3月 17

衝撃…いや笑激的な企画でした。そして斬新。

これだからガキはやめられない!

板尾さんのシリーズは去年の

7/22 ガキの使い「板尾の嫁がインドのお化け番組に出演?(板尾イチャモンシリーズ)」

以来ですね。

2週企画です。板尾さんの企画で2週またぎになったのは私の記憶が正しければ”初”ですね。でもたしかにこの企画内容なら1週はもったいない。先週までのガキは個人的に不完全燃焼感が拭えない結果になったので、そのマイナス(?)を一気に挽回するいい企画だと思います。

内容を書きます。(以下ネタバレ)

 

内容の概要

板尾さんシリーズのいつもの導入部と同じくガキメンバーの”いつもの楽屋風景”に板尾さんが「番組のフォーマットを考えたから見てほしい」「浜田がいなくても出来る番組フォーマットだ」とガキメンバーに言ってくる所からはじまります。なんだかんだいつものようにシブるのですが、折れてクイズ会場に移動。

そして「THE浜田ベガスSHOW」というクイズ番組を始めます。本物の浜田(マジ浜田)は別部屋で待機。他メンバーを回答者。クイズはVTRで競技をするスポーツの勝利者を誰か当てるというオーソドックスなクイズだけど、そのスポーツを挑戦する人間が全員超リアルな顔面浜田そっくりの仮面を被って競技をする。

そしてそれぞれ10枚のコインを持ち点としてベットしてコインを稼ぐ…という内容だが…

感想

実際はクイズはどうでもいいんです。その超リアルな浜田のお面を競技者みんなが被ることよって、いわゆるかつての名作「浜省だらけの野球大会」を彷彿とさせる”浜田だらけ”の状態になる。競技者はたとえば徒競走はチビ、デブ、ノッポ、男勝り(女)だけど、顔は全員浜田という(笑 

これは絵面がもうシュール。あのとんでもなくおもしろい浜田さんの顔がいっぱいなんですから。

これはガキらしいシュール感がありつつ、面白い絶妙な企画ですね。これは完全に名作ですね。間違いない。

競技は徒競走の他に前編は卓球、巨乳二人三脚と出題。どれもおもしろい。二人三脚の相手がじじいとおっさんなのもガキらしくて良い。あ、マジ浜田の横にいるバニーガールも意味ないだろっていう空気感が良い。あと競技後のスローがまたいい。

お面はあたりまえだけど、無表情なのでそれがまたシュールなんだよなー。これはほんと考えた人すごいです。笑ってはいけないスパイの時に藤原さん、田中さんのお面のくだりがありましたが、あれはちょっと気持ち悪い感もあったんですけど、やっぱり浜田さんの顔はポテンシャルが段違いです。すごい。

それが大量にいて競技してる光景は笑わずにはいられなかったです。素晴らしい。

来週はさらに色々な競技(人間以外も登場)があるらしいので超期待して待ちましょう。

いやーまた来週が楽しみですね^^

ではまた次回!

以上。

ガキの使い記事一覧はこちら
http://www.revolve-gear.com/blog/archives/196
ガキの使いの名セリフ・名言・迷言をつぶやき続けるツイッターbotはこちら>http://twitter.com/GAKIbot
ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!! (祝)ダウンタウン生誕50年記念DVD 永久保存版 (19)(罰)絶対に笑ってはいけない熱血教師24時 【初回限定版DVD BOX (本編ディスク4枚組+特典ディスク1枚/デジパック仕様)】ダウンタウンのガキの使いやあらへんで !! 2 松本一人ぼっちの廃旅館1泊2日の旅 ! [DVD]ダウンタウンのガキの使いやあらへんで !! 1 浜田チーム体育館で24時間鬼ごっこ ! [DVD]ダウンタウンのガキの使いやあらへんで !! 3 罰 + 松本チーム絶対笑ってはいけない温泉旅館の旅 ! 名作 & 傑作トーク集 [DVD]ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!! (祝)ダウンタウン結成30周年記念DVD 永久保存版 (18)(罰)絶対に笑ってはいけない空港(エアポート)24時  初回限定版(本編ディスク4枚組+特典ディスク1枚)

関連記事:

4 Responses to “3/17 ガキの使い「THE浜田ベガスSHOW(板尾シリーズ)前編」感想”

  1. レオン より:

    こんばんわ!

    今回の企画凄かったですね~w
    TVでこんなに笑ったの久々ですよw 

    携帯で番組内容を見たときは「くだらね~w」と思っていましたがw

    • レオン様

      コメントありがとうございます。
      いや”くだらない”のは”くだらない”んですけどね。
      くだらないから面白いんですよねコレ。普通思いつかないし、
      思いついても、その”くだらない”を本当に実行に移せる番組は
      ガキぐらいしかないんじゃないでしょうか。

      これは名作間違いない面白さでしたね^^

  2. midori より:

    こんばんは、お久しぶりです。
    非常に面白い企画だったので、コメント致します。

    ガキの使いは、本当に「真剣」だなと思いました。
    お面の真剣な出来栄え。
    エキストラの真剣な人選。
    真剣なナレーション。
    真剣な編集。

    意味不明さや非現実さ、くだらなさや遊び心に真剣に向かい合っているからこそ、
    あのような素晴らしい番組に仕上がるのでしょう。
    ただ遊びで、ただなんとなくシュールっぽく、では爆笑は生まれません。
    これぞプロ中のプロの仕事だなと、一人唸ってしまいました。

    • midori様

      コメントありがとうございます。

      たしかにその通りですね!
      以前感銘を受けた話で俳優の生瀬さんが言ってたんですけど、
      「笑い」の要素は大真面目に真剣にするから生まれるのであって、
      笑かしてやろうとか、おちゃらけてやったら全然おもしろくない。
      くだらない事をシリアスに大真面目にすることが「笑い」を生むんです。
      というような事を仰っていて、なるほどその通りその通りと思いました。

      そういう意味でも今回のガキは色んな意味で真剣でしたね。
      こういう雰囲気はなかなか他番組では出せないですよね!脱帽!

Leave a Reply to midori

Copyright© 2010 Revolve Gear, All Rights Reserved.
preload preload preload