4月 14

しょうもない小技ですけど、ググっても出てこなかったのでご紹介します。

fgにも投稿しましたがまったく同じ内容です。

簡単に言うとペーパーパレットの代わりにコロコロを使うというtipsです。

私は筆塗りする場合最近はコレ一択です。いくつかメリットがあるので。

貧乏モデラーはこうやって100均を活用するわけですw

100均のコロコロを剥がして粘着面を下にして、2枚重ねて貼付けます。上はフィルム状にツルツルしているので、2枚重ねるとペーパーパレットの代わりになります。この上に塗料を乗せて、混ぜ混ぜして筆塗りします

100均のコロコロ。できるだけ粘着力が強いものがなにかと好ましい。基本的にコロコロの規格は大と小になります。小の方はペーパーパレットとしては私は使いませんが、自分の環境に合わせて選択してください。普通は大で問題なしです。

この写真はエナメルですが、もちろんどの塗料でも可能です。シンナーもそのままジャブジャブしても2枚重ねなら大丈夫です。心配な方は3枚重ねれば尚良しだと思います。

画材屋などで手に入るペーパーパレット。これは25枚ほどで350円ぐらいだったと思います。セレブリティの方はこっちでかまいません。

以前の主役だった菊皿。これもいいんですが、やっぱり使い続けるとこのように、汚くなりますし、後片付けが必要になります。シンナーもたくさん使わなきゃかな?と思います。私は無精なので塗料が固まって大変なことになる事がよくあります。こっちはある意味エコではあるんですが…

一番脇役の万年皿。軽くてカチャカチャするので普通は使いません。でも1色をチョコッと塗り足す場合や水をいれて粘土捏ねたりとかには使います。

コロコロの利点をまとめます↓
1、コスト。ペーパーパレットより断然安いです。
2、手に入りやすい。100均はもちろん掃除道具の売ってるホームセンターなどでも簡単に手に入ります。
3、剥がしてポイできる。まぁこれはペーパーパレットと同様ですが、塗料皿と違って、使い捨てですので、処理が簡単。
4、コロコロは他にも活用できる。削りカスや細かいゴミ等をコロコロできるので両得ですね。
5、ポリパテ混合にも使えます。混ぜ混ぜして盛って、コロコロに残っても剥がしてゴミ箱ポイでOKですから。

こんな感じです。お試しあれ。

以上。

マシーネンクリーガーや造形物の記事一覧はコチラ>http://www.revolve-gear.com/blog/archives/198

模型完成ギャラリーはこちら>http://model.revolve-gear.com/

ページトップに戻る↑

関連記事:

コメントお願いいたします(承認制ですぐには表示されません)

Copyright© 2010 Revolve Gear, All Rights Reserved.
preload preload preload