4月 27

本当の意味での暇ってなんだろう?
私は生まれてこの方暇を持て余したなんて記憶にありません。

他の人に
「テレビもほとんど見ません、ゲームもしません、
友達ともあまり遊ばないし、ショッピングも特にしません」
とかいうと

「じゃあ休日なにしてんの?」とかいわれるんですけど。
一度も「暇」を感じた事はないですね。

確かに電車に乗り遅れて1時間待ち合い室にまってたり、友達の家に来てみたけど特にすることが無く「暇」とか、なにもできないなって状況は確かに「暇」だったけども。そういうことでなくて。

例えば休みの日なんかになにもすることがなくて「暇」…とか。
平日仕事帰って「暇」だからテレビ見る…とか。

そんなのはまったく無いです。
まさに「あれもしたい!これもしたい!もっとしたい!もっともっとしたい〜♪」ですよ。

私はやりたいことでものすごーーくいっぱいありすぎるぐらいなので「暇」というものを味わった経験が無い。
無趣味の人は自分から見れば人生を損していると断言できる。別にどんなことでもいいとおもいます。夢中になれるのであれば。それのことで頭がいっぱいで、したくてしたくてうずうずするあの感覚。

私の場合他の人よりそれが多いと思う。
本業のデザインはもちろんのこと、

たくさん本が読みたい(今であれば村上春樹が読みたい)
音楽を作りたい(カバーはもちろん、オリジナルも)
模型がつくりたい(マシーネンをね)
プログラミングを覚えたい(javascript、PHP、とか)
HTML,CSSをもっと使いこなせるようになりたい(もっと応用とか)
ダイエットしたい(このままだと病気になりそう)
ドキュメンタリーが見たい
映画が見たい
たくさんの曲を聞きたい
YOUTUBEの動画が見たい
たくさん漫画が読みたい
料理を覚えたい

数え上げたらキリが無い。
そのいくつかはできないこともあるけども上記にあげたようなことを「次はなにするべや〜」といつも心躍っている。だから休日やプライベートな時間がないとストレスが溜まるわけです。(体力も続かないけど)

「暇」そんなものがある人は不幸せというか人生損しているとしか言えない。

しかもできるだけ意味のある事がモアベター。

やりたいことができるって最高の幸せじゃないですか。
それが人生においてプラスになるなら尚更。

自分はそう確信しています。

以上。

ページトップに戻る↑

関連記事:

コメントお願いいたします(承認制ですぐには表示されません)

Copyright© 2010 Revolve Gear, All Rights Reserved.
preload preload preload