All Rights Reserved.
preload preload preload