4月 30

今回でめちゃめちゃ間が空いたF-BOOTの制作記をしめようと思います。

前回土台までできたのですが、アンテナや腕も付けて完成間近に迫った所で事件発生。

F-BOOTには印象的なクリアパーツの頭があるんですね。このクリアパーツまで付属しているわけです。恐るべし帽子屋さん。

ところがこれが難敵でして、まずカットして、切り口を綺麗にするのが一苦労。
不器用な私は何度も少し切って、ヤスリをかけて…と繰り返す。
でもなかなかちょうどいいサイズにならない。それでもやり続けた結果なんとかそれっぽいサイズになり、よし接着!と思ったんですが、これまたミスをしてしまった。
いつも通りに瞬間接着剤で接着したところ、見事に白化。クリアパーツが濁ってくもってしまった…どうしよ

↑見事にくもってます。

原因は密閉しているところに揮発したからかなぁと思ってます。よく考えたら当たり前なんですがその時は気付きませんで…

でもやっちゃったもんはしょうがないんで、そのクリアパーツはボツ。もう一個作ることに。

幸い帽子屋さんはクリアパーツが自分のように駄目になった時の為のヒートプレス用の型まで同封されています。マジすげー。

↑練り消しに軽く固定しています。これに押し付けるわけです。

なのでこの型にその辺のパッケージについてる透明なプラスチックをライターで熱して、型に押し付ける。
F-Boot
↑失敗もしましたけど…

難しいかなと思いましたが、2、3回やったらなんとかなりました。本物より若干薄手になりましたが問題無し。でもまた1からやり直し。また切ってヤスって…とりあえず時間は少し掛かりましたがなんとかクリアパーツ複製完了。

それで今度はものすごい微量の木工ボンドを慎重にふちに付けて接着。なんとか付きました。くもりもほとんどなく。無事クリアパーツを付けれた。あーよかった。

それであとは出来たF-BOOT本体をニスが乾いた土台に乗っければ完成。

そいで撮影をしまして、けっこう高評価のデジラマを制作して画像も容易完了!

よしfgに上げてミニスケコン間に合った〜〜…と思いきや

「締切間違えた!」

すいません。もうしわけない。特にミニスケコン主催のreeさんに。
日曜の夜閉め切りだと思ってましたが、なんと土曜の夜…
でもめっちゃ疲れていたし、とりあえず完成しただけで満足。

で、fgの反応はまぁまぁ普通といったところでしょうか。無突マスターや、原型制作者の帽子屋さんにもコメント貰ったし。”デジラマ賞で投票したかった”のタグまで頂いて感謝感激ですね。

なので自分的に納得いくもんがそれなりに出来たし、ガレキ1号にはちょうどいい難度でF-BOOTを選んでよかったなと思います。reeさん始めみなさんに感謝。

そいで締切に間に合わなかった悲しい自分は更に風邪もこじらせ、ミニスケコンの結果発表&打ち上げチャットは断念。
とりあえず結果を

 1位 おおつののだんな(とまさん)
 
 2位 繰り返される日常(ダンディさん)
 
 3位 Grave(hougokuさん)

 特撮賞 小さい巨大機械生命体プルート(はるとさん)
 
 会場賞 1/144フリーゲ(marchantさん)

とこんな感じ。
とりあえず自分が投票したものがそのままランクインしていたんでそれはうれしかったですね〜。

はぁ
なんか長くなりましたが、こんな感じでF-BOOTの制作記を終わります。
自分が参加できそうなコンペが特に無いんで、次は何を制作しようかな…先日ツイッターで「宇宙船とか衛星モノ」作りたいって盛り上がったんで、その辺作ろかなとか画策してますけどね〜

なんかMa.k.とはまったく関係ないやつも作りたいなぁ。

ちなみにF-BOOTの完成ギャラリーはこちら
http://www.revolve-gear.com/contents/model.html
fgの会員の方はfgにも展示してるんでこちらもどうぞ
http://www.fg-site.net/products/62813

ページトップに戻る↑

関連記事:

One Response to “Ma.k 1/76 F-Boot 制作記 その4”

  1. […] 2010 3 11 Ma.k 1/76 F-Boot 制作記 その1 2010 4 21 Ma.k 1/76 F-Boot 制作記 その2 2010 4 25 Ma.k 1/76 F-Boot 制作記 その3 2010 4 30 Ma.k 1/76 F-Boot 制作記 その4 […]

コメントお願いいたします(承認制ですぐには表示されません)

Copyright© 2010 Revolve Gear, All Rights Reserved.
preload preload preload