8月 20

いやはやびっくりしました。

こんな最低な店に出会うとは…

以前からそのラーメン屋通るたびに「客全然いねーな」と思っててね。でも今半額セールをしてるっていうんでね。話のタネにはなるかなと思い、一緒にいった人が「行ってみよう」って言うんでね。行ってみたんです。ためしに。

新潟の秋葉区にある博多・長浜麺 「碇や」という店で今日昼飯くったんですが、味云々かんぬんのまえに客対応が最悪でちょっと悪い意味で衝撃だったので思わず書いてる次第です。

まず店内に入ると、、、

「いらっしゃいませ何名さまですかっ!?」

文字にすれば普通ですかものすごいつっけんどんな言い方なので驚いた。「怒ってんの?」と言いたくなるぐらいな口調なのだ。笑顔も無いし。まずそれで度肝にぬかされた。

見た感じ、夫婦でやってるようで、親父のほうがラーメン作って、奥さんのおばちゃんの方が注文取りしてる感じなんですが、その奥さんの喋りが終始怒り口調でプラス声がデカい。そいでなにか店内は変な殺伐としたい嫌ぁ~な空気が流れてる。

そして座って、頼む。

ラーメンが来るまでの間、自分たちが入る前に入ってたお客が一人いたんですが、店を出るとき、「ごちそうさんでした」と言うと、、

「………………….」

無言

ありがとうございましたの一言も無いのだ。親父もおばちゃんも。

本当に客商売する気あんのか?

んでラーメンが来て、そのラーメン自体はまぁ普通なのよ、値段ちょっと高めだけど、半額だし、まぁいっかと。味も不味くはないのよ。そんなすごいおいしいというわけでもないけど。

それで食ってると、自分は雰囲気見たくなくて、厨房のほう見てなかったんだけ、一緒に入ったツレが見てたらしいんだけど、なんかおばちゃんのほうが、なにか(調味料かなにかは不明)を、厨房をうろうろしながらつまみぐいしてるらしいのです、しかも指しゃぶりしながら。目の前に客がいるのに。

しかも仕方が、例えると、JOJOの吉良吉影が手をぺちゃぺちゃ舐めるシーンがありますが、あんな感じで気色悪い感じでぺちゃぺちゃと何回も口をもぐもぐしている。もちろん手を洗うわけでもなく。その手で注文取ったり、ラーメン運んでくるわけですよ。気持ち悪いを超えてる。

店の親父もラーメン作ったら、することが無いのか、厨房に腰掛けてるんですよね。座ってるわけじゃないですけど、台かなにかに体重をかけて腰掛けて腕組みしてる。

さすがに、自分もけっこう大きな声で

「ごちそうさんでした」

っていうと、小さな声で

「ありがとうございました」

って声がありましたがね。終始驚かされました。客商売やる気あんのか?といいたくなるほど。

まぁこれでいつも客がいない理由がわかりました。簡単にリピーターがいないのだ。味のまえに客対応が最悪で、だれもまた来ようとは思わないのだ。

とにかくいろんな意味で衝撃でした。こんな店なかなか逆にお目にかかれないですよ。

もちろん個人的な感想ですが。

もちろん自分は一生二度とはこの店に入ることは無いでしょう。

以上。

ページトップに戻る↑

関連記事:

2 Responses to “最悪な店に出会いました。新潟の「博多・長浜麺 碇や」”

  1. やな より:

    お怒りですな。今度は美味しい店にあたるといいね

  2. 高岡 匠 より:

    >やなさん

    お疲れさまです。

    怒ってはいないですけどね。びっくりしましてねww
    話のネタになったんでいいです。

    「良い店」「おいしい店」っていうのは、”味”だけじゃないってことがよくわかりましたね。

コメントお願いいたします(承認制ですぐには表示されません)

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Copyright© 2010 Revolve Gear, All Rights Reserved.
preload preload preload