6月 19

先日Plasticchamber主催 1/35ディシプリン「はたらくのりもの」コンペ(厳密にはコンペではないかもしれませんが)が公開になりました。今年も去年かそれ以上に凄作品が揃いました。立体が好きな人間を初め、SF好き、イラスト描きの人も必見だと思います。以下リンクからどうぞ

http://plasticchamber.xxxxxxxx.jp/projects/04/135.html

私も末席に加えさせてもらいました。私も締め切りが延びたからギリギリ参加できたものの今まででトップクラスにヤバかったです。まぁ参加出来ただけで、間に合っただけでも今回は良しとしましょう。

ちなみに去年のコンペは1/16スケールフィギュア改造でした。 >http://www.revolve-gear.com/blog/archives/3481

で、今回のお題は1/35スケールで「はたらくのりもの」ってんで戦争機械などではない。あくまで「職業」とか目的があるもの。意外にコレ難しかったです。

ま、自分の作ったのは置いといて、今回すべてすごいので一個一個短くではありますが感想を書かしていただきます。

紳々と竜々の行列の出来る人生相談所 by 平米屋平兵衛さん
独特の世界観を感じますね。移動式の人生相談屋台といったところでしょうか。ショートストーリーもしっかりしててそれだけでお話が想像できて素晴らしい。フィギュアも自作なのでしょうか。すごく雰囲気あってすごい。こういうのは真似できないです。アジアンテイストも入っていて、色もちょっと奇抜で目を引きます。

特殊警察 / M.F.P. (Main Force Patrol)by 毒猿さん
毒猿さんの作品ですね。まずフィギュアがすごく目につきます。あと色ですかね。空飛ぶ車といったところでしょうか。ポリスネタは誰かがやると思っていました。でも敢えてでしょうけど、日本やアメリカではなくて、どこかのマイナーな国のパトカー的な色設定という印象を受けますね。

地球外来種子処理業 by 荒屋さん
荒屋さんの作品。去年も大好きなテイストでしたが、今年も素晴らしい。荒屋さんの作品ってシンプルな面な部分としっかりと作りこまれたディテールとの共存というか、対比みたいなのがメリハリになってて素晴らしいんですよね。下はどうなってるのでしょうかね。車輪が付いてるのかな?濃いオレンジが少し入った黄色という感じの色も作業車という感じで合っていていいですね。

聴音士 by Takahiroさん
小泉さんの作品。相変わらずすごい。最初ツイッターで下部分の画像を拝見して「最終的にどんなカタチになるんだろう?」と思ってましたが、こうなりましたか。すごくカッコイイ。それに去年もそうでしたが、独特なフィギュアや小物がこれまた素晴らしい。塗装も小泉さんらしさを感じる個人的に大好きなテイストです。実は私も最初サウンドシステムっぽいテイストも考えていたので被らないでよかった。特に女の子二人がすごく印象的な感じで配置されていて素晴らしい。

ラーメン屋の出前 / 迅速2号 by Anthony obscuraさん
アンソニーさんの作品。ものすごくお題に合っている。素晴らしい。でもそこはかとないSF感を感じれるデザインがいいですよね。荒廃した近未来SFなのではなくて、明るい近未来SFを感じるというか。こういうのが飛び回る世界観はいいですね。後述の熊人さんの作品世界観といっしょに並行世界でイケるんじゃないですかね。でっかい街ジオラマ作ってそこで飛ばすとたぶん完璧!

酸素散布機輸送者 / O2 sprayer Transporter by Kyogoさん
今回イラストで唯一参加のKyogoさん。もっとイラスト参加者がいたらモアベターでしたね。宇宙的なSFど真ん中のトランスポーター的なデザインでいいですね。アナログですかねー。こんぐらい俺も絵が描けたらなーって思います。これはいろんな角度から見たくなりますね。誰か立体化を!

郵便配達員 / フライングプラットフォーム型郵便配送機(試験運用機)by 熊人さん
熊人さんの作品。これもこじんまりとしながらもしっかりとお題と合致していて大好きです。こういう一人乗りの空飛ぶ機械は私も一度は作ってみたい。郵便配達という身近な職業であるからこそ、あるからこそなおさらSF感を感じます。前述のアンソニーさんの作品とコンセプトの共通生を感じます。いつかああいうのが空を飛んで手紙を届けにくる世界…想像するだけワクワクしますね。そして綺麗じゃなくて使いふるしてある感じの仕上げがまたリアリティあっていいですね。

清掃業 / 汎用人型重機GOLEM by スギヤマさん
スギヤマの兄貴の作品。超好きです。かっちょいい。兄貴らしくて素晴らしい。普通のパワードスーツのデザインではなくて、独特のカタチでそれでいて清掃員を感じさせるカタチと塗装がまたいいですね。これも汚い町中を徘徊して掃除してるような光景がありありと想像できていいです。背中から伸びるケーブルや管もストライクっす。トラッシュを感じさせる人形周りの檻のようなものもすごい良い感じです。ほんとこの作品は個人的に大好きですね。

工業地区消防隊 / Fire platform team by 大森記詩さん
KISHIくんの作品。毎度カッコイイですね。消防と言う事で赤を基調とした配色もKISHIくんらしくカッコイイの一言。カタチもずんぐりとした「塊感」をうまくだしていていいです。私もいつも「塊感」をいかに出そうかと四苦八苦したりするんですが、これはそう言う意味ですごい。フィギュアも改造かスクラッチですかね。すごく世界観に合っていていいですね。自分もホントはこういうフィギュアを絡ませたかった…。

架空世界の空輸業 / 空飛ぶ配送船「ナイチンゲール(NIGHTINGALE)」by ノイさん
ノイさんの作品。オリジナルのヴァンシップという感じですかね。むしろ飛ばない理由の第二弾という感じでしょうか。それにしてもこれがエポパテを使ってないのは驚きでした。宮崎メカ的なテイストも感じますね。細部までしっかりと作りこまれていてカタチもヴァンシップを基調としながらもすごくかっこ良くて素晴らしいです。しかもフィギュアの大きさを見ると結構大きそうですねぇ。

建設用自走式クレーン / MAZ-533改(オールテレールクレーン) by vanipoさん
vanipoさんの作品。この方今回の参加者で唯一完全初見でお名前は私は知りませんでしたが、いやーなんとも素晴らしい作品ですね。まさに「はたらくのりもの」ちいさい子が見ても飛びつきますね。カッコイイ。これはフルスクラッチなんですかね。どんな元パーツを使ってるのかわかりませんが、すごい手がかかっていそうです。塗装もいかにもでお題をすばらしく再現してるといえますね。大きな塊感はありますが細部までしっかり作られていて、屋外撮影も相まって素晴らしいです。前脚後脚も可動もするのか…只者ではないですね。

道路清掃 / 道路清掃車:Road Executioner by くるうさん
くるうさんの作品。スギヤマの兄貴に続いて、清掃関連。これもシンプルそうにみえて、上に乗ってるシートもすごく感じ出てますし、カタチも塊感がありつつ、すばらしいと思います。塗装もいかにも清掃車という感じの配色で、それでいて清掃車独特の汚れた感じが出ていていいですね。作品説明みて思わず笑みが。そういえば普段くるうさんツイッターで逆走自転車にキレてるもんな。その怒りがこの作品を生み出したのか。そう思うと感慨深いものがあります。

都城工務店 by FuMaさん
イケメンFuMaさんの作品。たしか記憶が正しければ、飛ばない理由の続き、これもほとんど1日とかそこらで作ったとか。凄すぎる。結局しませんでしたがこういうボーリング系(正確には杭打ち機ですが)の働く機械は私も最初しようかなーと妄想してました。それにしてもフィギュアがまた素晴らしい。FuMaさんはフィギュア塗りもすんごく上手い。とても1/35に見えない。塗装もすごく合っているし、雰囲気出ているし、配線の感じも大好きです。こんな素晴らしい作品をささっと作れるなんて…爪の垢を煎じて飲ませていただきたいですね。

関漁連 / 甲型清掃車 by 石塚 真さん
石塚 真さんの作品。実は石塚 真さんの模型の大ファンです。どれもかっこよくて感銘受けています。今回も素晴らしいの一言。スギヤマの兄貴、くるうさんに続いて清掃系(正確には関漁連)。前輪の大きさと小さい後輪、全体的な塊感、前方の腕からの清掃ブラシに至って、カタチのデザインが秀逸でバランスが良くて、尚且つカッコイイ。ブラシ部分もすごく迫力あって印象的。しかもライトまで仕込んであるとか…感服&眼福です。勉強させてもらいましたという感じ。いつかこういうレベルの作品作ってみたいです。

線路の除雪 / Kavkaz by S3さん
チャンバー構成員のS3さんの作品。最近の作品傾向であった、和テイストを取り入れてくるのかな?と思いましたが、いい意味で期待を裏切りましたね。機関車をこういう風にアレンジしてきたかーという感じ。塗装もS3さんらしい重厚かつ赤サビ系の汚しが素晴らしい。これプラ板スクラッチですかねー。なんかのミックスビルドなんですかね…すばらしいカタチですね。雪の線路の上を走っているジオラマかデジラマ作って欲しい…

釧路市猟友会 / ミル Mi-339 by Geruseaさん
チャンバー構成員のげるしーさんの作品。去年もかっこよかったですが、今回もすっげーカッコイイ。でもうーん…お題的には……戦争持って行ってもめっちゃ活躍しそう…めちゃ強そう。でも猟友と言われるとなるほどその手があったか!という感じ。それにしてもいつもカタチのまとめ方にセンスを感じます。これが才能もしくは尖った感性かーって感じます。塗装もすっげーっかこいい。フィギュアもかっこいい。もうかっこ良すぎて、なにも言うことが出来ないレベル。素晴らしい。

高々度放電観測 / BEHOLDER by STEVENさん
チャンバー構成員のスティーブンさんの作品。もんのすごい金属感。塊感。これ初見の一般人が見たら金属加工作品と思うのでは…カタチのまとめ方はもはや芸術的という感じ。持ったらズシっと重たそうだ。デカール(だよ…ね?)もセンスを感じる。こういう絶妙なボディラインみたいなものは出すのが難しい。これもどんな風にはたらくのか色々と想像してしまうカタチですね。そして添えられているフィギュアが遠目だと、ダフト・パンクに若干見える…。うーんSF!

以上。勝手に偉そうにコメントしてみました。ホント今回どれもすばらしくてどれも作品のクオリティの平均点はすごく高いと思います。尋常ではない程に。みんなすごすぎ。

来年もあるなら参加したいですね。あとイラスト参加者が増えるといいなぁって思います。

あ、そういえば、はたらくのりもののOFF会もあるようです。以下STEVENさんのツイート引用

はたらくのりものコンペの飲み会、日にちは6/29、場所は新宿の予定です。コンペ参加してない人でも参加OKですので、興味あるかたはぜひご参加ください~。参加希望の方はplasticchamber@hotmail.co.jp まで。

参加者でなくても、こんなすごい作品群を生で見れて作者とお話できるチャンスだ!ちなみに自分も参加する予定です。しかも日にち的に竹谷隆之の仕事展も開催中だからそれも見れますから、私のように地方からそれも込みで参加するも良いと思います!

参加者の皆様お疲れ様でした。

以上。

あ、近いうちに写真アップしなきゃだね。

模型完成ギャラリーはこちら>http://model.revolve-gear.com/
造形物の記事一覧はコチラ>http://www.revolve-gear.com/blog/archives/198

関連記事:

コメントお願いいたします(承認制ですぐには表示されません)

Copyright© 2010 Revolve Gear, All Rights Reserved.
preload preload preload