10月 06

2011年10月5日。アップルの創設者、そしてピクサー、Mac、iPod、iPhone、iPadの生みの親、スティーブ・ジョブズが56歳の若さで亡くなりました。

やっぱり毎日365日マックやアップル製品にお世話になってる身としてはこの偉大な人物の死は自分の中でもかなりショックだ。

功績だけ見てもすごいが、この人のプレゼンや遺した言葉はすべて印象的で、一人の人間としても魅力溢れる偉大なる人物だった。

先日アップルのCEOを退任したばかりだったわけだが、以前から体調不良はなんども言われてて、こういう予感というか予測は誰しもがしてたし、覚悟はしていた。

しかしながら、やはり56歳。まだまだ若い。

惜しい。ほんとに惜しい人をなくした。

が、彼の人生は普通の人が人生10回使っても到達できない領域に駆け足で、上り詰めたのだ、「燃え尽きた」といっても過言ではないかもしれない。

偉大なる人物の死はやはり、いつの日も寂しい物だ。いつか来ると分かっていても。

私の両親だって、いつか亡くなるし、自分もいつか死ぬ。それは誰しも免れない。

その間に何を遺せたか。そして、自分の人生は幸せだったか。

それが重要なのかもしれない。

でも決して、私はジョブズを忘れないし、これからもアップル製品のユーザーであり続けるであろう。

あなたの遺したアップルのDNAは今後も人々に息づいていくことだろう。

ジョブズ「技術によって、我々のハートは歌いだす。技術だけでは物足りず、技術とアートを両立させる。それが、AppleのDNAだ。」

お疲れさまでした。

さよならジョブズ。

関連記事:

コメントお願いいたします(承認制ですぐには表示されません)

Copyright© 2010 Revolve Gear, All Rights Reserved.
preload preload preload