2月 13

 

Exif_JPEG_PICTURE

久しぶりに模型(?)の関連の記事です。

ビリケン商会製のエレキングを作りました。

今回製作中写真とかほとんど無いのでほぼ完成写真ばかりになってしまいますが。

では先にとりあえず完成写真を貼ります。

Exif_JPEG_PICTURE

今回はいくつかの”初めて”がありました。

まずは、ソフビキットという存在。パーツを温めて、柔らかくしてはめ込むという組み立ては初めての体験でした。それと生物(?)を制作、塗装するのも初めてでした。それにエアブラシで描くように使ったのも初めてかな。

Exif_JPEG_PICTURE

今回はほぼ素組。だって、手の加えようが無いしね。でも、継ぎ目の所をパテで消す所はかなり粘土(パテ)で上手く造形しないと違和感が出てしまうのでその辺は、継ぎ目があったという事はわからないように頑張ったつもりです。それなりに継ぎ目はほぼ無かったように見えるぐらいには出来てると思います。

Exif_JPEG_PICTURE

あと工作面でめんどかったのは角。なぜか一つの角が2パーツに分かれていてそれを丁寧にバリ(これの処理がまた結構めんどい)の処理をして、くっつけてパテで溝を消して…という感じ。もっと尖らしたい気持ちもあったんですが、自分にはこれが限界だったな…

Exif_JPEG_PICTURE

でも工作も上記のようにすこし手こずった部分もありますが、でもいつもの工作に比べりゃ教科書通りみたいなもんですから問題なく終了。

Exif_JPEG_PICTURE

塗装は基本色の色は結構試行錯誤しました。ソフビはエナメルが使えないそうなので、下地は専用のVカラーというやつのライトグレーというやつを筆で塗ったくってから白のラッカースプレープシュー。その後は筆塗りで黄色系、ベージュ系、白系を調整して自分の中のエレキングのイメージに近づけました。濃い目に塗ってから薄いというか明るい色をライトが当たる部分や、凸部分中心に塗る感じで下手に遊ばないでスタンダードを目指しました。

Exif_JPEG_PICTURE

んで黒を塗っていく。なんせ全長30cmはありますからけっこう塗るの大変というか時間がかかるんですよね。でもまぁ根気強く塗っていきました。

Exif_JPEG_PICTURE

問題は背中の黒のライン。ここの表現はどうしても筆塗りでは表現しにくい。なのでエアブラシ登場。実はすこし前に楽天優勝セールで安売りしてた廉価のダブルアクションのエアブラシを購入してて、今回試しに使ってみたんですけど、これがとても良くて、とても安物とは思えない品でした。そのエアブラシで丁寧に慎重に黒のラインを付けていきました。その後、PIGUMAの0.5mmの黒ペンで点描を書いていきました。これがまた根気がいる作業でした。しかも写真だとあんま見えません。実際はけっこうわかるんですけどね。

Exif_JPEG_PICTURE

あと写真だとちょっと白っぽい。実際はもうちょい黄色みがかかってる感じです。今回はあまり汚しもせずにくどくないけど、のっぺりもしてない一応メリハリはある…みたいな線を狙ったんですがどうでしょうか。あ、最後にトップコートでツヤを消しました。口の表現は黒に銀のドライブラシをして最後にまた黒で調整する感じにしました。
Exif_JPEG_PICTURE

↓これが下地だけ塗った状態。
IMG_0019

↓サーフェイサー瓶との比較画像。結構デカイのが分かると思います。
IMG_0181

飾るとインパクトはかなりのものです。第一ビリケン商会さんのキットははとてもよく出来ていて、かなり迫力があります。

初めてこういうソフビキットというものを手を付けたわけですが、思いの外作るのと塗るのが楽しくて、またしたいと思いました。オススメです。ビリケン商会さんだけではなくて怪獣はいくつかの会社やディーラーさんが出してるみたいですが、ビリケン商会さんのは比較的安いのも魅力的です。ちなみに私はこのエレキングのキットはヤフオクで送料込みで3300¥ぐらいで落としました。定価でも4000¥ぐらいじゃなかったかな?デカイマシーネンのキットより安い。

今後は生き物とかにもドンドン挑戦していきたいと思います。エアブラシももっと使ってみたい。上手くなりたい。メカ物ばかりではなく、今年来年ぐらいはできるだけ多ジャンルに挑戦してみたいと思っています。

ということで久しぶりの立体の完成品でした。

その内Galleryも更新しなきゃな…

以上。

関連記事:

コメントお願いいたします(承認制ですぐには表示されません)

Copyright© 2010 Revolve Gear, All Rights Reserved.
preload preload preload