9月 01

さっき更新したけど、続けて投下。

今日初めて模型雑誌のホビージャパンを買いました。正直マシーネンのページだけください。といいたい内容でしたが、まぁMa.k.のHJ・MGの合同コンペの申し込み用紙がいるってんで買いました。

できたら今作ってるこいつを送れたらいいなぁと思っています。でも完全オリジナルのマシーネン(マシーネンの流用無し)でも大丈夫なのかな?まぁいいや。ダメならキャメルかスネークアイか出そ。

ほいでは本題の制作記ですよ。

今回は2砲づつの4つの計8門のミサイルを取り付けます。塩ビパイプでこさえました。

この時パイプの切断が大変だったので、ダイソーからパイプカッター買って使ったらものすごいいいですね。今度からパイプ系は良い切断面でカットできそうです。

そいで、これがいわゆる”頭部”にあたる部分。戦車の一部分そのまんまなんすけどね。

ランナーで首が360°回りますよ。

まぁまぁ,,,ボディと合わせるとこんな感じ。これだけみると何じゃこら?って感じだけど…

後ろの方にオスカル的なマシーネンこぶを設置。前回作ったキャメルも二つのこぶがありましたね。このまるこさがマシーネンぽさをプラスアルファしてくれるかな?と思ってのこと。心材の上に木パテで。

目玉的な部分は(ちょいジレーネを意識)は木工ボンドでHアイズを。今は白いですがあたりまえですが透明になります。

そして、ひとまず500のサフというか溶きパテで全体を塗って、フォルム確認。

まぁこんな感じ。まぁ…いんじゃないすか?

ちなみに実際の進行具合は組み終わって、ディテールもつけて、サフして、マホガニーまで塗りました。明日からは本格塗装しますよ。ブログも順次更新してきますよ。

続く。

模型完成ギャラリーはこちら>http://model.revolve-gear.com/
マシーネンクリーガーや造形物の記事一覧はコチラ>http://www.revolve-gear.com/blog/archives/198

ページトップに戻る↑

関連記事:

One Response to “オリジナルMa.k.1号 制作記 その3(ボディと頭篇)”

  1. […] その1 2010 8 27オリジナルMa.k.1号 制作記 その2(ホバー部篇) 2010 9 1オリジナルMa.k.1号 制作記 その3(ボディと頭篇) 2010 9 2オリジナルMa.k.1号 制作記 その4 2010 8 24オリジナルMa.k.1号 制作記 […]

コメントお願いいたします(承認制ですぐには表示されません)

Copyright© 2010 Revolve Gear, All Rights Reserved.
preload preload preload