12月 22

あのー
先に謝っておきますが
今回下地塗り、下地作りを記事に
するつもりでしたが…
写真を撮るのを忘れてもうたんで
いきなりですが、
基本塗装の記事にします。

ちなみに下地はいつも通り
まずタミヤベージックパテでテクスチャを
付けつつ、合わせ目を消し、
その上から本体はマホガニーで塗装。
エンジンやバーナーノズルは
フィニッシャーズの
クロームシルバーを塗装。

そんな感じで下地を終了。
んで今回色は初めて一色のみで
勝負しようと思います。

今まで作ったものは
すべて迷彩な感じでしたので、
今回は一色。
しかもホワイトの王道で行きます!

んで塗ったのが下の画像

ラッカーのMrcolorの311番
「グレーFS36622 ベトナム迷彩色」

ホワイトちゃうやん!言う話ですが、
これが塗るとホワイトそのものだから不思議。

腕というかマニュピレーターも

脚も

こんな感じで塗装。

エンジン部、機関部は悩みましたが、
本体に合わせてちょい金属っぽいグレーで
いくことにします。

あと汚しやディテールアップの前に
デカールも貼りました。

こんな感じ。
あと写真にちらほら見えてると
思いますが、
細かい追加工作をしています。

特に今回こだわっているのは
配線やケーブル類。

ごちゃごちゃな感じにしたいのでね。
そんな感じで。

次は
汚しやら最終的な組み立てをして
本体の完成をさせて
できたら土台も作りたいと思っております。

いや時間的に無理かもな。

大行進開始の27日に本体は間に合うと思いますがね。
土台までいけるか微妙なとこです。

続く。

マシーネンクリーガーや造形物の記事一覧はコチラから

ページトップに戻る↑

関連記事:

コメントお願いいたします(承認制ですぐには表示されません)

Copyright© 2010 Revolve Gear, All Rights Reserved.
preload preload preload