9月 23

第2回のテーマ

「い」

でいきなり
かなり重要な話になります。

ダウンタウンが生まれる瞬間
分かれ道の話でね。

「い」なので”イトウ”の話を
し始めます。

イトウはダウンタウンを語る上で
絶対に欠かせない人物らしいのです。

“イトウ”という人は松ちゃんが小学生から
ずっと漫才の相方をしてた人

つまり最初は松ちゃんとイトウの
二人がコンビで漫才してたわけです。

その後中学に入って浜ちゃんと
仲良くなって
いわゆる三角関係のように
なっていたらしい。

誰も言わないけど自然と
松ちゃんを取り合うような..

まぁ日々三人で仲良く遊んでたらしいんですが
ある日ささいな事で浜田とイトウが喧嘩をした。

それで喧嘩が終わって
浜田は家のあるあっち側
イトウも家のあるこっち側
と反対ずつに歩き出した。

そしたら松本はどっちに行くか
選択を迫られた形になった。

ダウンタウンが生まれるか
生まれないかの瞬間だった。

その時浜田が
「松っつん 行こうや」

と言った。

松本は迷ったが
なにかに引っ張られるように
浜田の方にいったという。

その瞬間ダウンタウンは生まれた。
結果的に本当に結成されるのは
もっとあとになるのですが

たしかにこの瞬間
松本が浜田の方に行かなければ
ダウンタウンはおそらく
生まれていなかったかも
と語っておりました。

もしイトウだったらまず
吉本の入らなかったかもしれない

もしくは入っても成功しなかったかも
と語っておりました。

松ちゃん自身なぜあの時
浜ちゃんの方に行ったか
よくわからないという。

でも運命だったのかもしれなかったと
言ってました。

その後高校卒業したあと
浜田は競艇の試験に落ち

浜田が松本に
吉本に誘ったわけです。

そこで正式に”ダウンタウン”が生まれた。
しかもその年に
吉本がNSC(漫才養成学校)をの一期生を
募集してたのも偶然の一致で
この募集が無ければ
ダウンタウンは生まれていなかったかもという。

そんな偶然が折り重なって
日本一の漫才コンビが生まれた。

すごいストーリーですよね。

なんか神様が
そう導いていたような気までしてきます。

いやーやっぱ
放送室はいいね。

続く


↓ランキング参加中

にほんブログ村 その他日記ブログ うんちく・小ネタへ
押して頂くとありがたいす

関連記事:

コメントお願いいたします(承認制ですぐには表示されません)

Copyright© 2010 Revolve Gear, All Rights Reserved.
preload preload preload