1月 09

人間の体力に2通りあると思う。

1、肉体的な体力。
2、精神的な体力。

まぁ
「そんなんわかってるよ」
という声もあるでしょうが

最近実感しますね。

例えば
一日同じ時間、
座りっぱなしでの仕事をする。

でもいつも通りの精神的に
負荷のかからない仕事をした後と

同じ条件で頭をうんうん唸らせて
必死で考えたり、うまくいかなかったり
精神に負荷がかかると

後者の方が疲れる。
朝も起きれない。
だるい。

という弊害になる。

なぜだ?

肉体的な体力的には
前者も後者も変わらないはず。

でも確実に後者は
後々響いてくるし、
家に帰った後も

「今日は疲れたなぁ」

っていう実感がものすごいある。

ストレスが肉体に与えるダメージなのでしょうか?
精神的負荷は
確実に肉体的な体力にも影響を与える。

つまり精神的負荷があればあるほど
疲れる。

逆に言えば精神的負荷がなければ
大丈夫ということ。

それを念頭に置いて生きていけば
いろんな意味で良い方に向かうんでは
ないのかな?
と思う今日この頃でした。

それが分かった所で
どうすることもできないのが
現実なんですけどね。

以上。


↓ランキング参加中

にほんブログ村 その他日記ブログ うんちく・小ネタへ
ポチッと応援おねがいします!

関連記事:

コメントお願いいたします(承認制ですぐには表示されません)

Copyright© 2010 Revolve Gear, All Rights Reserved.
preload preload preload