1月 25

うーん。
風邪ひいてしまいました…
明日までに治りますように
パブロンゴールド頼むぞ!

前置きはさておき
「デトロイト・メタル・シティ」見ました。

実写映画版感想としてまぁまぁでしょうか

地上波テレビでやるってんで
前から軽く見たかったので見ました。

漫画もまだ読んでないのですが
多分漫画の方が断然おもしろそうですね。

それにしても
なぜ主人公はデスメタルのバンドを
組むことになったんでしょう?

その辺はまったく触れられていませんでしたね。

メンバーもなぜあのメンバーが集まったのか…
昔からの知り合いというわけでもないみたいですし

まちがってデスメタルのレーベルオーディションを
受けちゃった..って所はわかるんですけど
まずそのオーディションでなにがおこったのか..

だって元々のキャラの人格で
「甘い恋人」っぽい曲披露したら
絶対受からないでしょう?

その辺気になります。

なにをやらかしたんでしょうか(笑

このDMCは漫画の設定が既におもしろい。
というか実写化するなら
映画よりドラマの方が合っていたのでは?
でも言葉の壁があるか(笑

でもたぶん漫画ではウケるくだりも
映像化するとイマイチおもしろさに欠ける
部分も多々ある感じでした。

話は少し飛びますが
私フォルゴーレの友人に
デスメタルをやってるやつが
一人いるんですが、
話を聞くとデスメタルというものも
メタルの細分化された
一つのジャンルであるにも関わらず、
さらに細かい分野があるらしいんですよね。

ボーカルのまったくないものとか、うなり声的な感じだったり、
デジタル主体だったり、サンプリングされた声とか効果音だったり…

詳しくは分かりませんがね。

そいつのライブも見たときあるんですが
笑かしたいのか、大真面目なのか
微妙な線だったりするらしいですね。

実際そいつに聞くと
マジなやつは本当にイカレてて、本当に犯罪的な
危ない人達もいる一方。

音楽的にすごい崇高で、良い音楽作ってる人達も居れば

ただ笑ける、ウケるのを前提に曲作ったり、演出したり
という人達もいる…

極めていくと、いろんなものが表裏一体なのでしょうか?

なんでデスメタルを好きなの?やってるの?と聞くと
こんなこと言ってました。うろ覚えですがね
「最初はハードロック(ディープパープル等)から入ったけど、
だんだん”より激しく””より過激に”となっていったら、
いつのまにかデスメタルに行き着いた..」
的な事を言ってましたね。

なるほどなぁと思いました。

話は戻るがDMCの漫画に興味が出てきました。
今度気が向いたら読んでみようと思います。

それにしても松山ケンイチさんはうまい俳優さんですよね。
好き嫌い別れるらしいですが、私は好き。
あれ?小雪とウワサがあるんでしたっけ?
あまりそういう関係は疎いのでわかりませんが
本当ならなかなかお似合いな気はします。

以上。


↓ランキング参加中

にほんブログ村 その他日記ブログへ
ポチッと応援おねがいします!

関連記事:

コメントお願いいたします(承認制ですぐには表示されません)

Copyright© 2010 Revolve Gear, All Rights Reserved.
preload preload preload