8月 31

たまには難しく真面目な記事を書いてみる事にする。

死後の世界がもしあるとして、
よく語られる話として
まず人間が死ぬと魂が三途の河原にいって向こう(あの世)にいく。

すると天国か地獄に行って過ごした後
輪廻の概念でいけばまたその魂は現世で生まれ変わるというものだ。

この前「もののけ姫が生まれるまで」を見返してたら
宮崎駿さんがこの死後の世界について語ってるシーンがあり、
自分の存在が消えるのは
魂が三途の川を渡って自我がなくなれば魂とは無関係に個がなくなる
つまり魂が残って何度も輪廻しようがしまいが、自我、”個”がなくなれば
その時点でその人の存在は無になったのと同じだと言っていた(自分なりに解釈していますが)

人それぞれ死生観はあるとは思いますが私も輪廻というものは、
もしあると仮定しても”個”が継承されないのであればそれはなんの意味もなさないであろうと思う。

そのうちこの”輪廻”がテーマの漫画
「火の鳥」
についても考察を書いてみようと思うが
また今度。

みなさんはどうだろうか?

そこで少し話が変わるが「テセウスの船」をご存知だろうか?
パラドックスの一種である。
物体(オブジェクト)の全ての構成要素(部品)が置き換えられたとき、基本的に同じであると言えるのか、という問題

例えば、

「あるAという船がある。その船は長い年月のうちに部品がすべて置き換わった。そうしたらそのAという船は、Aといえるのか?」

という事。
身近な例ではモー娘。みたいな事
(初期メンバーが一人もいないのにそれをモー娘。と呼ぶ)

これも人によってまちまちな回答になりそうだが

私は”別のモノ”
であると思う。

なんでこんな話を持ち出したかというと上記の死後の魂と”個”の概念に通ずるものがあるなぁと感じたからだ。

体と自我がなくなれば、魂が同じで他の体で生まれ変わっても同じといえるかどうかという点で

自分としてはそれはもはや別の物であり
輪廻は輪廻であっても本当の意味での輪廻ではない。
と思っている。

だからスピリチュアルとかで
「貴方の前世は~です」
的な事を言ってるがそれはもはや違うものであるから前世を知った所で
他人を紹介されたのと同じだと思う。

うーん
なんか哲学的になってしまったか?

でもなんとなくどうでもいいことかも知れないけど
“死”というテーマは人間なら誰しも関係のあることなので
意外に重要な事だと思う。

あなたの死生観はどんなですか?

以上


↓ランキング参加中

にほんブログ村 その他日記ブログ つれづれへ
押して頂くとありがたいす

関連記事:

8月 30

タイトルはかの井上陽水先生の「傘がない」のもじりですが

それはいいとして民主が圧倒的です。
どこの区も”民主”というだけで勝っております。
なにか極端だなぁとおもいます。

でも一度政権交代しておくのもいいのかもしれません。
たぶんみんな”変化”を期待しているのでしょう。

今のままではダメだ、と。

24時間テレビもイモトは時間内にゴールできず、悔しかったでしょう。
でもフルマラソン3本分は完走するだけでもすごすぎです。
頑張りました。
おつかれさま。

しかし
しかしだ
自分の一番の問題は
今週ガキの使いがない事。

先週、来週はどんな内容かなって
書きましたけど

“無い”って…

一週間の一番楽しみの番組が無いのはつらいなぁ。

たぶん同じ事を思ってる人いっぱいいると思います。

今日は良くない日だった。
ある理由でやりたいことが全然できなかった。
熱帯魚の水換えとか
部屋の掃除とか

なんにもできなかった。

ガキも無い。

ツクツクボーシ鳴いてたし
夏ももう終わりだし

ふんだり蹴ったりですわ。

はぁ

こんな日もあるさ。

また明日を頑張ろう。
明日はいいことあるかもしれない。

以上


↓ランキング参加中

にほんブログ村 その他日記ブログへ
押して頂くとありがたいす

関連記事:

8月 30

先週ぐらいの記事で山形の飯豊の
「めざみの里」という道の駅で食べた
山形名物”芋煮”をご紹介し、すごくおいしく
感動したというような記事を上げましたが、

あの味が忘れられない。

あれは美味かった。
非常に美味かった。

それで自分で作る事にした。

自分は全くといっていいほど料理などしないのだが
最近もしものために思い立ったときにすこしづつ
するようにしている。(余談でした)

まず調べる。
よしOKわかった。

材料はつぎの通り

山形名物 芋煮(4~5人分)

具材↓
冷凍の里芋 600g(生でもいいが私のレシピでは冷凍を使用します)
牛肉薄切り400g
こんにゃく1袋(あくぬきされてるものが便利)
ネギ2本
ニンジン1本(本場は入れないらしいが色みを考え投入)
ごぼう1本

調味料↓
醤油100~130cc(お好みで)
砂糖スプーン2杯
酒100cc
みりん100cc
ダシのもとスプーン1杯
(調味料はそれぞれ目安ですのでお好みで調整してください)

1、ごぼうはささがきにして水にさらす(最初の濁りは捨てて一回みずを取り替えて約10分放置)
2、具材を切る、ニンジン、こんにゃく、ネギを切る、里芋は冷凍なのでレンジで3分ほどチンしてから半分ぐらいに切る。
3、鍋で油をしいて牛肉を軽く炒める、このときかるく砂糖と醤油、酒で下味をつけておく。色が変わったら取り出しておく
4、その鍋に切ったこんにゃく、ニンジン、ごぼう、里芋を投入し、ダシを入れて水が全体がかぶるくらいいれて煮る。
5、芋にハシをさして柔らかくなったのを確認したら牛肉をいれて、のこりの調味料を投入。
6、ネギをいれて一煮立ち
7、完成。

冷凍里芋、あくぬきこんにゃくで灰汁を取り除く手間が省けて男の料理には便利。

DSC00047.JPG
すいません。携帯のカメラで撮ったのであまりおいしそうではありませんが、すごいおいしかったです。本場はもうすこし甘いのですが、その辺はお好みで。

みなさんもどうですか?
芋煮。
とても美味です。

以上。


↓ランキング参加中

にほんブログ村 その他趣味ブログへ
押して頂くとありがたいす

関連記事:

Copyright© 2010 Revolve Gear, All Rights Reserved.
preload preload preload