10月 01

ある意味で先週の続き。

先週のナダル24時間インタビューが酷かったから罰ゲーム…というテイの企画。

企画概要

ある意味でタイトル通りなんですが、コロチキナダルさんとヘイポーさんが二人旅する企画。シンプルっちゃシンプルですね。クズ人間が二人で旅するわけですから、もう終始クズ的な会話ですよね。それとヘイポーさんの定番の怖がりのくだりもあります。ヘイポーさんの怖がり系企画は非常に久しぶりですね。昔は一時期やりすぎなぐらいやってましたね。形式的には笑ってはいけないで田中さんと二人でした回と、ライセンス藤原さんが罰ゲーム(シュウマイ地獄の)でヘイポーさんと二人でした形式とほぼ同じ感じで、山奥でキャンプしながらヘイポーさんとなにかしらの司令を遂行するタイプの企画ですね。ソロや小籔さんや女芸人と一緒にした企画とは違います。

感想

ホント先週の記事にも少し書きましたが、ヘイポーさんは病気した後番組に復帰したのは良いですけどすんごい痩せてて本当に大丈夫?って心配になるぐらいでしたが、それから数年経ち、体型もほぼ以前ぐらいに戻り、今回の企画に至ったということはたぶん体も完調したんでしょう。それで久しぶりのこの典型的なヘイポーさんの怖がり企画。ガキファンとしてはまず今回の企画が実現した事自体が嬉しい限りですね。

内容についてもヘイポーさんらしさバリバリでしたね。やっぱヘイポーさんのどうでもいいことでこの世の終わりかってぐらい驚き、騒ぎ、叫びまわるのはそのままで全盛期?という表現が正しいか不明ですが、ずっと見てきたヘイポーさんのまんまでした。

若い視聴者はヘイポーさんの怖がり企画自体を見るのが初めてだとは思うんですけど、流石というかすごいですよね?

でもナダルさんが居てよかったと思います。ヘイポーさんソロ企画だと今回もずっとあったようなスタッフへの罵詈雑言がずっと続くのを多少は軽減出来ていたと思いますし。

でも二人の会話もクズ同士で結構成り立ってた感ありました。もちろんその会話内容はオンエアの9割クズな内容でしたけど。これまでの田中さん、藤原さんよりもある意味で相性はバッチリかもしれないですね。30分二人のクズ人間っぷりを堪能できる回でした。

私は今回の白眉は蛾にパニックになるヘイポーさんですね。めちゃくちゃおもしろかったです。ヘイポーさんの面白い部分が存分に出てたと思います。

それよりもオンエア見てまた波が立ちそうな発言(主に先輩の悪口関連)もナダルさんしてましたけど、大丈夫なんですかね。んでああいう人って「他の人も言ってます」みたいな事言うんですよね。その辺も含めてクズなんですよね。色んな意味で。

まとめ

最後の謎の二人の入浴カオスシーンも上手くオチになってたと思いますし。浜田さんもめちゃくちゃ喜んでましたが、多分浜田さん寄りの性格の方にはめちゃくちゃおもしろかった企画になったのではないでしょうか。

今回良かったのは尺的にしょうがなかったのか理由まではわかりませんが、1週で纏めてたのも良いと思います。クズ人間を2週見てクズ人間二人企画1週で3週なんで、今回2週またぎにしたら約1ヶ月分クズ人間企画になるところですもんね。それは流石にバランス的にアレだと思いますし、そういう意味でも1週で纏めて良かったと思います。

最後浜ちゃんが第二弾もしようと進言していたのでたぶん、第二弾もあるでしょうね。私も見てみたいような…でも今回と全く同じ内容だと二番煎じになるかな?って感じで少し内容はブラッシュアップした企画で第二弾を見てみたいとは思いますが。

過去にやった真夜中の大運動会を二人でするとか。深夜の廃校でなんかするとか。絶叫マシン系はヘイポーさんがNG出すと思うんで多分無理でしょうし。うーん…

ま、とにかく第二弾があることは多分間違いないですね。

で、次回は七変化の亜種?的な企画っぽいですね。内容的には天井裏から1变化とかヘイポーさんのホラー七変化のような七変化の亜種企画で7人時短で七変化?と書いてあったんで、ナイツ土屋さんや(なんか最近ごぶごぶに浜ちゃんが!とかよく出ますね)、野爆のロッシーとか居たっぽいんで、ゲストとか含めて1人イチ变化を短くポンポンするような企画なのかな?と思います。

楽しみですね。普段の七変化とはまた違う雰囲気で楽しめるんじゃないでしょうか。七変化企画はすごいストレートなお笑いど直球企画なので、そういう意味でも楽しみ。

ではまた次回~

以上。

ガキの使い記事一覧はこちら
http://www.revolve-gear.com/blog/archives/196
ガキの使いの名セリフ・名言・迷言をつぶやき続けるツイッターbotはこちら>http://twitter.com/GAKIbot

ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!! (祝)ダウンタウン生誕50年記念DVD 永久保存版 (19)(罰)絶対に笑ってはいけない熱血教師24時 【初回限定版DVD BOX (本編ディスク4枚組+特典ディスク1枚/デジパック仕様)】ダウンタウンのガキの使いやあらへんで !! 2 松本一人ぼっちの廃旅館1泊2日の旅 ! [DVD]ダウンタウンのガキの使いやあらへんで !! 1 浜田チーム体育館で24時間鬼ごっこ ! [DVD]ダウンタウンのガキの使いやあらへんで !! 3 罰 + 松本チーム絶対笑ってはいけない温泉旅館の旅 ! 名作 & 傑作トーク集 [DVD]ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!! (祝)ダウンタウン結成30周年記念DVD 永久保存版 (18)(罰)絶対に笑ってはいけない空港(エアポート)24時  初回限定版(本編ディスク4枚組+特典ディスク1枚)

関連記事:

9月 24

もうOPのナレーションではっきりと「クズ芸人」って言ってましたもんね。実は先週の記事でも私もクズクズと書いてましたが、正直ナダルさんの熱狂的なファンとかが見たら怒るかなぁと少しだけ思いましたが、公式というか番組がはっきりと「クズ芸人」といえば、特に問題ないと言うか共通認識ととって問題ないですね。正直クズとしかいいようがないですし。

というわけで先週の続きです。

後半感想

後半始まってパスタ食べるシーンの食べるのが汚いのもヘイポーさんと全く同じなんですよね。ヘイポーさんもくちゃくちゃベチャベチャくちゃくちゃ食べる人なんで。やっぱりクズ同士というかクズの共通項目なんですかね。それ意外も色んな部分で共通してる部分が多いんですよね。もちろん違う部分もたくさんあるんですけど。正直最後にヘイポーさんのくだりあって、しかも次回が速攻でコラボ企画とはビックリしましたが。仕事が早い。

うん。そういう意味ではガキの使いと相性はいいのかもしれないですね。

終始インタビュアーの方もこれまで(過去3人)と違って刺々しい感じしましたもんね。それも別にインタビュアーが意味もなくそういう感じになってるんじゃなくて、ナダルさんがそうさせるんですよね。

こういう人間って人を苛つかせるんで、その相手もどうしたって対応が刺々しくなるじゃないですか。んでそれを自分のせいと思わないで、相手がそういう態度ばっかり取ってくるんだ!って言ってきたりするんですよね。自分の対応のせいと気づかないというか。前提そんなの気づく人はもともとあんなクズな人間性にならないですけど。

クズはクズでもあくまで個人的な私の主観ですけど、ドランクドラゴンの鈴木さんとかはよくクズ芸人の枠に入れられたりしますけど、私はクズというよりは単純に正直過ぎなだけ、少しの痛い部分があるだけだと思うんですよね。全然いい人だし。正直ナダルとは全く違う。

まー別にナダルさんの人間性は言っててもしょうがないんで内容の話に戻しますと、

クサしてばかりでもアレですし、ギャグの質問のくだりとか少し面白かったですし、色々なクズ感、垣間見える異常性、眠けに耐えてる姿等は面白い部分もあったと思います。

実際24時間は辛いとは思います。本人はもちろんの事、スタッフも辛そうでしたし。

まとめと次回企画

というわけでがこういう人間って要はある意味で天然のボケ要因(所謂一般的に言う”天然ボケ”とは違う)なので、それに対して見てるほうが思わず突っ込まざるを得ないわけで、それがボケとツッコミの形式になってるんですよね。それで画面上が笑いとして成立しちゃってるんですよね。不思議と。

ただこういうのはヘイポーさん企画もそうですが、賛否両論というかハマる人は大好きでハマるし、ハマらないと超嫌い、不快でしかないとなる場合も多いんですよね。

実際私このブログ8年ぐらい毎週ガキの感想欠かさず書いてますが、一番批判コメントが来たのがヘイポーさんの「田舎に泊まろう!」だったんですよね。なので一部の人はもう生理的に無理レベルで毛嫌いする人もいる企画でしょうね。そのバランスがヘイポーさん企画でも凄い好評もあればものすごい不評もあるんである意味で博打感の傾向もある企画(というかクズ人間系企画が)だと思います。実際私も「ヘイポーの田舎に泊まろう!」は二度と見なくて良い企画だなぁと思いますし。

でも反面ヘイポーさん企画でも大好きな企画もたくさんあります、「真夜中の大運動会」とか「夏限定ホラー七変化」とか。なので使い方次第というか企画次第で神企画にもクソ企画にもなり得る可能性があるでしょうね。

というわけで前述もしましたが、次回はそのヘイポーさんとナダルが一緒にふたり旅して色々する企画のようです。

正直2~3週後ぐらいの方が個人的には良かった気はしますが、熱い内に打っとくのもいいのかもしれないですし。

あと、ヘイポーさんは病気して以来、復活したのは復活して嬉しいですが、怖がり系企画はドクターストップでNGになった…という噂があったんですが、次週怖がり系のくだりもあるみたいで楽しみですし安心したというかなんというか。ヘイポーさんが帰ってきたなぁ~という感じ。

ヘイポーさんの怖がり系企画はいつ振りですかね。かなり久しぶりなのは間違いないですね。キャンプ企画?宇宙人企画?以来かな?というかヘイポーさん主役企画自体すごく久しぶりですが。嫁探しツアー企画以来?かな。この企画にも多少怖がり要素あったかな?どうだったかな。とにかく数年ぶりですね。

ただ個人的な主観のクズ人間度数でいうとヘイポーさんの方が圧倒的にクズ人間度数は上だとは思います。ナダルさんも超クズですが、ヘイポーさんはさらにその斜め上を行ってると思います。過去のガキの使いを昔から見てる人は多分同意見なんじゃないかな?とは思いますが。つっても目くそ鼻くそでしかないとは思いますが。

でもだからこそ、そのクズ人間同士で企画をすることに寄ってどんな化学反応が起こるか…

鬼が出るか蛇が出るか…。

いい企画になることを期待しています。

ではまた次回~

以上。

ガキの使い記事一覧はこちら
http://www.revolve-gear.com/blog/archives/196
ガキの使いの名セリフ・名言・迷言をつぶやき続けるツイッターbotはこちら>http://twitter.com/GAKIbot

ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!! (祝)ダウンタウン生誕50年記念DVD 永久保存版 (19)(罰)絶対に笑ってはいけない熱血教師24時 【初回限定版DVD BOX (本編ディスク4枚組+特典ディスク1枚/デジパック仕様)】ダウンタウンのガキの使いやあらへんで !! 2 松本一人ぼっちの廃旅館1泊2日の旅 ! [DVD]ダウンタウンのガキの使いやあらへんで !! 1 浜田チーム体育館で24時間鬼ごっこ ! [DVD]ダウンタウンのガキの使いやあらへんで !! 3 罰 + 松本チーム絶対笑ってはいけない温泉旅館の旅 ! 名作 & 傑作トーク集 [DVD]ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!! (祝)ダウンタウン結成30周年記念DVD 永久保存版 (18)(罰)絶対に笑ってはいけない空港(エアポート)24時  初回限定版(本編ディスク4枚組+特典ディスク1枚)

関連記事:

9月 17

OPトークでもありましたが、過去3人やってきた企画です。

3/16 ガキの使い「月亭方正24時間ロングインタビュー 前編」感想
3/23 ガキの使い「月亭方正24時間ロングインタビュー 後編&着ぐるみトーク」
1/11 ガキの使い「ドランクドラゴン鈴木24時間ロングインタビュー 前編」
1/18 ガキの使い「ドランクドラゴン鈴木24時間ロングインタビュー 完結編」
2/14 ガキの使い「ジミー大西24時間ロングインタビュー 前編」
2/21 ガキの使い「ジミー大西24時間ロングインタビュー 完結編」

過去3回全て前後編で今回も前後編です。

そして今回のゲストはコロコロチキンペッパーズのナダルさんです。

企画概要

100のコトにも少し通ずる企画で、シンプルにゲスト(最初は山ちゃんでしたが)に24時間インタビューをし続けて、そのゲストはずっとのそのインタビューに答え続けるという忍耐的要素の入った企画。特に後半12時間超えれば眠けの方が来るわけですから、その辺の眠け耐えしのぎの雰囲気も見どころの一つになっている企画です。で、そのインタビューをV出しでガキメンバーが見ながら色々コメントしたり…みたいな感じですね。100のコト企画と違うのはVを見てる間も本人もいっしょに見るという事ですかね。

前編感想

ナダルさん…先週の記事でも軽く触れましたが、この方はね…。なんというか最近は人格の方がピックアップされる事が多いのでね。最初コロチキさんが売れる大きなきっかけになったのははもちろんキングオブコントで優勝したのがきっかけなんだけどね(実はその前にガキの使いの山1グランプリにも登場済みでした)。その後もチラチラ「ナダルは先輩にも上から目線で失礼」とかなんとか色々言われていましたが、最近のその「人格異常者」的なイメージを確定的にしたのは特にアメトーークの「ナダルアンビリバボー」の企画がきっかけだと思うんです多分。そこでナダル=人格異常者というのが世間にも認知されて、それがきっかけでそこをピックアップされたような企画で最近は見かけることも多くなり、今回の企画もそういう部分を引き出すための企画といっても過言ではないでしょうね。

OPトークで「水曜日のダウンタウンの~」というトークがありましたが、問題になった多分スーパーフライ数珠つなぎ企画の事なんだと思います。

で、ナダルのクズ人間的なパーソナリティってある意味で芸人としてはプラスにもなるとは思うんです。ヘイポーさんを想起させるキャラだと思うんですよ。クズのベクトルはまた違う方向なんですけどね。なので裁判企画にも相性が良いと思うんですよね。でも正直裁判企画にしたらそれこそ「ナダルアンビリバボー」と企画がカブるかな…?

芸人の嫌われキャラでも色々なベクトルというか種類があるとは思うんですけどね。ウーマンラッシュアワーの村本さんとか、品川庄司の品川さんとか、ドランクドラゴンの鈴木拓さんとか。フルポン村上さんとか。

でもこういうパーソナリティだとスタッフ受けが良くないでしょうね。結局TVって、視聴者に人気とか視聴率が取れるとかももちろんTVで採用される要因ではあるけど、ソレ以上にやっぱりスタッフ・制作側に好かれるかどうかが重要だって言いますし。

エガちゃん、出川さん、アンガ田中さん。ロッチ中岡さんとかは抱かれたくない男ランキング上位の一見嫌われキャラだけど、実際の性格は良い人ですし、そういう人たちとは全く違いますよね。

でもまぁヘイポーさんもそうですが「他に類を見ない」というキャラ性はある意味で見てる分には面白いのも事実なんでね。

で、今回はまだ前半ですけど、前半だけでもその「クズっぷり」「人格異常者」「虚言癖」な部分はふんだんに出てましたね。

いきなり遅刻してきて軽く逆ギレしてそこまで謝る素振りもないとか、スタッフに対しての偉そうな感じとか、くりぃむ上田さんをあからさまにディスったり、それを編集してると嘘ついたり、チョイチョイ出てくる逆ギレ感とかね。

途中でイジメにあっていた事のくだりがありましたが、まーあんなクズな人間がクラスに居たら嫌わせるのは必然だし、イジメにあうのも頷けますよね。イジメにも色々原因があったり理不尽なモノもありますけど、ナダルさんに限ってはもう原因はナダルさんの性格としかいいようがないですよね。嫌だったろうな当時のクラスメイト。でもこの百人一首のエピソードトークが前半一番のハイライトだったかもしれませんね。

でもまぁ今回の企画意図というか、面白い点はそういう如何にナダルはクズか?という部分や人格異常者的発言を引き出してそれを鑑賞する企画なんでね。ある意味で企画意図という意味ではちゃんとしっかりそういう部分が引き出せていたと思います。

そういう発言に対して浜ちゃんがツッコんだり松ちゃんがコメントしたりっていう部分も面白かったですね。

次回

今回はまだ前半で眠けもまだ来てないのである意味で本番はこれから。後半もどういうクズ発言があるかある意味で楽しみですし、眠けに耐える姿も期待。

まだ前半なのでまとめ的な感想も次回に。

ではまた来週~

以上。

ガキの使い記事一覧はこちら
http://www.revolve-gear.com/blog/archives/196
ガキの使いの名セリフ・名言・迷言をつぶやき続けるツイッターbotはこちら>http://twitter.com/GAKIbot

ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!! (祝)ダウンタウン生誕50年記念DVD 永久保存版 (19)(罰)絶対に笑ってはいけない熱血教師24時 【初回限定版DVD BOX (本編ディスク4枚組+特典ディスク1枚/デジパック仕様)】ダウンタウンのガキの使いやあらへんで !! 2 松本一人ぼっちの廃旅館1泊2日の旅 ! [DVD]ダウンタウンのガキの使いやあらへんで !! 1 浜田チーム体育館で24時間鬼ごっこ ! [DVD]ダウンタウンのガキの使いやあらへんで !! 3 罰 + 松本チーム絶対笑ってはいけない温泉旅館の旅 ! 名作 & 傑作トーク集 [DVD]ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!! (祝)ダウンタウン結成30周年記念DVD 永久保存版 (18)(罰)絶対に笑ってはいけない空港(エアポート)24時  初回限定版(本編ディスク4枚組+特典ディスク1枚)

関連記事:

Copyright© 2010 Revolve Gear, All Rights Reserved.
preload preload preload