5月 15

自分は友達少ないですがなにか?

メディアじゃさも”友人”や友達を”良いもの”と伝えていますが自分はあまりそうは思いません。

自分は友人少ないです。

でもこれは敢えてです。
なんといわれようと。

友達100人できるかな♪

そんなにいたらいちいち大変で死んでしまう。

自分は自分の事で精一杯なんです。自分の事でさえちゃんとできないのに他人とずっといるなんて考えられません。

だから結婚もおそらく出来ないでしょう。人間できてないし。

それにしても大学の頃など他の大学生はよく群れていたなぁ〜と思う。

あんなに群れて何が楽しいんだろう。なにが良いんだろうといつも不思議でなりませんでした。

大学内で飯食うのも、講義室で座るのもいつもいっしょ。みたいな。しかも10人近くで。遊ぶのもいつもいっしょに群れていたんでしょう。よく知らんけど。

俺も友人は居ましたが、なんか違うんですよ。もっと崇高で。ベタベタせず、クリエイター仲間という感じだった。

作品が苦労の末完成し、その後苦楽を共にした仲間との酒はとても甘美だったな。

自分はできるだけ人に関わりたくないタチなので大学の時は、見た目チンピラみたいな雰囲気でした。(今もあまり変わりませんが)

縦も横もデカく坊主、サングラス。イカツイネックレス。誰もが自分の事は恐い人だと思ってたらしいですね。

絶対タバコ吸ってるって思われていたみたいですし。

まぁそうなるように意識してそうしてたんですけども。しかもできるだけ「話しかけんなよ」オーラを出していました。

軽い対人恐怖症的な部分も多少あるのかも知れません。人ごみ恐い症候群も多少ありますし

まぁ実際は只の一般人と変わらない善良な市民だったわけですけどね。今でも大学の頃の数少ない仲間は良い人ばかりで、変にベタベタせず良い関係だと思っています。

中学、高校と部活してなかったし、大学の頃もサークルも入らなかった自分は「先輩」とか「後輩」とかがいた経験がありません。

友人がたくさんいてしょっちゅういっしょに遊ぶなんて人生の中で基本思い当たりません。

本当に気心知れてる仲間が幾人かいればそれで十分。

もちろん逆に一人も友人が居なければそれはそれで辛かったかもしんないですけど。そうではないし。

この生き方は完全自分用なんでみんな真似しないように。

人生の一番のストレスは他人との関係でしょう?

つまりたくさんの友人がいればいるほどストレスと心の負担が増えるのです。

でも本当は良くないんでしょうね。こういう生き方は。

でももうそういう性格なんでどうしようもないす。

群れるのは人間が猿だったころの名残なんでしょうね。弱い人間は多勢になることによって「安心」を得るという。結局心の弱さがそうさせるんではないかとそう思う。

過度の友人の数はストレスとトラブルと自分の時間を消す産物に過ぎない。

本当に心許せる”良い仲間”が数人いればそれで十分じゃないですか。

自分はそう思っています。

以上。

ページトップに戻る↑

関連記事:

コメントお願いいたします(承認制ですぐには表示されません)

Copyright© 2010 Revolve Gear, All Rights Reserved.
preload preload preload