10月 23

あー腹痛い。興奮覚めやらない…

傑作中の傑作

だったのではないでしょうか。

もう大爆笑して腹筋痛い。今年のガキの中で3本の指に入る面白さだった気がします。しかもいかにもガキらしい…いやガキでないとできないタイプの企画というかコントで素晴らしかった。

今年は私としては5/29 「松本の好きそうな物を置いてアタックしよう!」8/7 「 森三中 黒沢七変化!」と並ぶレベル…いやその中でも一番面白かったと思います。たぶん。

内容はですね、ダウンタウン理不尽シリーズに近い内容ですね。次長課長、フットボールアワーがいませんし、内容も違うのですが、テイスト的には近い。

松本挑戦シリーズの雰囲気もありましたね。キレて楽屋に戻って謝るっていうくだりとかは。

概要を書きますと、浜田が突然なぞなぞをしたいと言い出して、スタジオに呼び出される。そこで浜田が「なるほど ザ・なぞなぞワールド」なることをやり始めて、山崎、遠藤、田中が答えるが、正解らしきことを答えても全然正解せず、その内に浜田がキレて、松本が次にメンバーにダメ出し、謝りに行く…という繰り返し。

今回の一番面白かったのは松ちゃんの迫真(?)の演技!めっちゃ声張ってましたね!全編に渡って声張ってました。しかもその内容はまたすんごいおもしろい。「なんやママレモンてっ!」とかヤバかった。

あと後ろの外人のオバハン。これもガキらしいニクい素晴らしい演出。こういうちょっとした所のセンスとこだわりが他の番組と格が違う。

たばこ吸ってるやん…っていう^^

最後のオチも「別になぞなぞそんなにしたいわけじゃないねん…」って…(笑

こんだけクオリティの高いバラエティは他に無いと改めて痛感した回だったな。

素晴らしい。この世で一番面白い番組だと改めて思うよガキの使いは。私はそう思う。

来週も楽しみだね!

以上。

ガキの使い記事一覧はこちら
http://www.revolve-gear.com/blog/archives/196
ガキの使いの名セリフ・名言・迷言をつぶやき続けるツイッターbotはこちら>http://twitter.com/GAKIbot
ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!! (祝)ダウンタウン生誕50年記念DVD 永久保存版 (19)(罰)絶対に笑ってはいけない熱血教師24時 【初回限定版DVD BOX (本編ディスク4枚組+特典ディスク1枚/デジパック仕様)】ダウンタウンのガキの使いやあらへんで !! 2 松本一人ぼっちの廃旅館1泊2日の旅 ! [DVD]ダウンタウンのガキの使いやあらへんで !! 1 浜田チーム体育館で24時間鬼ごっこ ! [DVD]ダウンタウンのガキの使いやあらへんで !! 3 罰 + 松本チーム絶対笑ってはいけない温泉旅館の旅 ! 名作 & 傑作トーク集 [DVD]ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!! (祝)ダウンタウン結成30周年記念DVD 永久保存版 (18)(罰)絶対に笑ってはいけない空港(エアポート)24時  初回限定版(本編ディスク4枚組+特典ディスク1枚)

関連記事:

12 Responses to “10/23 ガキの使い「浜田のなるほど ザ・なぞなぞワールド」感想”

  1. 一寸法師 より:

    まったくもって同感です。

  2. 一寸法師様>

    コメントあざます!

    共感して頂いてありがとうございます!

    私はツイッターでガキの使いBOTの制作者&管理人なんで、逐一「ガキの使い」とつぶやいた内容をチェックしているんですが、ガキの放送後は1〜2人は必ず「ガキの使いが最近面白く無い」とつぶやく輩がいるんですが、そういう方に聞きたいですが、本当に毎週欠かさず観ているのか?と。あと”最近”っていつからのこと?って思うのです。

    私は2000年頃(24時間鬼ごっこはリアルタイムで見たのでそんぐらいなはず)からの視聴者ですが、10年以上ほとんど欠かさず見ていますが、他の番組とは比較にならないぐらい、この番組は常に”挑戦”し続けています。

    同じ企画ばかりを続けないで、常に斬新な企画を入れてきている。

    それすごい事だと思うんですけどねぇ。

    そして、誰でも見て”ウケる”タイプのわかりやすい企画もあれば、今回のように、お笑いフリーク…いわゆるお笑い力の高い人間が見れば絶対に「おもしろい」と思わせる斬新な企画も出してくる。

    この絶妙なバランス感はすごいと思うし、それを長年続けているはすごいと思いますよね^^

    たぶん上記のようなつぶやきをする人は正直「お笑い力」もしくは「お笑いレベル」が低い。もしくは低くなった。

    ガキは私が10年以上見てきて、どんなにひいき目に見たり、客観的に見ても下がってる事は無いと私は断言できると確信しています。

    思わず長文返信失礼しました^^;

  3. naka より:

    どうもこんばんは。23日のガキ使は確かにおもしろかったですね。
    「なぞ、なぞ」が頭から離れません。
    全速力で走った後の浜ちゃんがへたりこんでいるのを見て、爆笑しました。
    外国人もパンチの効いた顔してましたね~。
    あの老け具合(!)がたまりません。

    これこそガキ!ってな感じでしたね。

    「ガキの使いが最近面白く無い」とつぶやく方々についてですが、3~4年くらい前から芸人がたくさん出演するコーナーが増え始めたかな・・とは思います。昔、それこそ10年くらい前は他の芸人が出演するコーナー自体、ハイテンションくらいでしかお目にかかりませんでしたから。この傾向を見て「もう少しガキ使メンバーを生かしてほしい!」という声は確かに聞きます。

    個人的にはちゃんと面白い企画になっていれば芸人が増えようが特にいいんですけどね。ここ数年の傾向で安易に判断するのではなく、将来を含めて長い目でガキ使の挑戦と成長を見守る所存です。

    それでは~。

  4. naka様>

    コメントあざます!

    確かに芸人さん参加企画は増えたかもしれませんね。

    でもリアルタイムで見たわけではないですが、それこそココリコもいない頃ってただampmの弁当を民家で暖めさせてもらう企画とか、豚を丸焼きにして食うだけの企画とか、今やったら「何コレ?」ってなりそうな企画もあったんですよね。

    そういう意味では時代の流れに合わせてきている部分っていうのはあるのではないでしょうか?

    同じ事をしているだけでは飽きてしまいますし。

    おそらく制作側も試行錯誤しながら、バランスや視聴率等も考慮しながら企画を考えているので、そういう意味で時代によって変わる企画について、昔の企画が好きだった視聴者が「面白く無くなった」と感じる人も中にはいるのかもしれません。

    でも年を取った人が過去の良い部分だけが記憶に残り、「昔はよかった」と言う心理と同じで、昔もショボイものはあったけど、現在は良かった部分だけが記憶に残ってるから、「昔の方がおもしろい」と感じている心理もあると私は勝手に分析しますけどね。

    とにかく私もnakaさんと同様、これからもガキの今後にはずっと注目していく所存です。

  5. naka より:

    >過去の良い部分だけが記憶に残る

    これは、大いにありえます。15年前もショボイ企画自体は多々ありました。
    伝説となったような企画とのギャップが激しかったからこそ、良い面だけが
    目に焼きつくことになるのでしょう。

    それにしても豚の丸焼き・・懐かしいですね~。これはリアルタイムで見ました。
    ほぼ同時期にごっつええ感じにて、一匹のマグロを解体する企画があった
    んですが、それの深夜放送バージョンてな感じでしたね。当時はそれほど
    フリークでもなかったですが、それでも家にいる時はちょこちょこ見た記憶
    があります。当時の山ちゃんは若かった!同郷なので親近感がありました。

    毎週しっかり見るようになったのは20世紀の終わりくらいですかね。
    がき使いの笑いを理解できるには、まだまだ修行不足です。
    時代の先を行くガキ使はこれからも目を離せません。

  6. […] 10/30 ガキの使い「ハイテンション ザ ベストテン 2011 前編」感想 10/23 ガキの使い「浜田のなるほど ザ・なぞなぞワールド」感想 10/16 ガキの使い「酔っぱらいしか入れない ベロンベロン酒場 […]

  7. ともき より:

    昨日、再放送で観ました。本当に、あの空気感に爆笑しました。
    みんな笑いをこらえていますからね!
    あのレベルは、芸術ですね!

  8. ともきさん>

    コメントありがとうございます!

    一部地域で再放送があったようですね。ツイッターでつぶやかれてる方がが多数いました。

    私も2011年のすべてのレギュラー企画の中でもトップ3に入る面白さだったと思います。

    この企画のすごかったのは、「他番組で真似できない」タイプのガキらしい企画でありながら、高度な笑いのレベルを保ち、昇華したというのが評価できる点だと思います。

    まさにガキ唯一無二。という所でしょうか^^

  9. コブラ より:

    「同じ事をしているだけでは飽きてしまいますし」
    とのことですが、このなぞなぞの回こそ「同じ(ような)こと」ではないでしょうか?

    本文中にもありますが、「松本挑戦シリーズ」や「ダウンタウン理不尽シリーズ」と「同じような」内容でしょう。
    もっといえば「出題者が答えを言わない」「回答者が困惑する」という点で、ダウンタウンの漫才の「クイズネタ」を大がかりにやっただけ、とも言えるでしょう。
    私にはそれらのスケールダウン版焼き直し、にしか見えませんでした。
    「笑いどころ」は全て上記のシリーズや漫才で見たようなものばかりで、目新しさは何も無かったと思います。

    • コブラ様

      コメントありがとうございます。

      おお。珍しいですねこの企画を面白くないという意見は。見たところコブラさんは過去のガキの使いをかなりかなりご覧になってる様子。コブラさんが言うように例えば

      >私にはそれらのスケールダウン版焼き直し、にしか見えませんでした。

      なども、そう見えたのならばコブラさんはかなり厳しい目をしていらっしゃるような印象を受けます。しかも「スケールダウン版焼き直し」と言っていますが、それはあくまでコブラさんの個人の受けた印象ではないでしょうか?

      今年の企画でいえば、「破天荒田中」シリーズなどは過去の「田中尾行大作戦」の焼き直しとも思えますが、あれをみても「焼き直しだ」と思って面白くなかったでしょうか?私は面白かったです。根底の企画柱は同じでも内容が全然違っていたからです。

      コブラさんの言い方だと焼き直し=スケールダウンという感じの印象を受けますが、それは違うのではないでしょうか?

      過去の企画にまったく類似しない企画のみにしかコブラさんは笑えないタイプの人間なのでしょうかね?

      いえ別に「笑いのツボ」というものは人それぞれなのでまったく問題ないのですが、たぶんこの企画に限ってはおそらくコブラさんのような印象を受けた方はむしろ少数派かと思います。(ネットやツイッターや私のブログの反応を見る限り)

      例えばこの企画でいえば言えば浜ちゃんの「なぞ!なぞ!」と意味不明な(シンキングタイムの)動きとか、松ちゃんが笑いこらえてる所とか、意味不明なおばはん外人とか面白くなかったですかね?私はおもしろかったなぁとても。

      なので、それぞれ「笑い」の受ける印象は違うということではないでしょうかね。コブラさんがこの企画を見てコメントのような印象を受けたならそれはそれでしょうがない事です。笑いのツボも人それぞれですし。

  10. 匿名 より:

    いまだにネットに
    落ちてるの見てます

    ほんとに神回

    • 高岡 匠 より:

      匿名様

      コメントありがとうございます。

      >ほんとに神回
      そうですね。素晴らしい企画でしたよね。ガキらしくて。続編的なマジカルハマダも良かったですしね。

コメントお願いいたします(承認制ですぐには表示されません)

Copyright© 2010 Revolve Gear, All Rights Reserved.
preload preload preload