12月 23

M-1グランプリのイチ個人の感想です。

M-1の感想を書くと「クソ野郎が偉そうに評価すんな」的な事言われたりするんで、先に言っときますと、素人の独り言程度の感想ですんで、見当外れだと思っても、日本の田舎に住む一人の素人の戯言だなぐらいに思って流して頂けるとありがたいです。

ちなみに去年の感想
2018M-1グランプリ 感想

1番手ニューヨーク
1番手は非常に難しいですよね。ニューヨークの漫才は正統派で評価が高いって有名というかなんというかですけど、残念感ありましたね。爆発力も無いし、スタートの掛かり方も遅くて、ジャルジャルのような奇抜さや斬新さがあるわけでもない。

ニューヨークの評価で松本さんの「ツッコミがにこやかなのがあまり好きではない」と評価してましたが、これも人によって色々あるとは思いますが、私も同感ですね。私も好きなコンビの好きなネタを思い返しても、にこやかな感じのツッコミで面白いと強く思ったのはほぼ無いかなと思う。計算されたモノならいいんですけどね。

2番手かまいたち
安定感。安心して見ていられるという感じ。でもそれこそ松ちゃんのガキでのフリートークで自分で言った事をシレッと「そんなん言ってへんし!怖っ!」って言い続けるくだりを思い出しましたね。切り口も悪くないし、それでいて正統派な感じも併せ持ってましたよね。

3番手、敗者復活から和牛。
流石。あのパターンからのググッと面白くエンジンがかかっていく感じ。ただ和牛のネタにしてはもう1つ2つ爆発力があればなぁと思いましたかね。特に前半からグッと行ってたらなぁという感じ。

4番手 すゑひろがりず
初見。色んな意味で本人達含め変わりネタ。なんかR-1ネタを二人でやってるかのような雰囲気に感じましたかね。レッドカーペットだったら人気が出そうな感じ。これは好き嫌い分かれるんじゃないかなーと思います。私はこういう方向性はイマイチ好きになれないです。いや全然おもしろくないとかじゃなくて、面白いくだりもそれなりにはあったんですけどね。かまいたち、和牛の後なんでそれと比べちゃうね。少なくともニューヨークよりかは良かったと感じました。点数も妥当かなと(私は審査員の方たちと全然点数違う時もしばしばあります)ただ、独特なこの能の感じは色んな所で需要がありそう。

5番手からし蓮根
初見です。設定、展開、ボケ、ツッコミ共に正統派路線でありベタ。いやベタ自体は別に全く悪くないんだけどね。少しひとつひとつが小さく収まってる感じでこじんまりしてた印象。最後の轢かれるオチというかあのくだりは良かったんですけどね。全体的に平均点以上を醸し出しながらも、爆発力は無かった感じ。もう少しクセというかなんかネチッこさとか捻った感じが出てくると凄くなる気がしますね。

6番手見取り図
最近はちょこちょこ見かける見取り図。ツッコミのワードのチョイスが攻めてますよね。一部に全くわからないような例え方をかなり連発してて攻めてるなぁと。このワードチョイスのセンスをプラスに取るかマイナスに取るかで評価が変わるんじゃないですかね。でも例えツッコミを言い合う感じはありそうで無いし、少なくとも去年より全然良かったし、テンションも最初から最後まで良かったと思いますね。ただね。全部見て「すっげー面白かったー」っという感じまでは行かないですね。本当に優勝レベルの良い漫才は見た時のファーストインパクトももちろんですけど、余韻とかそういうのも凄いんで。

7番手ミルクボーイ
初見。漫才始まってから最初の笑いまでのスパンが長いかなぁ…という最初の印象。そこまでは不安でしたが、でもその後のガンガンエンジンが掛かっていって爆発力が上がっていく感じはここまでで最高。ツッコミの人の声やテンションは良いですね。コーンフレークというニッチな部分をねちっこく攻めていく感じ良いです。コーンフレークを上げたり下げたりという展開素晴らしい。タカトシの欧米か!等に代表されるしツッコミでてんどんのようにくりかえし続ける面白さとか、あとチュートリアルのチリンチリンネタ等にも通じる「そこをしつこく攻めて展開させていくか!?」という部分が凄く良いですね。これはいい点数なのも全員納得だと思います。

8番手オズワルド。
初見。ここまでの漫才の中では間とか空気感がしっかりじっくり感ありましね。スリムクラブのようなレベルまではいかないけど、おぎやはぎとかの漫才のような一歩引いた感じの雰囲気があって、好きな人は好きだろうな。ネタ自体も悪くないと思いました。ただやっぱりミルクボーイの後だと流石に霞んでしまったかも。

9番手インディアンス
初見。ボケの雰囲気がM-1のザキヤマさんを感じる。陽気でハイテンションなボケ。ある意味でテンションだけでいったらミルクボーイの真逆の感じ。でもそのアンタッチャブルの一番ノリにノッてた時のネタと比べちゃうと落ちるかなぁ。まぁあっちは優勝してるしね。あれと比べちゃって話しですよね。今回の出場者で比べても、最初から最後までコンスタンスに笑いを取っていて良かったです。審査員の評価はそれほど高く無かったですけど、もう少し良くても良いんじゃないかなぁという感じはしました。でも塙さんの言う平和的過ぎるというのも少し分かるかなぁ…。確かにもう少し変化球的な意外な部分が起承転結の転であれば良かったんですけどね。

10番手ぺこぱ
初見かと思いましたが、どっかで見たような気がする。おもしろ荘だと思います。独特な漫才をするコンビ。ツッコミボケ的なスタイル。これもすゑひろがりずと同じように少し変わり種というかね。正統派とはかけ離れているんですけど、あのツッコミ面白いです。テンプレなツッコミしそうにしながらの「ハズシ」をする感じ良いですよね。キャラ的な面白さも加味しなきゃと思うと評価が難しい所ですが、後半展開を少し変えてきたり、ネタそのものの緩急の付け方もしっかりしてるんで、キャラに目がいっちゃいそうなんですけど、ネタ自体のクオリティも高いんですよね。少し自虐も加えたり小技もあったり。確かに和牛を少し上回った感あった。

ファーストラウンド、1位ミルクボーイ、2位かまいたち、3位ぺこぱ。

ファイナルラウンド
1番手ぺこぱ
いや-結構ファイナルの方になってネタのクオリティが明らかに落ちる事は多々あるんですけど、同等が若干上がったかもという位のクオリティでした。

2番手かまいたち
これまた流石という感じでしたね。また安定感を感じました。全然違うのに一つ目のネタと共通性を感じるネタでしたね。

3番手ミルクボーイ
1個目のネタをそのままのパターン・設定を踏襲してるタイプですね。これも人よって好き嫌い評価が分かれるかもしれない。私は面白ければ問題ないと思いますが、パターンや展開も分かってるんで、1回目のようなインパクトまではいかないけども、逆に「ここでこう来る」という期待して期待通り来るのが気持ちよかったりするんでね。ただ最中よりももう若干ニッチなものをテーマにしたら私はもっと良かったかなぁと思いましたね。「そこピックアップする!?」みたいな感じを。

いやーでも3組見ても大きな差は無いと思いました。

でも最初の方のネタもファイナルのネタも全部含めてのぉで、優勝が誰かって話しになるんで、最後の3組は本当間違いなくベスト3だと思いますが、やっぱり全部含めて考えるとミルクボーイかなと。ラストネタだけで考えるとまた微妙に評価変わるかもだと思いますが、総合的な優勝という意味でミルクボーイは全員納得なんじゃないですかね。

総括すると今年も良かった。ここ3年ぐらいは特にほんと面白くて、甲乙つけがたい感じですけど、今回は出場者全体のクオリティが良くて、平均点が高かったかぁという印象。これも毎年言ってるかもしれませんが、ずべてのお笑い賞レースで一番クオリティが間違いなく高いと思いますね。やっぱりM-1は面白い。

というわけでM-1見ると今年も年の瀬だなぁ感あって、そういう意味では嫌ですけどね。うーん…

でもやっぱり満足感は半端ないね。

以上。

関連記事:

12月 16

去年のこのおもしろVTR企画は年明けだったんですよね(過去記事一覧見て思い出した)

1/13 ガキの使い「2018年おもしろVTRベスト10」

今年はそれまでの例年通りで年末開催でしたね。今年で22回目。

まぁ総集編的な企画ではあるんですが、一応メンバーがVTR見ながらって感じなのでまだ企画らしさが少しある企画です。

あ、ピカさんとおばちゃんが居ましたね。というかこの企画と口パク企画もあるからっていうそういう意味で口パク企画にも参加してたんですね。2本撮りで。

今年のTOP10。

10位、2/24 ガキの使い「みんなで長渕剛を歌い切ろう~」感想
09位、8/11 ガキの使い「即興ミュージカル”シンデレラ”」感想
08位、3/31 ガキの使い「ガキ使プレミアムズ SP」感想
07位、5/12 ガキの使い「祝浜田雅功誕生日記念 ハイテンション・ザ・ベストテン 2019」感想
06位、3/10 ガキの使い「全乗っかりキャリーバッグ」感想
05位、3/17 ガキの使い「フレディさんと街ブラ」感想
04位、6/16 ガキの使い「好感度アゲアゲ謝罪会見~!!」感想
03位、
7/28 ガキの使い「ナダル・ヘイポーの男二人旅2 前編」感想
8/4 ガキの使い「ナダル・ヘイポーの男二人旅2 後編」感想
02位、 8/25 ガキの使い「どれが一番浜田か!?浜田写真発表会~!!」感想
01位、9/8 ガキの使い「祝56歳!松本吊り輪内村航平超えの回転技に挑戦」 感想

という感じでした。

うん。まぁこんなもんでしょう。

私個人の好きだった企画をピックアップすると

松本挑戦
好感度アゲアゲ謝罪会見
カルビーポテトチップスを食べ尽くせ
全乗っかりキャリーバッグ

辺りですかね。

中でもファイバリットを挙げるとやっぱり松本吊り輪挑戦ですかねー。月並みかもしれませんが。圧倒的でした。全てにおいて完璧で。次点で好感度アゲアゲ謝罪会見かなってところです。

今年全体的な印象は比較的安定感ある企画が多かったかなぁと思います。なのでショッぼいのも少ないけど、すごく良い新規企画も少ないという印象でした。

でも上記に挙げた企画はホント間違いなく面白かったんで、悪くはないんですけどね。

松本挑戦企画や全乗っかりキャリーバッグは昔の企画の復活・リバイバル・マイナーチェンジ系と考えると新規単体企画としての好感度アゲアゲ謝罪会見はそういう意味では価値の高い企画だと思いました。素晴らしいです。高橋Dも素晴らしかったです。

コンプライアンスやらTVにおける視聴者層の変化など目まぐるしく変化する情勢の中で、それに合わせた企画を打ち出すのは大変だとは思いますが、来年はもう少し攻めた企画も(失敗してもいいので)やってほしい所ですね。

はい。

次回はこれも年末定番の笑ってはいけないの記者会見の模様を交えた番宣回ですね。

次回は感想記事無いかなと思います。多分。会見の部分で面白い部分とかあったり、個人的になにか思う所があれば書くかもしれません。

というわけでまたー。

以上。

ガキの使い記事一覧はこちら
http://www.revolve-gear.com/blog/archives/196
ガキの使いの名セリフ・名言・迷言をつぶやき続けるツイッターbotはこちら>http://twitter.com/GAKIbot

ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!! (祝)ダウンタウン生誕50年記念DVD 永久保存版 (19)(罰)絶対に笑ってはいけない熱血教師24時 【初回限定版DVD BOX (本編ディスク4枚組+特典ディスク1枚/デジパック仕様)】ダウンタウンのガキの使いやあらへんで !! 2 松本一人ぼっちの廃旅館1泊2日の旅 ! [DVD]ダウンタウンのガキの使いやあらへんで !! 1 浜田チーム体育館で24時間鬼ごっこ ! [DVD]ダウンタウンのガキの使いやあらへんで !! 3 罰 + 松本チーム絶対笑ってはいけない温泉旅館の旅 ! 名作 & 傑作トーク集 [DVD]ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!! (祝)ダウンタウン結成30周年記念DVD 永久保存版 (18)(罰)絶対に笑ってはいけない空港(エアポート)24時  初回限定版(本編ディスク4枚組+特典ディスク1枚)

関連記事:

12月 09

先週の続きで後半戦。

結果から言うと過去の同企画シリーズと比べるとイマイチ感は拭えない結果となりました。

とりあえず、一人づつ軽く触れていきましょうか。

後半トップバッター山ちゃんで森高千里さん。んー…。良くやったというか悪くはないですけど、根本的な話しだけど、元ネタの人とイメージがかけ離れると「口パク感」が薄れるんですよね。これは山ちゃんだけに言える事じゃなくて全体的に言えるんですけど。性別超えるのはそれだけでハードル高いんですよ。なので山ちゃんの過去の口パクでは中島みゆきさんの口パクが最高中の最高だったんですけどあれはかなり「中島みゆき感」を醸し出してた故の面白さだったんですよ。口パクの前に見た目で(性別超えてるのに)既に完成度が非常に高かったんで。

他にも過去の面白かった口パクを思い返すと、口パクやパフォーマンス云々の前にもう見た目の完成度が高い…ってのが重要なんだって気づきます。でもこの口パク企画の選曲はおそらく本人達の希望も入ってるっぽくて(特に山ちゃんとかは絶対にそう)、挑戦者の元の容姿と、口パクカバー時の見た目のギャップが多い組み合わせが非常に多いんですよ。性別逆もすごく多いし。それが見ててすごく残念だなぁと個人的には思うんです。やっぱりまず元の容姿とカバーする人の容姿を近くするのが面白さに繋がると思います。

で、その話の流れで2番手の武蔵さんでトシちゃんもギャップありすぎ。ダンスとかは結構頑張ってたんですけど、元からかけ離れ過ぎていて口パク感が薄いので面白さに欠ける。歌後のトークも結構ぐだぐだ地獄。浜ちゃんの言う通り「地獄のカラミ」。しかも地獄の割にここの尺が結構長くてそういう意味でも地獄。

3番手田中さんで平原綾香さんのジュピター。後編でギリギリ「まだマシ」というかそれなりに面白かった。でも前回の氏神一番程の面白さでは全然無かったしね。

4番手、中村Pで美輪さんでヨイトマケの唄。中村さんにしてはクオリティがイマイチ。というか難し過ぎたんじゃないかな。口を合わすのがかなり難易度高かったですね。中村さんは大体毎回口パクそのもののクオリティが高いんですけど、今回はうーん…?という感じ。

5番手、ボビーでマツケンサンバ。これもギャップありすぎ。せめてマイケル・ジャクソンとかライオネル・リッチーとかその辺をチョイスしたほうが良かったんじゃないかなぁ。(浜田さんに「肌の色だけや!」って突っ込まれる画が見える)というかでもまぁボビーはこれまでのジローラモ枠という感じなんで口パクそのもののクオリティは求めてませんよ~的な感じなんだと思いますけど。それにしてもガキはボビー好きだよね。

ラストはピカデリーさんでスキャットマン・ジョン。これも前回のおばちゃんと同じ「懐かしいね枠」という感じですかね。いやー浜ちゃんの言う通り「ギリ生きてる」という感じというか。だってピカデリー梅田シリーズやってた時でさえヨボヨボでしたからね。あれからもう相当経ってますもんね。まぁテレビで見れた…キメ台詞サッツオールが見れたってのは嬉しかったんですけど…。うーん。

まとめと次回

前述した通り過去同企画と比べ最悪だったかもしれない。歌後のトークも全体的にイマイチ感あったし。遠藤森進一が見れなかったのも正直残念。やっぱり鉄板なんで…その鉄板を抜かれてる感じ。せめて一人ぐらいホームランがいればまだ良かったんですけどね。それもなし。

うーん……残念。残念でした。

はい。というわけで次回は年末定番のおもしろVTRベスト10ですね。もう今年はレギュラー回の普通の企画は今回で終わりですね。最後がイマイチで終わったのは少し残念です。

うーん…もう今年が終わりそうなんだった思うともう死にそうです。最近記憶力もミジンコ並しかないしホントヤバい。今年の体感2.3ヶ月。はぁ……。

ではまた次回~

以上。

ガキの使い記事一覧はこちら
http://www.revolve-gear.com/blog/archives/196
ガキの使いの名セリフ・名言・迷言をつぶやき続けるツイッターbotはこちら>http://twitter.com/GAKIbot

ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!! (祝)ダウンタウン生誕50年記念DVD 永久保存版 (19)(罰)絶対に笑ってはいけない熱血教師24時 【初回限定版DVD BOX (本編ディスク4枚組+特典ディスク1枚/デジパック仕様)】ダウンタウンのガキの使いやあらへんで !! 2 松本一人ぼっちの廃旅館1泊2日の旅 ! [DVD]ダウンタウンのガキの使いやあらへんで !! 1 浜田チーム体育館で24時間鬼ごっこ ! [DVD]ダウンタウンのガキの使いやあらへんで !! 3 罰 + 松本チーム絶対笑ってはいけない温泉旅館の旅 ! 名作 & 傑作トーク集 [DVD]ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!! (祝)ダウンタウン結成30周年記念DVD 永久保存版 (18)(罰)絶対に笑ってはいけない空港(エアポート)24時  初回限定版(本編ディスク4枚組+特典ディスク1枚)

関連記事:

Copyright© 2010 Revolve Gear, All Rights Reserved.
preload preload preload