10月 19

『およげ!たいやきくん』
知ってますよね?

日本で一番売れた曲とかなんとかって程
売れた曲ですよね。

メロディラインも哀愁のある
でもどことなくコミカルな不思議な曲だが

カテゴリは”童謡”であって
ポンキッキ、アニメーションも相まって
子供向けの歌という捉え方をする人が多いが

実はこの歌詞
非常に深い。

その殆どが比喩として捉えることができる。

まず最初
たいやきクンが
店のおじさんと喧嘩して
海に飛び出すという始まり方。

これは上司とそりが合わずに
会社を辞める一人のサラリーマンに
例えることができる。

平凡な人間が嫌な会社を辞めて
独立して夢を叶えようと
社会に飛び出す様に映る。

その後
大きな海を楽しむくだりは

自分の好きな事を始めて
自分の人生を謳歌する
人間の様。

時々サメに虐められる
というのは
うまくいかないこともある
ということでしょう。

そして最後は
もちろんおっさんに
釣られてうまそうに食べられるオチ。

これは
結局独立したもののうまくいかず
社会の波に飲み込まれ
お金にも困りにっちもさっちも
いかなくなり
“死ぬ”もしくは元の木阿弥になる
というようにとれる。

このように悲しい一人の人間の人生を
比喩で描いたかのようなストーリーです。

これは深いなぁと思いますね。

私はこんな歌詞が大好きです。
元々見れば見る程
読めば読む程
シュールですしね。

ちょっとした教訓も含まれています。

お暇な方はまたこの歌詞をよく読み返して
聞いてみてください。

また違った曲に聞こえるかもしれませんよ。

それらを抜きにしても
名曲であることは間違いないですけどね。

以上。


↓ランキング参加中

にほんブログ村 その他日記ブログ うんちく・小ネタへ
押して頂くとありがたいす

関連記事:

コメントお願いいたします(承認制ですぐには表示されません)

Copyright© 2010 Revolve Gear, All Rights Reserved.
preload preload preload