9月 09

もうね…。感動です。感動。

14年前と全く変わらないかそれ以上のクオリティ。

終始…最初っから最後までずっと爆笑しっぱなし。もう凄いね。圧倒的ね。期待してたけどそれ以上ですね。

企画概要

えっと…どこから説明すればいいか…。

過去に何度もやったガキの使いを代表するといってもいい企画シリーズの一つ…でした。なんせ14年やってなかったわけですからアレですけども。

企画の流れは今回やった流れと過去もほぼ基本は変わらずなんですけど、ダウンタウン以外のメンバーがいる楽屋に黒子の浜ちゃんが登場して、「松本の夢を叶えさせてあげたい」とニコニコでやってきて、なにかしらのスポーツの世界記録(もしくはそれに準じた記録)に松ちゃんが挑戦するのを、他メンバー(今回はライセンスも)が黒子になってサポートし、なにかしらの事をして、無理やりその挑戦に挑み、成功させる…という感じ。

で途中必ず失敗して、その失敗で松ちゃんは楽屋に怒って帰り、他メンバーはそれを謝罪しに楽屋に行くんですが、その楽屋で松ちゃんはなにかしらしてる…っていうのも見どころの一つ。で、そこで他メンバーにダメ出しをして…っていう下りも過去も今回も健在。

この企画にはコント的要素、楽屋での七変化のようなネタ的要素、体張りリアクション的要素、会話のおもしろさ等多角的な笑いの要素が詰め込まれており、どの要素をとっても一級のおもしろさ。それが凄い企画。

感想

あのー復活した企画…近年で言うと、サイレント図書館とかハイテンション・ザ・ベストテンとかやっぱり過去と内容が違ったり、イマイチだったりって事も多かったんですが、今回の挑戦シリーズは14年ぶりに関わらず、全く遜色なく、むしろクオリティアップしてるぐらいの面白さでした。

もう最初の黒子の浜ちゃんが楽屋に入ってくるくだりだけでも古参の視聴者としては感動もんですよね。面白いし。

まず最初の挑戦。

いきなりスタジオにニコニコ小走りで走ってくる松ちゃん。14年前よりムッキムキになって体だけなら「本物」っぽくなってるのも地味に面白い。らしいというか。

いざ挑戦始まると顔が無表情になるあの感じも過去のまま。そこで浜ちゃんがどS発揮して関節決めにいく感じもまんま。そして怒って楽屋へ。この流れも完璧ですね。

その楽屋でおっとっとの仕分けをしてる松ちゃん。コレも良い。でもジャブって感じかな。

で、楽屋のダメ出しのくだりもいいですね。素晴らしい。文句の付けようがない。ただ単に過去シリーズと同じじゃなくて、パターン的にもちろん今回らしいダメ出し方というかね。それも良かった。

2回目の挑戦。浜ちゃんをじっと見つめるくだりも相変わらずいいですね~。表情が絶妙。で、金属ポールタンクトップに通されて挙げられた時のリアクションも最高でしたね、タンクトップに顔めり込ませながらのリアクション素晴らしかった。

2回目の楽屋。遠藤主演のバスジャックとバスジャック2を鑑賞中。これも面白かった。ここのダメ出しのくだりも面白かったなぁ。

3回目の挑戦。もう最初の松ちゃんのドローンを見つけた時の絶妙な表情!。これだけで私はめっちゃ笑って、その後ドローンがめっちゃ転がってる画でさらに爆笑。できるわけないやんけ感が素晴らしい。キレて楽屋に戻る際も、繋がれた犬のようにドローンが付いていったのも最高でしたね。

3回目の楽屋。岡本社長の号泣会見のパズル。これもいいですね。素晴らしいです。

4回目の挑戦。ハーネス。業者さんのマジ黒子を無表情で外す感じとか良かったですね~。で釣り上げられた時の売られていく子牛のような表情ね。素晴らしい。

4回目楽屋。最初プロジェクションで下着のプレゼンみたいな雰囲気でどういう事かな?って思ってたら、サプライズで松ちゃんがプロジェクションマッピング的に下着を着てるみたいに映るっていうね。しかも映してる画像も切り替わるのも面白かったし。これは凄い。アイデアもさることながら面白さも完璧。ここまでの4楽屋、七変化なら4变化分全部しっかり千円取ってる感ある。ハーネスやっぱ付んのかい的なくだりも良かったですし。

5回目の挑戦オチ部分。まぁここはさらっとしてましたね。まぁ最後は最後のオチというかね。今回唯一無理やり文句を付けようとすればこの最後のオチ部分かな。最後松ちゃん「ありがとうございました…」って謝って戻っていく感じで終わりましたが、アレならブチギレか、泣いて帰るとか倒れたまま起きてこないとかそういう感じが良かったかなぁと思わなくもない。でも今回全編通して面白かったので、無理やり文句を付けるとしたら最後がさらっとしてたって事だけですね。うん。

まとめ&次回

今回の14年ぶりに復活した松本挑戦シリーズでしたが、みなさんどう感じましたかね?過去のシリーズを見ていない人で初見の人が、今回のこの企画を見たらどう感じるんだろう。私なんかはもうそういう初見の方がこの企画を見てどう感じるか想像も尽きません。私は上記で書いた通り大爆笑でしたがそれは過去シリーズはもちろん何度も見てて、内容や流れも全部知ってて見るのと、完全に知らないで見るのと印象は違うと思うんですよね。

私はこの企画はガキの使いのいい部分がすべて詰まった完璧な企画だと思っていて、それこそガキにしかできない独特のお笑いの「形」だと思っています。

それが14年振りに帰ってきて、しかもその帰ってきたものが14年前のクオリティと全く遜色ないレベルの内容だったのに感動を覚えましたね。そういうの抜きにしてもシンプルにホントに面白かったですし。

今年の企画で比べてもベスト3には間違いなく入る面白さだったでしょう。

いやホントね。面白かったです。それ以上ないし、満足です。

久しぶりに過去の挑戦シリーズが見たくなったのでDVD見ようと思います。やっぱ面白いですねー松本挑戦シリーズは。

ぜひ1~2年に1回でいいからこの企画でもいいし、ダウンタウン理不尽シリーズでもいいし、パンツを見てはいけないゴルフレッスンやマジカルハマダ系の企画はやってほしいですね。やっぱりおもしろいですもん。

うん。

次回は霜降り明星のせいやさんの七変化ですね。せいやさんなんですね。粗品さんじゃないんだね。いや粗品さんもそのうちするのかもしれませんが。まぁ霜降り明星はどっちもR-1出てますし、大丈夫だと思いますが。

これも期待ですね。

ではまた次回~

以上。

ガキの使い記事一覧はこちら
http://www.revolve-gear.com/blog/archives/196
ガキの使いの名セリフ・名言・迷言をつぶやき続けるツイッターbotはこちら>http://twitter.com/GAKIbot

ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!! (祝)ダウンタウン生誕50年記念DVD 永久保存版 (19)(罰)絶対に笑ってはいけない熱血教師24時 【初回限定版DVD BOX (本編ディスク4枚組+特典ディスク1枚/デジパック仕様)】ダウンタウンのガキの使いやあらへんで !! 2 松本一人ぼっちの廃旅館1泊2日の旅 ! [DVD]ダウンタウンのガキの使いやあらへんで !! 1 浜田チーム体育館で24時間鬼ごっこ ! [DVD]ダウンタウンのガキの使いやあらへんで !! 3 罰 + 松本チーム絶対笑ってはいけない温泉旅館の旅 ! 名作 & 傑作トーク集 [DVD]ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!! (祝)ダウンタウン結成30周年記念DVD 永久保存版 (18)(罰)絶対に笑ってはいけない空港(エアポート)24時  初回限定版(本編ディスク4枚組+特典ディスク1枚)

関連記事:

6 Responses to “9/8 ガキの使い「祝56歳!松本吊り輪内村航平超えの回転技に挑戦」 感想”

  1. ガキ初心者 より:

    リアルタイムでこのシリーズを見るのは初めてでしたが、腹を抱えて笑わせて頂きました!
    芸能界の中心人物であろう人がここまでエッジィな笑いを追求し、尚且つ体も張っていることが本当にすごいです!
    そりゃ色んな人から天才だと言われるのも当然だなと身をもって知った回でした!

    • 高岡 匠 より:

      ガキ初心者様

      コメントありがとうございます。

      >リアルタイムでこのシリーズを見るのは初めてでした~

      貴重なご感想ありがとうございます!そうですか。良かった。やっぱり面白いですよね。

      >芸能界の中心人物であろう人が~
      そうなんですよね。お笑い界のトップたる人がこういう体張りつつ挑戦的な企画をするっていうのは素晴らしい事ですよね。しかも全然衰えみたいなものを感じないですし。

  2. マス より:

    >>今年の企画で比べてもベスト3には間違いなく入る面白さだったでしょう。
    おっしゃる通りですね。文句なしですね。
    岡本社長パズルなんか誰がこんなの作ったんだって思いましたし、トレンド下着は何を食ったらこんなのが思いつくのかと思いました。
    今年は即興キャリーバッグ、テーブルゲームが自分のベスト3ですね、

    >>ダウンタウン理不尽シリーズでもいいし、パンツを見てはいけないゴルフレッスンやマジカルハマダ系の企画
    +我が田中も見たいですね。この企画は復活を待ち望んでる人を結構見ますね。あと個人的に好きなのは遠藤たけしも好きでした。入院している子供のお見舞いと、バスでの見送りとかありましたよね。
    あとはショージさんの教室シリーズと毛色違いますが、絶対においしいシリーズですかね。ききもそろそろやっていいような……。

    • 高岡 匠 より:

      マス様

      コメントありがとうございます。

      >トレンド下着は何を食ったらこんなのが思いつくのかと思いました~
      今回の楽屋ネタ全部良かったですけど、中でもこの下着プロジェクションマッピングのネタは白眉でしたね。素晴らしかったです。

      >年は即興キャリーバッグ、テーブルゲームが自分のベスト3~
      そうですね~その辺の企画は面白かったですねー。今年は上がり下がりが激しい感じします。凄い面白い企画とイマイチなのと。まぁ松ちゃんやスタッフ制作陣もバランスとか流れとか色々考えた上での事なんでしょうけど。

      >+我が田中も見たいです~
      あーですねー。我が田中も非常に評価は高くて、コメントでももう一度の声が多い企画ですね。

      >遠藤たけしも好き~
      私も大好きです。いいですよねー遠藤たけし。遠藤森進一もいいですけど、遠藤たけしのその挙げたられた企画は名作ですね。遠藤さんの企画だとあと被害妄想日記シリーズも名作だしまた見たいです。

      >ショージさんの教室シリーズと毛色違いますが、絶対においしいシリーズですかね。ききも~
      ホントに「これやってほしい」は尽きませんよね。無い物ねだりなのかもしれませんが、今回の復活を思うと、他の過去企画復活ももしかしたらあるかも?とどうしても期待してしまいますね。まぁ待ちましょう(笑 ファンは期待して願って待つしか出来ないんで。

  3. 名無し より:

    この企画はまっちゃんが比較的体を張るだけに、この年齢になって復活してくれたことは本当にうれしいですし、相変わらずの安定した面白さでした
    岡本さんのジグソーパズルなんか、わざわざこの企画のためだけに作ったと思えないくらいの出来でさらに笑いました
    惜しむらくは、ナレーションがこの企画でおなじみだった中江真司さんではなかったことくらいでしょうか。あのナレーション込みで大好きな企画だったもので・・・

    • 高岡 匠 より:

      名無し様

      コメントありがとうございます。

      >岡本さんのジグソーパズルなんか、わざわざこの企画のためだけに作ったと思えない~
      ガキの使いのいい部分の一つは小道具とか地味な部分にかなり力入れてる事ですよね。ほんと一部の視聴者しかそこ気づかないだろ?的なこだわりみたいな。そういうのが逆に気づいた時に面白かったり、世界観みたいなものを高めてますよね。「神は細部に宿る」という言葉が私は好きなんですが、ガキの使いではそれを感じますね。特にこの手の企画は。

      >ナレーションがこの企画でおなじみだった中江真司さんではなかったこと~
      そういうのはありますけどねー。私も初期の笑ってはいけない含む罰ゲーム企画のナレーションの柴田秀勝さんが好きだったので。でもまぁガキは山田真一さん以外はナレーションは企画や回によってコロコロ変わるんでしょうがないっちゃしょうがないですね。

コメントお願いいたします(承認制ですぐには表示されません)

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Copyright© 2010 Revolve Gear, All Rights Reserved.
preload preload preload