5月 01

以前に「自分はイラストが書くのが苦手だ」的な記事を書いたのですが、最近というか今頃なんですけど改めて絵が下手なんだなって思いますね。

時々イラスト的なものの依頼がデザインから回ってくるのですが、もう駄目ですね。まず空想では書けない。というかなにか見ながらでないと基本書けないし、書いても下手だ。デザイナーとして致命的だと思う。自分自身。

小学、中学、高校の頃は自分的には他の人より描けていた気がした。でもそれって所詮”普通の人”と比べてってことなんですよね。

大学に入った時デザインの大学なので入学と同時にデッサンの授業がたくさんありました。それはもうつらかった。そいで1年過ぎた頃気付いたんですよ。

「絵じゃこいつら(周りの人)に勝てねー」
って。

やっぱり美術系の大学(レベル低いですが)に入ってくるのは、それなりに絵に自信を持ってる輩が多かった。

その中で1,2年はかなり絵やデッサン、デザイン画などを書きましたが”それらのみ”の腕は絶対勝てねーなと確信しましたね。

つまり大学に入って初めて、自分の絵の腕前はイマイチと気付いたんですね。好きな人って授業中もひたすら書き続けるしね。黙々と。自分にはそれができなかった。毎日デッサンし続けたらわからないですけど、その時はそんな事できなかった。

それで最終的に自分はこいつらに勝つには

「デジタルしかねーーーー!!!」ってこれまた確信しましたね。

大学入るまではMACなんか触った時無かったケド,いじくるようになって「自分に向いてるぞ、これ」って思いました。というか飲み込みが周りより早かったと思います。自慢のようですが。なんかスイスイできた。

それで三年生以降は映像を勉強しましたが、根本的にはやはり”デジタル”でっていうこと。これが大学に入って一番良かったこと、収穫かもしれません。”デジタル”という表現に出会えたのは。

パソコンの無い時代だったら私はデザインを諦めていたかも。そう思うと、AppleやAdobeには感謝の気持ちでいっぱいです。ありがとうございます。

自分はまだ駆け出してもいないようなペーペーですがデジタルのデザインに出会えてよかった。

本当よかった。良い時代に生まれたもんだ。

以上。

ページトップに戻る↑

関連記事:

コメントお願いいたします(承認制ですぐには表示されません)

Copyright© 2010 Revolve Gear, All Rights Reserved.
preload preload preload