12月 20

はじめに

M-1グランプリのイチ個人の感想です。

M-1の感想を書くと「クソ野郎が偉そうに評価すんな」的な事言われたりするんで、先に言っときますと、素人の独り言程度の感想ですんで、見当外れだと思っても、日本の田舎に住む一人の素人の戯言だなぐらいに思って流して頂けるとありがたいです。

ちなみに去年の感想

2020年 M-1グランプリ 感想

でした。

まず今年についてですが、去年より1000組程参加が多かったと。それと審査員の面々は変更無し。そして初決勝のコンビが5組と多めで波乱だった。

そういう感じでしたね。

いっつも長々としてしまうんで早速感想に行きましょう。

感想

1、モグライダー
一番手。毎回一番手は鬼門中の鬼門。それにしては頑張った方という感じですかね。さそり座の女ネタ。パターンにハメるタイプのネタ。パターンネタは流れが出来るし、見てる側が次も同じパターンで重ねるのか?ハズシで来るのか?という感じでてんどんからのハズシというのも出来るんですが、このネタに関しては意外性とかメリハリが少し足りなかったと思います。全然悪くないんですけど、途中で爆発するようなくだりがアレばメリハリもついたと思いますが…。

ランジャタイ
今回のオモシロ枠イロモノ枠という感じ。トムブラウンとかすゑひろがりずとか、どちらかというとそういう感じ。正統派と遠い所の奇抜なネタ。多分ホント賛否両論になるというか…好きな人が超ドハマリするけど、全然ハマらない人には全然になるかなっていうネタ。動きがとにかく激しくコミカルで、その動きで笑わせるという意味ではマヂカルラブリーとか霜降り明星的な流れもある。近年漫才なのに動きで笑わせるネタが流行りというか流れが来てたんですよね。それをちょっと行き過ぎた感じにしたネタという感じ。ツッコミとの掛け合いみたいなものがほとんど無くて、ボケが一方的にずっとワチャワチャしてるんで「漫才」をどう捉えるか?という感じで見てる側が革新派か保守派かでも意見が分かれそうなネタです。私はネタの面白さ自体はそこまで悪くなかったと思うんですが、そうじゃなくてメリハリが少し無いのが気になったんです。ボケが一方的過ぎて、少しあの暴走感から全然違う方向に行ってからまた戻る的な意外性の展開とかあればまた違ったのかな?と感じました。ツッコミの人があまりにオマケみたいな感じでちょっとね…。でもインパクトはすごかったんで、ファンは確実に増えたと思うし、仕事も増えそう。

ゆにばーす
昔から個人的に期待しているゆにばーすです。過去2017と2018に決勝残ってて、2017のネタは凄く良かったんですけど、トップバッターだったこともあって、中々点数は伸びず残念だったんですけど、次の2018で凄い期待してたら正直イマイチで残念だったですよ。で、今年は2018のネタよりかは良かったと思うんですけど、でもなんでしょうねぇ…。悪くないけど良くもない…。ちょっと地味めでしたかな。はらちゃんは礼二さんは上手くなったと言ってましたけど、私は寧ろ昔のなんかシュール感の強い話の聞かない変な顔と変な声の変な奴が空気感を変えるような感じが川瀬名人とのギャップがあって好きだったんですけど、少しそういう感じが少なくなった気がして…。うーん…どうでしょうねぇ…。それと余談ですが最後の敗退決まった時のコメント求められた時のコメントのくだりがめちゃくちゃ大スベリしてて、それが地味に気になりましたね。

ハライチ
敗者復活戦からハライチです。もう売れに売れてるお二人ですが、ラストイヤーなので悔いのないようにと出場したんでしょうね。先に言うと審査員の評価は芳しくなかったんですが、私は面白かったですね。なんつーか、初出場の知らないコンビが同じネタしてたらそんな面白いと感じないかもしれないんですけど、ハライチの元々のネタはもちろん、コンビ二人の人となりも全部知ってるので、それ前提の面白さがあったんですよ。特に岩井さんがあんな動き激しくコミカルな駄々こねするくだりが普段の岩井さんを知ってるからこそのギャップ的な面白さがあって凄く好きでした。このネタもパターンネタなんですけど、まずそのパターンが澤部さんから始まって、それが前フリになってるのが良かったですよね。ただ、途中で岩井さんが澤部さんに噛み付くくだりもうちょっとしっかりガブッと噛んでる感出して欲しかった。そこちょいもったいないなって感じました。そこはやはりコントとかしてる技巧派とかのレベルじゃないと難しいかも。ましてやM-1だし生だし。

真空ジェシカ
初見のコンビです。まずこれは完全に個人的な好みの話なんですけど、ツッコミの人の声質がなんかしっくり来なかった。「理系のおばあちゃん初めて見た、おばあちゃんは全員文系だと思ってたのに…」の、くだりは凄い個人的にツボでした。面白かった。あと「ミッキーは一人じゃないすか」のくだりも好き。なんとなく霜降り明星っぽい。動きもありつつ、ボケでも笑い取るしツッコミでもしっかり笑いを取る万能型かつ今の流行の流れをくむ感じ。メリハリもそれなりにありましたし。穴という穴は無いんだけどだけど、少しドッカーンっていう爆発性までは行かなかったかな。でもワードのチョイスというか、そういうのは面白い。今回は駄目でしたけど、未来を感じるというかポテンシャルはいつか優勝もあるんじゃないかと思わせました。

オズワルド
事前予想でも1位予想が多かったオズワルド。私もオズワルドの漫才好きです。でも事前予想が良いと、優勝できないってパターンは往々にしてあるんですよ。なので始まるまで心配だったんですが蓋を開けてみれば杞憂でした。1巡目のすべてのネタの中では白眉でした。オズワルドらしさが凄く出てた。ここで2つ目のネタの事を言うとアレですが、構成的には1つ目も2つ目もオズワルドらしいネタなものの、この1つ目のネタの方がわかりやすい。実は”わかりやすさ”は重要なんで、このネタはわかりやすいのが凄く良かった。メリハリもしっかりとオズワルドらしい”静”と”動”がしっかりしてた。ツッコミの伊藤さんの張り上げる声のツッコミもあるし、静かなツッコミもあるし、ノリツッコミみたいなくだりもチョコチョコあってそれも良かった。去年松ちゃんと巨人師匠の意見が割れた(松ちゃんは前みたいな静かで一歩引いたツッコミが良いと言い、巨人師匠は逆にもっとツッコミは元気よく張り上げた方が言いとアドバイスした)のが話題になったんで、もちろん漫才披露後にそういう話のくだりになったんですけど、巨人師匠のコメントがもう秀逸で、まさにその通りって感じで自分の言いたい事は巨人師匠が言った事そのまんまだなって感じです。静かな部分と激しい部分の対比が出来て、より高度な漫才に昇華してた。うん。面白かったです。くだり単位で言うとやっぱり脈のくだりが一番のパンチラインな気がしました好きでした。あとオードリーのネタのような仲の良さみたいなくだりも良かったし、指のくだりも良かった。

ロングコートダディ
コントも出来るしKOC決勝も出てる…そして漫才でもM-1決勝に残ったロングコートダディ。このネタもコント漫才的な感じでした。設定が斬新ですね。あまり見たこと無い展開で生まれ変わりの振り分け…という新しさがありました。ただボケの人がちょっと表情がちょい笑ってるのが気になった。肉うどんって言われたら、マジでシリアスな表情で驚いてくれないと世界観に入れないというか、あまりショックを受けてない感じ。もっと肉うどんって言われて大声でわぁ~っと驚くところまでは良いですけど、その時含めその後の表情ももっと世界の終わりだってぐらいのショックを受けた顔を作り続けてほしい。お笑いってのはやってる側がヘラヘラしてると、結局「あくまでそういう設定です」前提みたいな感じでリアリティが出ないんです。リアリティこそが笑いを生むんで。別にコント的な漫才は嫌いじゃないけど、ボケの方の演技力がもっと上がったらもっと好きになるかな。あとワゴンRがなぁ…。本人はめちゃくちゃ迷ったと言ってましたが、それが正解だったのか…。もっと面白いワードチョイスがあったんじゃないかなぁ…って。審査員の評価は結構良かったですけど、私的には真空ジェシカ、ハライチとかと同じぐらいか、それ以下ぐらいかなと思いました。

錦鯉
去年のネタは私そこまで好きじゃなかったんですけど、今年は間違い無く前回を大きく越えて来ましたね。余裕で。圧倒的に。まぁ錦鯉はもう2021めちゃくちゃ売れたんで、色んな番組にも出てもうおっさんキャラが定着したので、今回のネタはその「おっさん」を全面に出したのが功を奏した感じですね。ブラマヨとかトレエンとかもハゲとかブツブツとか身体的特徴をネタにギュッと詰め込んで、優勝してますが、長谷川さんのおっさん…というかもうじじい感のあるおっさんという他のコンビじゃ絶対真似出来ない自虐ネタが素晴らしかったです。他に真似出来ない武器ですもんね。見る前去年と同程度のクオリティのネタなら全然駄目だろなって思ってたんですが、全然面白くなってたんでビックリしました。「哀愁」って笑いになるんですけど、まさにおっさんは哀愁があってそこが絶妙な笑いになってました。あとここまで的確なツッコミが出来るツッコミは中々居ないです。どつきツッコミって最近少ないんで、ここまでパンパン頭叩くツッコミは他に中々出来ないんで、それも凄く良かった。王道のどつきツッコミ。私は渡辺さんのツッコミ大好きです。ツッコミはやっぱりなんだかんだ言ってもコレが間違いないよね!って感じ。

インディアンス
もう常連と言ってもいいインディアンス。安定感で言えばもしかしたら1番かもって面白さ。だけど、毎回インディアンスについて書く時にアンタッチャブルと比較してしまうんですよ。凄いスタイルが似てるんで。なのでアンタッチャブルの優勝した時のネタと比べると、たしかに今までよりかはかなり切迫するレベルで面白くはなってるんですけど、周りのレベルも年々上がってるのも事実だし…やっぱり少しだけ見劣りしてしまう。でもこの1つ目のネタは過去の2回のM-1決勝のネタよりも絶対一番面白かった。最初から最後まで同じテンポであのハイテンションなボケとそれに対するツッコミを終始続けられるのは凄い。設定はそこまで斬新では無いんですけど、ワードチョイスも今回は良かった。テンポが良いんですが、あえて凄いテンポを外すっていう意外性みたいな展開まであるとメリハリという意味でももっと良くなったのかなって感じました。

もも
事前にももはかなり面白いって噂をチラチラ見ててハードル上がってたんで、面白かったんですけど、ちょっと物足りなさを感じました。WボケWツッコミでパターンかつそのパターンの役割が順に変わるんで笑い飯とかジャルジャルのようなグルーブというか独特のテンポを感じました。このネタも錦鯉でも話ましたが身体的特徴の自虐を含んだネタで、テンポも良いし、凄く好きでした。最初はゆっくり目で始まって、段々ヒートアップしていく感じも凄く良い。良いんだけど、パターン一辺倒過ぎたかなぁ…。でも審査員の評価少し低いなって感じました。少なくとも私はロングコートダディより面白かったです。未来的に優勝ありそうなコンビですね。他のネタを見てないので、どういう感じか分かりませんけど、こういうグルーブ感は素晴らしいです。ホント次回は分かりませんよ。優勝してるかも。そんなぐらいのポテンシャルを感じました。面白かったです。

そしてファイナルはオズワルド1位、錦鯉2位、インディアンス3位でこの3組。

インディアンス
ホントインディアンスは安定感ある。安定感あるんだけど、やっぱり1つ目のネタよりかは少し劣るかなって感じですかね。ただコレっていう設定とか無くてフワッとした内容ネタでした。なので印象が少し残りづらい感じしました。でもホント王道のしゃべくり漫才でテンポも相変わらず凄く良いし安定感はホント凄い。もう中のくだりとか好きでした。ただワードチョイスみたいな部分で少しイマイチな部分があったかな。でも面白かったですよ。

錦鯉
猿捕獲という結構斬新な設定の漫才。まずスゲェって思ったのは「森の中へ逃げ込んだ!」「・・・・じゃあいいじゃねーかよもう」のくだりが最高なんですよ。あの「・・・・」の絶妙な間。アレは渡辺さんめちゃくちゃ巧い。普通間髪無しにすぐツッコミを入れちゃうと思うんだけど、絶妙に泳がせてからの長すぎず短すぎずの間で「じゃあもういいじゃねーかよ」のツッコミ。これも声のトーンもバッチグーですね。その間も長谷川さんの森に逃げ込んだ猿を探すようなマジの表情と動きとかが素晴らしい。こういうトコなんですよ申し訳ないけどロングコートダディにはこういう所が足りないんだよ。世界観に真剣に入り込まないと。リアリティこそが笑いでありエンターテイメントなんだから。ホント錦鯉のネタで凄く感じるのはメリハリですね。凄いハイテンションな所と一瞬二人とも静かに止まる部分もあってそのギャップとメリハリが緩急になってさらに笑いを生む感じ。オチへの持って行き方も好きでした。素晴らしかった。錦鯉はこんなに面白いのかって思う程でした。元々面白いのは知ってましたが、こんなクオリティが高いネタを2つも持ってるとは……って感じでした。

オズワルド
ん~~~~残念でした。明らかに1つ目のネタと比べてこの2つ目のネタはクオリティが下がっちゃいましたね。初速は良かったんですけど、後半なんか1つ目のネタような整理されたようなスッキリ感が無くて、少しわかりにくさというかバタバタ感というか、「あれ今これどういうくだりだっけ?」みたいな感じの印象が出る所がいくつか出てきた感じしました。あと「言ってないはチンピラだよ~」のくだりなんで伊藤さん笑っちゃったんだろう。あそこは表情笑う所じゃないと思う、もちろん伊藤さん的にはあまりに突拍子もない事いいやがってっていう苦笑い的な表情なのはわかるんですけど、個人的にはもっと真剣な糾弾するようなドン引きするような表情で行って欲しかった。ヘラヘラして欲しくなかった。あと「おじさんは幸せもんだ~~」ももっと高く大きくハイテンションで言った方がモアベターだったかな…と。ちょっと中途半端だった。今回ツッコミワードも全体的に少しイマイチ感あったんですよねぇ…。とにかく1つ目のネタに比べちゃうと大きく下がるのは間違いなかったかな?と。

はい。そして優勝は錦鯉。錦鯉は1つ目2つ目のネタどちらも甲乙つけ難い程良いネタで、僅差ではあるものの優勝は妥当かなと。1つ目のネタだけで言えばオズワルドなんですけどね。2つ目が……2つ目がもっと1つ目かそれに迫るクオリティがあれば…。残念でしたね。それでもファイナルの3組はホント拮抗してたと思います。

でもホント錦鯉面白かった。素晴らしかった。おめでとうございます。

ただほんと大会そのもののクオリティで言うと、そこまで高いと感じなかった。あくまで平均値という部分では。キングオブコントは平均レベルが高かったんで、こっちは参加者も去年より1000組も多いしクオリティは凄いだろって期待してたんですけど、2019、2020のレベルに比べると一歩劣るかなって印象でした。あくまで個人的な印象でしかありませんが。私はそう感じました。

でももちろんM-1はやっぱり面白いですよ、どっかの賞レースよりも100倍面白いです。みなさんも良ければ今年のM-1で感じた事があればコメントして下さいね。

はい。

また来年凄いのが出てきてくれる事を願って…。

ではまた来年~

以上。

関連記事:

10月 03

はい。キングオブコント2021の個人的感想です。

去年の感想は

キングオブコント2020 感想

でした。

はい。

審査員について

で、まず最初に書かなきゃならんのは今年は審査員が松っちゃん以外が全員替わったという事ですよね。

審査員新メンバーはほぼ想像通り。山内さんが若干びっくりしたけど、でも山内さんもかなり事前予想で出てましたし。ただ一番現役(KOCに)に近い枠って感じですかね。数年前はまだ挑戦者だったことを考えれば早いような気もしますけど、去年今年ぐらいのかまいたちの勢いは芸人界イチなのは間違いないでしょう。かつての売れ始めた時の千鳥のような勢いありますもんね。youtubeとかでもキングオブコントの解説件評価みたいのもやってましたし。うん。

それは置いといて、やっぱりウッチャンは無かったですね。これも99%無理って分かってました。けど、心のどこかで0%では無いみたいな期待があったんですけど、まぁ…予想通りですね。ウッチャンはこういう審査員的な事しないタイプだと思ってたんで。

そもそも審査員の変更についてですが、確かに以前から言われてたのはコンビどっちもはどうなんだって話ですよね。さまぁ~ずとバナナマンですのでレベルは経歴知名度影響力などは十分なんですが、やっぱりコンビって当たり前ですけど好みが似てるわけで、好きな傾向も似てるんで審査が偏るんですよね。ですので、正直さまぁ~ずから1人、バナナマンから一人残すのも案として絶対あったとは思うし(もし残すなら大竹さんと設楽さんかな)、それもアリだと思うんですが、それはそれでどうなんだって話で…。で結局全面リニューアルという事になったと思うんですよね。あくまで予想ですが。

でも結果的に松本、飯塚、小峠、秋山、山内という面々だったわけです。結果的に(?)安定感のあるメンバーだと思います。文句を言う人は少ないんじゃないですかね。

審査員に関してはとりあえず以上で感想を。

感想

まず大前提的な話から。

去年のKOCのレベルは正直全体的にちょっと低かったんですよ。コロナ禍という事も影響あって(去年の方がみんなコロナを恐れていたし対応も厳しかった)。

なので今年もまだコロナ禍ではあるんですが、国民全体が「コロナのある生活」に慣れてきたわけで(良い意味でも悪い意味でも)、そういう部分も多少影響ある気がしました。

でも予選の段階でジャンポケさんがコロナ感染でリタイアするという悲しい事もありましたし、影響はもちろんあるんですけど。

で、そんな中での開催だったわけで。どうなるかと思ってたんですが、今年は去年の反動なのかレベル高かったです。全体的に面白くて。

今年から即席コンビもOKとなり(よくわからないですけど、M-1でのおいでやすこがさんとかの活躍の影響も少なからずあるんですかね)、エントリー数も増えました。そりゃ参加数が増えれば、母数が増えれば、それだけ競争が激しくなり、最終的に残れるコントのレベルも上がるのが当然です。それが今年のレベルの高さに繋がったという事ですね。

そして、今年の決勝組は

蛙亭
ジェラードン
男性ブランコ
うるとらブギーズ
ニッポンの社長
そいつどいつ
ニューヨーク
ザ・マミィ
空気階段
マヂカルラブリー

この決勝組の面々が揃った時は実力派が揃ったなって印象でした。ほとんど知ってましたし。

蛙亭

面白かったですね。設定も斬新な感じで、ストーリー性もあって、展開としてはそこまで意外性は無かったですけど、そもそもの舞台設定が斬新なので十分だと思うし。掴みも良かったし、トップバッターは非常に難しい中アレだけ堂々といいネタをかませたのは凄いと思う。強いて言うならやはり少し意外性を生む展開とかあってさらに爆笑ポイントがあったらもっと凄かったかもしれない。あとホムンクルスにもっとギャップあるくせ強いキャラ性を加えてればもっと素晴らしかったかも。だけど正直コレと言って大きな駄目ポイントの無い、安定感ある面白いネタだったと思います。

ジェラードン

面白かったです。青春学園モノみたいな設定は定番で、気持ち悪いやつがキラキラ・ラブコメ風キャラみたいギャップ狙いの面白さってのはそこまで斬新さは無いんですけど、それがあまり余る、キャラの濃さがあって、素晴らしかったですね。 ツッコミは飯塚さんみたいな雰囲気を少し感じたかな。でもすごく上手でした。やっぱりコントはキャラの濃さがあればストーリーとか設定を超えて面白さを出すっていう良い手本となるネタだったと思います。すごく良かったです。

男性ブランコ
初見だったんですけど、ファンになりました。なんか好きでしたね。雰囲気というか。空気感というか。まず清楚そうな女性が来たなと思わせて、酒ヤケした新世界のおっちゃんみたいなゴリゴリの関西人が出てきた掴みはすごく良かった。ある意味ジェラードンも「見た目と中身のギャップ」での面白さの笑いでしたが、男性ブランコもある意味でそういうギャップのあるキャラの面白さ、途中挟むモノローグの転換が良い味出してました。ジェラードンより面白いというか良いなって思ったのは設定があまり無い設定であったり、モノローグシーンが有ることの緩急とか細かい部分で少し上な感じですね。それと男性側のキャラもモノローグで「なんだこいつ!見た目と違って気持ち悪い」みたいなテンプレなツッコミというか展開じゃなくて、なぜか男性側も高感度がMAXな感じが意外性あってよかった。

うるとらブギーズ
初出場からもうファンで頑張ってほしいと思ってたんですが、去年のネタが正直イマイチだったんで、今年は頑張ってほしいと思って、実際見て、すごく面白かったです。モーガン・フリーマンのくだりとかめっちゃ好きでした。設定はそこまで斬新とかではないですけど、全然悪くないし。館内放送も頑張って笑いを堪えてするみたいな声の震えみたいなものもちゃんと表現しててよかったし。でもやはり展開に意外性とかが無かったのが少しのっぺりしてたかな。面白かったけど、最終に残った組に比べれば少し地味で爆発性とか勢いとかは無かったかなと思ってしまいますね。設定上ツッコミとボケとかじゃなくて状況笑いみたいな感じなのも少し地味な事に繋がってたのかも

ニッポンの社長
これまた面白かった。ただやっぱり掴みというか最初のひと笑いまで間が長すぎた。最初どういう部分で笑いとるんだ?って心配になりましたし。もちろんその前フリの長さゆえの最初の笑いのインパクトもあるんですけど。でもそこから「ああなるほどこういうパターンか」って分かってからは面白かった。オチも悪くなかったし。ボールが当たってる部分がボールは見えないのに見えてしまうのも凄いと思いました。パントマイムの領域ですよね。あと隣の打席でもなぜかボールに当たるおっちゃんってのも意外性もあってよかったし。やっぱ最初のひと笑いまでが長いのだけ気になりました。松ちゃんも言ってましたけどテンポが少し緩かったかなと。でも十分面白かった。おっちゃんがボケ役ではあるんですけど、野球部男子の方のツッコミも特徴が薄かったかな。

そいつどいつ
設定とか雰囲気・展開はありがちなんですけど、会話での面白さとかちょっとホラー要素を入れてくる感じが良かったですね。最後の首が浮くような派手な演出も良かったです。あと溢れたワインを拭くあの貞子的なアクションも凄い好きでした。包丁研ぐくだりも好きでした。最後も「ホントにホラーだった」では無くて、いわゆるドッキリでしたってオチも「うわ怖ぁ~」ってゾッとするようなオチじゃなくてよかった。でもやっぱりストーリーの意外性や爆発性は少し弱かったかなと。

ニューヨーク
どうしても去年と比べてしまいますが、うーん…。いかにもニューヨークらしいコントなんですけど、確かに松ちゃんも言ってましたけど、ちょっと漫才寄りだったかもしれない。まぁ別に漫才コントみたいなのはサンドウィッチマンのような前例もあるし、全然いいですけど、展開も設定も地味ですかね。キャラも濃そうで濃くない…みたいな。「おっけいですっ!」の感じとか結構好きではあるんですけど。普通に漫才的な「ボケてツッコミ」「ボケてツッコミ」みたいな感じが少し…気になりました。映像と音楽全然違う!みたいなくだりは好きでした。でもやっぱりなんかこう…普通というか普通に面白いんだけど、普通の枠をはみ出さないというか。もっと意外性や狂気とかキャラの濃さとかそういう部分が足らなかったかな。いや悪くはないんだけど。あと余談ですが、採点後のトークがイマイチ気に入らなかった。半分ボケで言ってるけど、半分マジで言ってる感じがあって…。せめて片方が言って片方が突っ込めはボケとツッコミで成立するけど、コンビ揃って言うのはちょっと…。しょうがないから浜田さんがつっこんでましたけど、本来は相方が突っ込まないと。

ザ・マミィ
良かったですね。設定とかもなかなかありそうで無いし、いかにもボケっぽいキャラの濃いおっちゃんがむしろツッコミ役って感じなのも良い。だけど、でもボケも濃いからそれだけでも、面白さがあるし、ちょっとハートフルな感じもあって良いし。最後いきなりミュージカル風の展開も意外性があって良い。転換があることで起承転結も上手くいってる。ミュージカル自体をネタの主題にする笑いの主軸にするってのは他にもあるけど、あくまでオチへの転換に使うっていうワンポイントで使うってのが丁度いい。余談ですけど、ザ・マミィさんってまだ結成4年って意外でした。今回最年少ってもの。もうアメトークとかゴッドタンとか出てるし、もっとキャリアあるのかと思ってた。

空気階段
元々優勝候補だったと思います。そしてこの1つ目のネタはホント素晴らしかったな。個人的にチョコプラの誘拐ネタ(?)に迫るぐらい好きでした。近年のキングオブコントで一番好きなネタに迫るぐらいの面白さ(あくまで自分の中で)って印象。登場人物二人がボケツッコミとかの形じゃなくて、Wボケみたいな感じなのもなかなか無いし、意外性もたくさんあって、場面転換もあって、ストーリーも壮大。ほんと「まだ続くのか!」みたいなぐらい転換していくのが凄かった。SMクラブに行ってる二人が消防士と警官って設定も良いし、それ故のボケというか本来緊張感ある場面設定なのに、あんな二人というギャップも良い。ある意味でこれも緊張の緩和の一種なのかなぁ。途中のパンスト引っ張るくだりも良いし。空気階段のネタってもぐらさんの濃いキャラと中心にするネタってイメージなので、このネタはそういうわけでもなく、逆に空気階段らしくないのが良かったのかもしれないですね。勢いも意外性もストーリー展開も設定も、オチへの持っていき方もすべてにおいて良くて、言うことなしなネタですね。凄いいいネタばかりの中でさらにミルクボーイが出てきた時みたいな空気感ありましたね。「あ、優勝じゃねコレ?」みたいな。

マヂカルラブリー

ネタとしては絶対面白いんだけど、やっぱりM-1の優勝ネタと被るアクション性があるのもおそらく見てた全員が気になる所だったと思う。どうしても思ってしまうよねアレは。そういうの抜きにすればめちゃくちゃ面白いんだけど…。あとこっくりさんに完全になって、指先だけで演技するのが凄いな面白いなって感じでそこまでは良かったんですけど、そこから最後尻すぼみな感じになる感じでネタが終わるのもちょっと残念。設定とかはそこまで斬新性は無いかな。ストーリー展開も意外性は無かったな。面白かったけど…。M-1の電車ネタが無ければまた全然違う印象だったかもしれない。でもどっちにせよ。最後まで残る程の爆発性は無かったかもしれない。

はい。で決勝1stステージ結果は1位空気階段、2位ザ・マミィ、3位男性ブランコ、以下略。

でファイナルステージですが、どのコンビも1stステージよりもネタは弱かったです。やはり1stの方が強いネタを持ってくるのは定石ですからね。つってもどのコンビも明らかに落ちるネタも無かったですけどね。過去のロッチとかチョコプラみたいな感じは今年は無かったです。

正直蛙亭、ジェラードン、ニッポンの社長辺りは去年なら最終に十分残れるぐらいの面白さあったと思うんですけど、今年はレベルが高かったですからしょうがないですね。

まず男性ブランコ、良かったです。最初のネタのキャラ性と全く違うキャラで、こういう方向も出来るのかって幅の広さに驚きました。途中の「実は昔の友達だった」みたいな意外性も良かったですし、キャラの濃さも良かった。唯一爆発性みたいなものや緩急とかまでは無かった。でも安定感ある良いネタでした。去年だったら1つ目のネタも含めたら優勝レベルだとは思います。

ザ・マミィは1つ目のネタが良すぎてそれに比べちゃうとかなり落ちますね。「なんちゃって~」みたいな空気感がちょっとイマイチ。1stのネタのような意外性のある展開も無かったし。ほぼ全部「ドラマぁ~」に持っていくのがなぁ…。もしこれが1stだったらファイナリストには絶対残れてませんもんね。設定も上司(社長)と部下とかも普通だし。1st素晴らしかっただけに、こっちは明らかに落ちるのでそれが残念でした。

最後は空気階段。ファイナルのネタは空気階段らしいネタですね。如何にも空気階段。もぐらさんの濃いキャラで、ぐいっと持っていく感じ。でもやっぱりめちゃくちゃキャラが濃いんで、面白いんで、十分ですね。設定も斬新というかクセ強いんで印象にも残りやすい。話の展開ももぐらさんがずっとキャラに乗った奇怪なキャラと思わせて、普通の人っぽい素の所が出てくる感じとがコンセプト喫茶の設定と合っててよかったです。ちゃんと王道のボケとツッコミのスタイルってのも空気階段の一番十八番の設定でしょう。多分。流石に1stのような勢いとか爆発性は無いものの、ファイナル3ネタの中でもやはり一番かな。これは優勝は文句なしだったのではないでしょうか。誰もが1stファイナル含め「優勝」と思う…そんな2ネタでした。

はい。そして優勝はもちろん空気階段でした。優勝候補が優勝したって感じですね。でも逆に笑い飯とか和牛みたいな感じよりか(笑い飯は最終的にタイトル取りましたが)、やっぱりここで空気階段は優勝すべきだったとさえ思えます。

審査員もよかったですし、審査自体も良かったと思うし、大会自体のレベルも高くて、どのネタも面白くて言うことなしでした。良かったですよねKOC2021。うん。賞レースは毎年M-1がダントツで面白かったんですが、今回は肉迫するんじゃってぐらい面白かったと思う。全体的なレベルの高さは番組そのものの面白さでもありますからね。来年もこのぐらいのクオリティを期待したいところです。

男性ブランコは初見でしたが、好きになりましたし、いつか優勝してほしい。1stで3位以下だった組も面白かったですからね。来年以降も期待に繋がる…そんな良い大会でした。おそらくTVで見ていたライバル達も、今回のレベルの高いネタを見て「負けてられねぇ」って奮起すると思いますし。

みなさんはどう感じましたかね。コメントもお待ちしております。

はい。

あ、あと年末のM-1も期待ですね。なんせ笑ってはいけない無いからM-1には頑張ってもらわないと。

ではまた。

以上。

関連記事:

8月 18

雨上がり決死隊解散が2021 8月17日に発表されました。

以下はよしもと公式のアメトーク形式の解散発表の動画です。<追記>動画はもう現在見れないようです。どっかでは見れるとは思いますが。

17日の午前に発表があって、びっくりしましたね。時期的にも何かってわけでもなく結構突然だったので。

もう自分も色々な気持ちはね。上の動画のゲストとかとほぼ同じなんです。

今も信じられないなーな感じ。

あのアメトークの感じも違和感も無く、変なシガラミが無いなら、もう今週からでも雨上がりの二人がアメトーークすればいいじゃないかと思ってしまうほどです。なんの違和感も無い。むしろホトちゃん一人でやってるアメトーークの方が違和感あるぐらいな感じです。

正直仮にアンジャッシュ解散とかなら「ふーんそうか」程度で、もちろん記事とかにもしないんですけど、やはり自分はアメトーークももちろんですし、雨上がり決死隊の二人を十代の頃からずっとTVで見てきたので、やはり色々と感慨深いというか、うん。まーとにかく残念ですよね。残念です。

正直ゲスト勢も言ってましたが、いつかは…時間かかっても宮迫さんが復活してくれないかな?と思っていました。私自身もそう思ってました。ただ蛍原さんも色々と思い悩んで辛かっただろうし、これで少しスッキリとしてまた仕事に臨んでくれればとは思います。もちろん宮迫さんもですが。

私は芸能ゴシップとかにはそこまで興味がなくて、いやむしろ変なシガラミまで知りたくないなって気持ちもあるので、信憑性がはっきりしないなにかしらの情報は出来るだけ入れないようにはしてるんですけど、それでもまぁ入ってきた情報的には宮迫さんがyoutubeでまず成功して、大人気youtuberになったってのと、それに伴い宮迫さん自身は上の動画でも言ってますが、今でもTV復帰の道は諦めてないと再三言ってるんですが、いかんせんよしもととの折り合いはまったくつかずという感じで、youtubeで成功したのは本人的には家族も居ますし、金銭面とかの意味でも良かった事かもしれませんが、結果的にTV復帰に関しては遠ざかる結果になった…という感じですよね。

ロンブー亮さんが比較事例的にはわかりやすくて、なかなか現在も完全復帰には遠いものの、一応TVに出れたり出来てるのは、宮迫さんとは違うアプローチをした結果ですし、宮迫さんは現在のような選択をした事でTV復帰は遠のき、雨上がりも解散という結果に至るわけです。

難しいですよね。狩野英孝さんも言ってましたが、どちらの気持ちも分かるので。宮迫さんの選択が間違っているかというと間違いではないんですけど、いかんせんTV復帰ないし雨上がり決死隊の復活という面では結果的に実現を遠ざけた結果になったわけです。

まーほんと個人的には残念ですよ。アメトーークは好きな番組ですし、また雨上がりの二人のMCでやってほしかった。いやこれは鉄腕ダッシュの山口君の事とも通づる事だけど…。ただただ残念。youtuber宮迫が好きというファン層もいまや多いですし、勝手な気持ちにはなりますけど、個人的にはyoutubeよりTVでの宮迫さんを見たかった。もっとTVでの復活をひとえに目指して欲しかった。

雨上がり決死隊はまだアメトーークも始まる前からガキの使いに準レギュラーとまではいきませんが、ゲスト枠では登場回数が多かったと思います。新年会も呼ばれてた事でもわかります。ガキのゲスト枠でもかなり重要な位置だったのは間違いないでしょう。

もちろんその後もアメトーーク含め雨上がり決死隊が売れてからも元天素チームとの大喜利対決企画を始め、笑ってはいけない等ガキとの繋がりもかなり深いコンビなので、ガキの使いのファンとしても雨上がり決死隊解散というのは残念だなと思いますね。

上記動画のフジモンさんが私の気持ちをほぼ代弁してくれてるんで。もうこれ以上深くアレコレも言う事もないです。

ただただ残念です。ひたすらに残念。

自分が雨上がり決死隊解散について少し思うことでした。

はい。

以上。

関連記事:

Copyright© 2010 Revolve Gear, All Rights Reserved.
preload preload preload