7月 08

前回次の記事は頭篇かなぁと書きましたが、足にしましょう。そうしましょう。

実際の現在の進行状況は全体的に仮組みが大体出来た感じになってきましたので、あとはパイピングとあとちょっとしたでぃてーる足して、その後下地塗装をして、本塗りして、デカール貼って、クリア塗って、汚して…写真撮って…いやはや書き出してみるとまだまだやる事山積みだな。早くfgとかに公開したいけど…まだ2・3週間は無理かも。すいません。なんせフルスクラッチは初めてですし。なにより造形作業そのもがド初心者ですので、これが精一杯です。

そういえば「仮組」ってことは普通のプラモで言えば、普通に組み上げればできるわけだから、約2・3日もあればどんなキットも完成(塗装前の仮組)するでしょう?改造なんかの追加工作をしないかぎりねぇ。それがすでに今回は作業開始から2ヶ月以上経ってるぞ…フルスクラッチって大変だなぁ…でも出来たときはきっと感動できるに違いない!…そう信じたい。

ほいで、これに関して最近ちょい悩んでるんすけど、実際ブログに制作記上げてますけど、実は写真撮るのが億劫なんですよね。模型ブログしてる人はみんなそういうのを感じながらもやってると思うんですけど…なんせ作業中ってなにかと手が汚れるんですよ。ラッカーパテ指で塗るし、研磨した細かい粉が付着したり、粘土とかパテ練って、汚れたり、あともちろん塗料でもね。

そうなるとカメラ触れないんすよ!しかもDP2なんてお高いカメラ触れないすよ。でも写真上げないとわけわからんじゃないすか?ねぇ?それにね。写真撮って、パソコンに取り込んで、アップロードして…ってそれもちょい面倒でしょ?..だから今なんか良い方法ないかなぁと模索してます。携帯カメラなら、パッと撮ってメール送信できるけど..画質超悪いし..ほんとどうしたもんか..今悩み中です。

めちゃめちゃ前置きが長くなりましたが、キャメル(的なの)の足の工作です。

基本的にまず図面を作りました。イラレで。もちろんその辺はファイヤーオレンジさんのブログなんかを参考にしつつね。んで出来た図面を紙で何度か縮小させて、プリントアウトして、ちょうどいいぐらいの大きさを測る。

んでちょうどいい大きさの図面ができたら、それをプラ版にうはっ付ける。

それでプラ版を切り出す。…がしかし!、今回プラ版を2mmと1.2mmのを用意したのだが、1.2mmは普通に切断できるのだけれど、2mmは全然切断できません!めっちゃ固い!!なんで?0.8ってこんなにも切りにくいものにするの!?初めてでたいして調べもしてないんで、わかんないすけど。なので、足の付け根(太もも)の部分とすね部分は2mmで、それ以外は1.2mmプラ版で切り出しましたよ。でもその切り出しも全然精確じゃないのよね…orz 先端の曲線もガタガタなのよねorz…難しいねぇ。

でもなんとか図面にあったパーツはとりあえず切り出して、組み立てる。

特にキャメルの特徴的な足の形状はエバグリの四角のパイプも使ってなんとか工作。オリジナルとはち違うけど…雰囲気ですよ。気持ちですよ。

色々ディーテールを足して行くと…

あぁ..まぁ…うん。それなりに見えんじゃない?強度が気になって、0.5mmのピアノ線で補強したり、隙間をエポパテで埋めたりしました。あたりまえですけど、ディテールの形状は本物とは全然違います。でも1/72の戦車の転輪?車輪?なんかでやったんですけど、若干小さいですけど。なんとかなってる気がしないでもないです。

このディテールのパーツはそれこそ1/72戦車のキットいくつかのやつでやってるんですけど、みなさんオリジナルとかやってるときどっからパーツ取りしてんだろ?と思ってツイッターで聞いてみたんですね。すごい為になったんで、今回発表させて頂きます。フルスクラッチ、ミックスビルド、オリジナル等の模型作ってる方には有益な情報です。

S3さん曰く

「以前購入した列車砲の模型がなかり役にたちましたねー。」
「そういうゴチャメカにどんなキットを使うかも、完成したモノの雰囲気やクセに影響が結構ありそうですねー。みんな似たようなキットを使っても面白みに欠けるでしょうしねー。色々試していきたいです。」
「素材をどう料理するかが腕の見せどころですね!」

一夜門漬太郎さん曰く

「まあそういう意味じゃふつうに使い易いのはドイツ戦車だね。工業的だから」

マシーネン店長(Nats店主)曰く

「1/35のM4シャーマンもオススメします。円筒形パーツ&凸形状のディテールが多いので重宝しています ( ゚ω゚ ) ノ あとは最近のドラゴンのパンターもしくはティーガー系列。流用してくれと言わんばかりのパーツ数&形状になってます。」

品場諸友さん曰く

「細かい補機類はやっぱタミヤのバイクのエンジン周りがいいですよ~~。」

かぜたぬきさん曰く

「自分がマイオリジナルやるときですけど、1/48戦車の転輪なんかがサイズ的に使いやすいですね。あと細かいディテール用なら高射砲や対戦車砲その物のキットのほうが無駄が少ない上にインスピレーションが出やすいです。参考までに~」

とまさんことトマソンさん曰く

「かなり意外なパーツを上手に組み込んだりしてるのを発見するとシビレますよね。SDガンダムとか。」

ものすご為になりますね。上記の方達はfgや模型界、マシーネン界でも有名な方達ですので、かなり有力な情報間違い無し!自分もすごい参考になりました。

とまぁすこし話が飛びましたが、こんな感じで足を進めました。次こそ頭の工作の工程をご紹介したいと思います。

続く。

マシーネンクリーガーや造形物の記事一覧はコチラ
http://www.revolve-gear.com/blog/archives/198

ページトップに戻る↑

関連記事:

One Response to “Ma.k. ノンスケール キャメル(的なの)制作記その3(脚部篇)”

  1. […] 2010 6 22Ma.k. ノンスケール キャメル(的なの)制作記その2(ボディ篇) 2010 7 8Ma.k. ノンスケール キャメル(的なの)制作記その3(脚部篇) 2010 7 10Ma.k. ノンスケール キャメル(的なの)制作記その4(頭篇) 2010 7 19Ma.k. […]

コメントお願いいたします(承認制ですぐには表示されません)

Copyright© 2010 Revolve Gear, All Rights Reserved.
preload preload preload