11月 26

ちょっとタイトル長いな…SEOとしては気持ちマイナスだけどしょうがないかな。

それはさておき、ちょっと間が空いてしまいましたが、ぽこぺんさんからの頂き物最終章!

今までの記事は「ポコペン氏直伝その1「自作電動歯ブラシ改造USBスピンやすり」レビュー」「ポコペン氏直伝その2「スーパー布ヤスリ!スーパーアシレックス スカイ」レビュー」をお暇なら見てくださいね。

今回は2種類のアイテムを紹介!

まずは接着剤です。

 

ジクロルメタンもしくは塩化メチレンという物質の液体なんですが、要はGSR強力溶着剤とほとんど同じものなのですが、ポコペンさん曰く。

接着剤はの原液を薬剤会社から買っているので1/5の値段ですw面相筆でパーツの隙間に流し込んで下さい。筆は洗わなくても気化します

調べたら>http://www.monotaro.com/g/00345265/で500mlで810円。あっちは100mlで700円なのでこっちが断然安い。

もちろん使ってみました。

ホント流し込み接着剤そのままで、MrセメントS(流し込みタイプ)より強力な感じ。多めに塗り塗りしてギュッと圧着するとムニュっと溶けたプラが出てそこを研磨すれば合わせ目消えます。

ポコペンさん曰く

ジクロルメタンは揮発性が凄いので換気とフタ空けっぱなしに注意です。その逆に乾燥時間が短いので直ぐ切削出来ます。あとABS樹脂も接着出来ますよ。

便利ですよね〜。ABSも接着化らしいですし!でも弱点といえば気化する早さですか。実際すんごい早さで気化します。それと幾つかのサイトを見るとジクロルメタンはそれなりに危険な液体らしく、ずっと蓋開けっ放しとかで吸い込みまくったりすると危ないかも^^; いろんな意味で取り扱い注意。蓋閉め忘れ注意。

でも良いのは間違い無いし、上記のサイトで買えば安い。私もポコペンさんから貰ったのを使い切ったら買おうかな?と思っています。

次に…最後に自作塗装持ち手。

 

真ん中のあたりの円筒+磁石の2本がポコペンさんに貰った自作塗装持ち手。

それ以外はそれの真似して自分で自作したもの。大きいものから小さいものまで色々作りました。

作り方は簡単。

左の方の長い奴は100均の鰐口クリップに竹串を付けて、下は100均のピン型ネオジウム磁石を付けています。

これがしっかりとキャッチしてくれていい感じです。鰐口クリップも色々な大きさがあるのでいろんな大きさに対応可能。

あ、ちなみに下のプレートも100均の料理に使うステンレスのバットです。磁石でかっちり付きます。

右の方はクレオス?だっけ?のクリップを上記と同じ方法で作った大きいもの用です。磁石はその代わり平たくて少し大きめのもので、しっかりと安定しています。

このネコの手持ち手もすごく便利ですよ。

いやーその1、その2、その3とポコペンさんに貰ったアイテムをご紹介しました。良いアイテムばかりなのでみなさんもぜひ自作したり参考にしたりしてくださいませ^^

ポコペンさんも「是非布教してくださいw」とのことです〜広めよう〜

以上。

マシーネンクリーガーや造形物の記事一覧はコチラ>http://www.revolve-gear.com/blog/archives/198

模型完成ギャラリーはこちら>http://model.revolve-gear.com/

関連記事:

コメントお願いいたします(承認制ですぐには表示されません)

Copyright© 2010 Revolve Gear, All Rights Reserved.
preload preload preload