3月 31

自殺。所謂社会問題になってたりしますよね。
どこかで聞いた話では
1年間に自殺で死ぬ人間の数は
戦争時の1年間の戦死者をも超える
とか。

そんな自殺について私の思いを
綴っておきます。

自分は自殺したいなぁと思った時は多々あります。

誰でも一度ぐらいはあるんでは?

でも実際には絶対に自殺はしません。
痛そうですし、なにより私をこれまで
必死に育ててくれた親に顔向け(?)できません。

水木しげるさんをご存知ですか?
あの方は辛い戦争をじかに味わっているお方なんですけど
Wikipediaにこんなコメントの一文がありました。

「近年自殺者が増えていることに対してどう思うか」との問いには
「彼らは死ぬのが幸せなのだから死なせてやればいい。
どうして止めるんですか。
彼ら(軍人達)は生きたくても生きられなかったんです。」
と答えた」

とありましてね。
これは重いお言葉だなといたく感銘をうけました。

本当この言葉通りだと思うんですよ。
死ぬのが幸せなら死なせてあげればいいと思う。

よくドラマなんかお話の中で
「今辛くても生きていればきっと良い事がある」
って言うんですけど、
それって確証まったくないですよね。
無責任極まりないと思います。

その発言した人間がその言った人を一生養って、
幸せにするならまだわかりますけど、
そうでないなら、ちょっと投げやりすぎます。
きれいごとだと思います。

ある哲学的なお話ですが、
「生きている」というのが本当の意味での苦行。
という考え方がありますよね。
死んで「無」こそが本当の極楽で幸せという。
つまり今生きているこの世界が地獄。
死んだらそれ自体が天国という。

まぁ一つのどうでもいい小話みたいな
もんですが、あながち間違いではないかもしれません。

人間全てが同時に死滅すれば、動物達や植物や地球は
泣いて喜ぶに違いない。

つまり人間は生きているだけで、いろんなものに
迷惑をかけ続ける生き物ということ。

そういうこともあって自殺するというのもは
「それを望んで、それが至上の幸せ」と判断するならば

私は止めない。

水木さんじゃないけど
生きたくても生きられない人だって山ほどいる。
病気や事故や状況でね。

死ねる選択をできるという事自体私にとっては
最高の、至極の幸せなのでは?と考える。

これは深い問題なのでその内自分の考えは変わるかも
しれませんが。今の所上記のように考えています。

自殺は「しろ!」とも「するな!」とも言いません。

今の所私は99.9999999999%自殺しません。
というかできません。

だって今の所生きている方が幸せだしね。

以上。

関連記事:

コメントお願いいたします(承認制ですぐには表示されません)

Copyright© 2010 Revolve Gear, All Rights Reserved.
preload preload preload