5月 06

本当「今頃」で申し訳ないんですけど、「ハチミツとクローバー」の感想をば…

3月ぐらいからオヤシラズとか虫歯治療とか歯石取りとかで歯医者に通ってて、その通っている歯医者の待合室にハチクロが置いてあったんですよ。

前からドラマや映画になったり、漫画も非常に評価が高い漫画ということで読もう読もうとは思ってはいたものの、一応少女漫画の類ということもあり、なかなか手が出せずにいたんですが、その歯医者でちょっと読んで「おもしろいな」って思って、全巻買いまして、全部読みました。

その感想を。

非常に考えさせられる漫画でした。恋愛模様は自分的には主題では無くて、自分的な一番の主題は「美大生達の苦悩と旅立ち」です。只基本的に出てくるレギュラーメンバー(特にはぐ、森田)はみんな優秀な学生で、前途はかなり明るい雰囲気で描かれていますが。(竹本はけっこう暗いかな)

私も美大生というかデザインの大学出身だったので、かなりシンクロする部分があって、いろいろと胸に刺さりました。
私も大学は基本的にあの漫画で描かれているような雰囲気の中で生活していました。
もちろん違う部分も多々ありますけど。

それぞれのメンバーが抱いた気持ちの描写はとてもリアルで、本当にいろんな意味でシンクロしてしまいました。それぞれのエピソードも秀逸で、「漫画っぽないぁ」と思わせる部分もあるんですが、そうではないリアルな部分もたくさんあってとてもよかった。

特によかったのは森田の兄貴、親父のエピソードですね。
あの部分はもはや外伝や読み切りに近いですよね。本筋の中の「なぜ森田はお金に執着するのか?」という部分の答え的な部分でもあるっちゃあるんですけど。でもこのエピソードはよかったな。これ単品でも全然一つの話として読めますね。

普通の人はあのいかにも少女漫画的(?)な三角関係的な部分が一番グッとくるところだと思うんですけど、ああいうのは切ないですよね。見ててちょっと可哀想になってくる。いろんな意味で。山田さんなんかけなげで悲しいキャラクターですよね。
ハチクロは一応竹本とはぐみが主人公だと思うんですけど、それぞれが主人公とも言えますよね。みんな均等な感じで出演していましたし。

ドラマや映画は見てませんが、アニメは少し見ました。かなりクオリティ高いと感じました。
変に脚色してないし。特にOPのコマ撮りアニメがお気に入り。本編じゃないけど。

でも漫画は「何回も読み返したくなるか?」と言われるとそうではないんですよね。個人的に。
かなり気持ちがシンクロしちゃって、自分の場合気持ちが入り過ぎて、ちょっとブルーになっちゃいましてね。まぁ逆に言えばそれほど気持ちが入りやすい漫画ではあるんですけど。

良い漫画って”コミカル”と”シリアス”が絶妙なバランスではいっていますよね。
全部が全部ではないですけど。この「ハチミツとクローバー」はそれがかなりバランス良くてその辺も好感が持てました。

うん。良い漫画だ。
読んでない方は是非一度読んでみてください。

同作者の連載中の「3月のライオン」も
読んでみようかなぁと思う今日この頃です。

以上。

ページトップに戻る↑

関連記事:

コメントお願いいたします(承認制ですぐには表示されません)

Copyright© 2010 Revolve Gear, All Rights Reserved.
preload preload preload