1月 22

Google Lego 50th Anniversary Inspiration
Attribution-ShareAlike License by manfrys

タイトルだけみるとアレですけど、要はいろんなものをグーグルに依存してるなぁとふと思って。

今やグーグルは世界を牛耳る力がある。それほどの力をもってると思う。

ちなみに私がグーグルの力を借りているのは

Web検索
Gmail(メール)
Analytics(アクセス解析)
ウェブマスター ツール(サイト管理)
リーダー(ブログ等のrssでの新着通知)
カレンダー(スケジュール)
Picasa(写真管理)
Chrome(ブラウザ)
ブックマーク

などなど。

スケジュールやメール、カレンダーなんかは最初yahooを使っていましたが、乗り換えました。クロームはサブブラウザで使ってます。

まさにgoogleも「ブランド力」という感じで世界のネット上のサービスの根本、基本となるように設計されているように思う。

その設計はどれもシンプルで分かりやすく、高品質で無料。

そして大きなアドバンテージは「Web上のサービス」というところが大きい。

ネットさえ繋がっていればどんなパソコンでも、出先だろうが、そのサービスを利用できる。ローカルのアプリではどうしたってそれはできない。

私はMacメインでWinも使います。パソコンをいくつも使っているとデータの同期はめんどくさい。OSが違えば尚更。

しかもPCはデータが無くなったり、壊れたりする可能性がある。(ちゃんとデータを毎日バックアップすれば問題ないのかもしれませんが)

そういう場合もgoogleのサービスを使えばどこでも、どのPCでも使える。データが壊れる、無くす心配も無い。

だからもうなんでもかんでもgoogleのサービスを使っています。ある程度連携も可能ですし。

すごいですよね。まぁ私が使ってないサービスもたくさんありますけど。

ブログのお客さんの入り具合もgoogleの意のままですよ。日々順位は変わるわけですから。ちょっとした順位の変動でアクセス数100とか違いますから。そう思うとホントグーグル次第ですよ。このブログなんか。

先日発表しましたが、私のブログのお客様は9割が検索エンジン経由のお客様。

つまりグーグルが「お前はもう検索結果にだしてやんない!」ってそっぽ向いたら、私のブログは訪問者の9割がなくなるわけですから。

まさにグーグルの奴隷。

それほどのパワーを持ってる。グーグルすごい。なんだかんだ言われてもやっぱすごい。

私としてはIT革命の象徴なんですよね。

これからも私はgoogleの奴隷であり続けると思う。

以上。

ページトップに戻る↑

関連記事:

2 Responses to “googleの奴隷”

  1. やな より:

    こんばんは。便利ですよね。ワタシはgoogleドキュメントで共有等も便利でよく使います。

  2. やなさん>

    コメントあざます!googleドキュメントは使った時ないですねー。今度調べてみます!

    ホント今後PC上の色んななんだかんだを殆ど全部グーグルで済む時代になってくると思います。というかもうなりつつありますねw

コメントお願いいたします(承認制ですぐには表示されません)

Copyright© 2010 Revolve Gear, All Rights Reserved.
preload preload preload