8月 25

目覚ましテレビはもう小学校の頃からずっと見てる
好きな朝の番組なのだが

いつも引っかかる所がある

目覚ましテレビでは毎日星座占いのカウントダウンがあるのだが
見てて自分が最下位だと少し嫌な気分になったりするのだが、
まぁそれは良いとして、
その最下位の星座が紹介された後
「でも大丈夫でーす」
とかなんとか言いながら
ラッキーアイテム的なものが提示されるのだが

それが「冬瓜のスープ」とか
「ニシンのパイ包み」とか

絶対に食いにくい食べ物なのだ。(俺だけじゃないよな?)

そんな人生において一度も食べた時ないような料理がラッキー?
むしろ食べようとすると無駄なお金と余力と時間を使って不幸になりそうと思うのは自分だけか?
それとも余りある幸運が訪れるのか?

どうにも引っかかるんだよなぁ

別に信じてるわけじゃないからどうってこともないんだけど…

なんか引っかかる

しかもこのカウントダウンのバックで流れている曲の歌詞が

「ハロー、ハロー」
って言ってるよな?

目覚ましテレビでハロー?
いうならグッドモーニングでは?

なんか引っかかる

以上


↓ランキング参加中

にほんブログ村 その他日記ブログ つれづれへ
押して頂くとありがたいす

関連記事:

8月 25

クレーテの制作がプラモ、マシーネンの初めての体験もしくは入門だったわけです。

そして2体目についに手をつけます。

再販された
シュトラール軍 宇宙用装甲戦闘服 K型

「カウツ」

です!
まずマシーネンクリーガーという存在は入手にからして大人用を強く感じさせるシロモノで。入手困難。

だけども日東の意志を受け継ぎウェーブが再販してくれて
私のような素人でも入手できるようにしてくれました!
ありがとうウェーブさん!
ありがとう横山先生!

それで事前に予約していたのが7月末に
届きましたカウツ!

なんだろう
箱がすでにかっこいい。
センスを感じます。
渋い。

中身を開けると…


おぉ!
クレーテに比べるとパーツは少ないし
細かいパーツも少ない!
金属パーツもないし..

こっちで入門すればよかった。

まぁいいや。
フリーゲとカウツが再販されたわけですが、カウツを購入したのは理由があって、まず
1、デザインがフリーゲより好み
2、顔が直接見えない雰囲気が好み
3、指揮官用というのが好み
という感じでチョイス。



今回も色はこだわるぞ!
だって改造やらなんやらはできないのだから
そのままの素材の状態でできるだけカッコいいもの作りたい。

塗装例を見るとなになに…

「指揮官用でもある本機は敵に対し目立たない塗装が必須」

ところが次の文は

「迷彩バリエーションが多く、味方から司令機だと認識されやすい塗装が施されている」

ん?
どういうこと?
目立たないのだけど味方からは認識されやすい…
ちょい矛盾してないか?

これはまた塗装は悩みそうだ。
でもそのことは後々ゆっくり決めることにしよう。

今回初挑戦したいものがある。

1、デカール貼り
2、フィギュア塗り
の2点。

よしがんばるぞ!

実はこの記事を書いてる時点ですこし作り始めています!
また随時、できるだけ細かく記事をUPしていきたいと思いますのでよかったら見に来てください!

fgにももうすこし形になったら”製作中”でUPしたいと思っています。

次の記事から本格的に始める事にします!

続く

モデラーの方でfgを利用していない方は
模型公開SNSの”fg”ぜひおススメですよ。
ちなみに自分のマイページは
http://www.fg-site.net/members/25992
で完成の写真も公開しているので見てもらえたらうれしく思います。

マシーネンクリーガーや造形物の記事一覧はコチラから

ページトップに戻る↑

関連記事:

8月 24

今日日本文理の熱い夏が終わった。

誰がこんなドラマを予想しただろうか

誰がこんな感動を予測しただろうか

自分は感動した。
今は文理の選手達に力いっぱいの拍手を送りたい。

泪が溢れた。
トメドナく溢れた。
こんなにもスポーツで感動したときはいままでなかった。

結果をお伝えします。
スコア2.jpg
文理9点
中京大中京10点という結果。

本当に今でも信じられない。
新潟がこんなにも輝いたことに。

10-4で迎えた9回、2アウト。
そこから新潟の怒濤の猛追が始まる。

打つ!
また打つ!
繋ぐ!
繋ぐ!

9回2アウトなのに1ミリたりとも諦めない!
むしろ燃え盛る闘志となり、神がかり的なバッティングをつづける。

そんな様がとても自分の心を打った。
こいつらあきらめる気などさらさらねぇぞ、と。

しかし最後は中京大中京に逃げられた。

あと一歩だった。
あと一歩だった。

選手達はさぞ悔しかったろうに。

でも君たちは多いに輝いた!
キラキラと、

その戦う様は自分達に大きな勇気と多大な感動を与えた。

ありがとう
そしておつかれさま。

本当に本音でいうけど
君たちが一番輝いていた
どんなチームより。

それは多分

新潟から甲子園の決勝の地を最初に踏んで
ここまでの名勝負を繰り広げたのだから。

優勝の2文字は次の甲子園でもぎ取ればいい。

もう「新潟は弱い」なんて誰にも言わせない。

その堂々たる勇姿
その諦めない心

しかと目に焼き付けたぞ

俺は一生この事を忘れないと思う。

感動をありがとう

君たちの凱旋を新潟でまってるぞ
大きな拍手で迎えるからな。

それほどの事を成し遂げたのだから
胸を張って新潟に帰ってきてくれ。

2009 8 24

以上

関連記事:

Copyright© 2010 Revolve Gear, All Rights Reserved.
preload preload preload