8月 19

前回の所までで全体を塗ったが統一感にイマイチ欠ける

なので塗料をエナメルに変えて全体をウォッシング
というか正確には只薄く塗ったに過ぎないんですけど

やってみて…
うん いい感じ。
統一感が出てきた。

機関部や細かいパーツも着ける。
よし完成か?

…いやまてよ
ここまでやったらジオラマベースも作ってみるか

また調べる

なるほど地面は粘土で作れるのか

100均で木粉粘土を買う

これまた100均で買った木製の写真立てにニスを塗り土台に
その上に粘土を盛る。

おぉ!地面のようだ。
乾かない内に模型店で買った草を植える。

いいじゃん。なんかジオラマっぽい。

このジオラマに合わせてクレーテの下半身を中心にウェザリングをほどこす。

良しいいじゃん。

出来たジオラマに乗せてみる

良いじゃん!

ついに、ついに

完成だ!

ついに記念すべきMa.k.のプラモ第1号クレーテ完成!
制作期間約一ヶ月。
長かった。

でも達成感がある。
ホントに作り始めは不安だらけだったけど
自分的には理想、想像にけっこう近いものが出来た(と思う)

この作品を誰かに見せたりしたいなぁと思う。

だけどMa.k.どころか模型とかのこと分かってる人は周りには一人もいない。

そこでネットに公開するということを思いつく。

前回にこの記事で最後だと思うと書いたけど
次の記事で最後になります。
次は写真撮影から公開までを書きます。

…続く。

マシーネンクリーガーや造形物の記事一覧はコチラから

ページトップに戻る↑

関連記事:

8月 19

デザインに関係する話題がまったくなかったので書いてみる。
私はパソコンは主にマッキントッシュを使って作業しています。

大学に入る時にはデザインの大学に入るっていうのにMacも知らずに

とりあえずデザインをするならMac使っとけ的なウワサというか指示というかがあって

「よくわからないけどMacっての買っとこう」

ってことで大学斡旋販売のノートの
ibook G4を購入

これが約4年前以上

世の中にはOSというものがあり
パソコンは主にWindowsとMacの2種類があるということさえ知らずに

インターネットもまともに見てなかった大学入学ぐらいの頃は
無知の賜物だった。

なにも知らなかった。

IT革命はすごい。

情報は何者より勝る。

話が逸れたがそういった経緯でMacを使い始めたが
Macを購入して今にして思えば正解だったな。

使い心地やスムーズな性能、スタイリッシュなデザイン性、ウィルスに怯える必要も無いし、なにをとってもMacが上だ(と思ってる)

ではWinはどうか?

私はWinの最大の使用利点は”対応”が一番な気がする。

例えばPCソフト。
Win対応のものばかり。
Winしか使用していない人はそんなの気にしたことないでしょう。
でもPCの便利なアプリの大部分がWinのみの対応のことが多い。

フリーソフトもMacなら有料のソフトしかなかったりする内容のアプリがタダ!
しかも何種類もあって自分の環境や好みに合わせてチョイスできるぐらい豊富。

例えば自分は音楽を制作する時はWinで作業する。
それはなぜか?

自分が使用している”シンガーソングライター”というDawソフト(音楽制作する総合ソフト)はWinしか対応しておらず、プラグインもVSTという形式はWinのみだ。

だから音楽を制作する時はわざわざWinを立ち上げて作業しなければならない。
別にそんなに億劫ではないのだがMacも対応ならすべてが万事解決するのに…

だから一番良いのはどっちも最低限使えて、どっちも所持しているのがベストだと思う。

Web制作の時もどっちのOSでも確認しなければだし

…しかし時代が変わり革命とも言うべきことが起こった。

Macのintel化だ。

これは革命だと思う。

…あれ?あんまりデザインに関係ない話題かこれ?まぁいいや

この”Macのintel化”ついてはまた今度続きを書きたいと思います。

続く

関連記事:

8月 19

今ブログし始めて気張ってせかせかと更新していますが

これが3ヶ月、半年、1年と過ぎて行ったらこのペースは続いてはいないだろう。

大体自分は熱しやすく冷めやすい。

Ma.k.だって今マイブームだけど

後で見返したら

“俺なんでこの時こんなにこれにイカれてたんだろう”って

思うんだろうなぁ

人間は日々変わるもの

それが進化か退化はわからないが

でも知識を得れば得る程

自分の中の理由や

自分の理論が

説得力が増す…

はず。

そんな気がする。

これが大人になるということなのかなぁ

でも未だに

いつ俺は大人になったのか

よくわからん

所詮自立できてないんだだから

まだまだガキだろう

でも日々変化しているようで

変わらない部分もある。

そこの根底には

“自分”がいる。

シェイクスピア曰く
「この世は舞台なり、誰もがそこでは一役演じなければならない」

私も演じているのかもしれない。
“自分”を

でもそうしなければ世の中やっていけないと思う。

桜井和寿曰く
「知らぬ間に築いてた”自分らしさ”の檻のなかで、もがいている」

なるほどね
そうかもしれない

でも誰もがそうだ

“あるがまま”ではすみにくい世の中なんだな

いつの世もそうかもしれないが、、

ふと思ったので書き残す

以上

関連記事:

Copyright© 2010 Revolve Gear, All Rights Reserved.
preload preload preload