9月 16

岸部四郎さんが亡くなったそうです。

タレントで俳優・岸部四郎さんが8月28日午前4時33分、拡張型心筋症による急性心不全のため、千葉県内の病院で死去していたことが分かった。71歳だった。近くに住む姉が駆けつけ、その後、俳優で兄の一徳(73)も駆け付けたというが、帰らぬ人となった。

数年前にネットの記事かなんかで写真を見た時激ヤセしていてビックリした覚えがあったので、体が心配だったんですけど、やはり良くなかったんでしょうね。近年はメディアでもほぼ全く見ることもありませんでした。

しかし岸部四郎さんというと、ガキファンとしては岸部四郎さんの落とし穴企画を思い出さずにはいられないです。顔デカおばちゃんの時と同様に、追悼の意味も込めてガキの使い感想記事の特別編として、今回は岸部四郎さんの落とし穴企画の事について語ろうと思います。

まず岸部四郎さんのガキでの初出は多分「全力疾走する芸能人が見れる店(2001年放送)」じゃないかな?と思います。もし違ってたらすいません。この企画は松ちゃんが「この店はタレントが全力疾走してる姿が見れる店やねん」っていって他メンバーを呼び出して、半信半疑の中お店から外を見てると、本当になぜか芸能人が次から次と全力疾走して通り過ぎていく……という内容の企画でコレも名作企画と言われています。この企画でイジリー岡田さんや、加藤鷹さん、周富徳さん、星セントルイスさんなど絶妙な面々が全力疾走で走り去って行く中の一人で岸部四郎さんも全力疾走していました。

そして、2002年に放送された企画が岸部四郎さんの落とし穴企画。

正式な企画名はわかりません。ちなみに企画名は「男と男の手料理対決」というテイで始まります。ガキでよくあるバトミントン大会の仮企画みたいなもので、ホントの企画内容の為の偽企画的なものですね。なので系統としてはガキらしさ全開のリアル風・ドキュメント風コントという感じの企画ですね。近年でいえば破天荒田中企画とかパンツを見てはいけないゴルフレッスンなどの企画と同様ですね。

ちなみにここで少し話は逸れますが当時岸部さんは元々人気タレントだったのですが、理由は割愛しますが莫大な借金を抱えた為、自己破産…そして番組降板などもあり、お金持ちからの借金をかかえ転落してしまった人…というイメージが付いていました。いわゆる「やらかしてしまった芸能人」って感じですね。そんな中で放送したのが今企画でした。

あらすじは、岸部四郎さんをゲストに迎えて、浜ちゃん以外のガキメンバーチームと岸部四郎さんで手料理を作り、浜ちゃんが出来た料理を試食し、勝者を判定する……というテイで企画が始まります。そして浜ちゃんが今回のゲストの岸部四郎さんですと呼びこんで、岸部四郎さんがガキメンバーに駆け寄ろうとするといきなり落とし穴に落ちる。そこで落とし穴に落ちた岸部さんが第一の名言「俺何してた人か知ってる?…

元金持ちやぞ!

を言い放ちます。

そして落とし穴に落とされた岸部さんはロケ車でプロデューサーを呼び出し、ネチネチ文句を言い出します。「これ(落とし穴に落とされた事)はお金に換算したら大変な事よ?」とお金の事を遠回しにせびるかのような事を言い出します。「ギャラを10倍とは言わない…8倍だせ!」とか、「40万すぐに振り込め」とか、「8倍…8.5倍でもいいわ」とか「クリーニング代込みで」とか色々。

なんとかそれでロケを再開しましょうってロケ車を出て……

秒で穴に落ちる岸部さん

「岸部さ~~ん」と駆け寄るメンバー。そこでも「おいスタッフ手を貸してくれよ……俺実年齢より20上なんだから」とかさらに名言が続きます。しかもキレてた風なのに突如やさしく「ありがとう…ありがとう~」と繰り返す岸部さん。こらえ切れず笑い出すメンバー。なぜか記憶喪失になったかのように「僕ゲスト?」「今から料理するの?」「僕出して頂けるの?」「ありがとう~」「どこでするのそれ?」と繰り返します。

またなんとか仕切り直して手料理対決を再開するんですが、さぁ料理対決スタート!ってなって移動すると…

秒で穴に落ちる岸部さん

「岸部さんすんません~」って謝るメンバーに「すんませんってお前なぁ…もう」

「金しかないなぁっっ!!!」

という名言中の名言が飛び出し、ここでさらっと企画は終わりガキのはがきトークに移ります。

時間にして約10分程の企画。

これは様々な意味で衝撃的な企画で、岸部さんが俳優業もこなす人なので演技も上手で、どこまでが台本でどの辺がアドリブだったのかわかりませんが、全編名言だらけでたった10分のOP企画で後々にも視聴者にも大きな大きな影響と衝撃を与えた企画なのでした。

ちなみにその後近年でも松ちゃんは「金しかないなぁ!!!」ネタを使ったりしてるので、今でも本人たちも思い出深い企画の一つなのだと思います。

30年以上のガキの歴史でもトップクラスの伝説的な企画になっていて、おそらく「板尾が見ている」企画等と並び神企画中の神企画と名高く、最近からのガキファンは見たことないとは思いますが、オールドファンでガキの企画を語る場合100%名前が出てくる企画の1つとなっています。

お金持ちだったのに色々やらかして貧乏になった…その当事者がそれ自体を大きな前フリにしてその自虐ネタ的にコントに昇華した…みたいな感じなんですよね。今でいえば、アンジャッシュ渡部さんが不倫ネタで登場するとか、木下優樹菜さんがタピオカネタで出てくるみたいなイメージでしょうか。それだけでもインパクトありますよね。ガキで笑ってはいけないでは新垣隆さんがゴーストライター問題で話題になったあとそれにちなんだネタで出てきた感じも近いですね。

当たり前ですが、普通こんな内容ならまず本人が出演しないでしょう。それでも出演し、徹頭徹尾やりきった岸部さん。爆笑を届けてくれた岸部さん。私は本当にすごいと思います。本当にそれほど素晴らしい企画と岸部さんの完璧な演技だったのでした。

自分たちガキファンは一生忘れないことだと思います。素晴らしいコントをありがとうございました。

心よりお悔やみ申し上げます。

 

関連記事:

9月 14

4回目のこのシリーズ。

毎回する度にもっとやってた気がしてしまうこのシリーズですが、でも4回目ならもう十分シリーズといっていいですよね。

前回は総集編を挟んでの

11/17「第三回 芸人考案!オリジナルゲームをやってみよう~!!」感想

でした。

しかも今回は一応前後編。後編は世界のテーブルゲームの未公開もあるようですが。

タイトル通り芸人がオリジナルゲームを持ち込んでガキメンバーといっしょのするっていうシンプルな企画ですね。オリジナルゲームといっても道具などはいらないパーティーゲーム系?なので、そういう意味では世界のテーブルゲーム企画とは差別化出来てるのかな。でもまぁ路線や雰囲気は遠くない企画ですが。あ、ちなみに私はこの芸人考案ゲーム企画と世界のテーブルゲーム企画だと後者の方が好きです。

遠藤さん居ましたね。でも多分前に収録したものなのかな?遠藤さん回復したらしいですが、さすがに先週の予告でも出てたし、回復後に収録したわけじゃない気がします。

感想

1番手ランパンプスさん。私は全く知らないコンビでしたが、DXの前説などを担当してるそうです。

松ちゃんはアイドリングトークが~と言ってましたが、そのアイドリングトークが中々面白かったです。まぁ松ちゃんは自分が軽くイジられたのでね…照れ隠しも少しあってああいったのでしょう。

でもランパンプスさん芸歴結構あるのかな?場馴れというか、しゃべりは熟れてる感じでしたね。

で、持ち込みのゲームは連想ゲームの亜種ですね。職業か有名人の名称>言いそうな言葉を順番にパンパンのリズムで言っていくという、いかにも一番手感のあるシンプルなゲーム。

安定感あるゲームですよね。まぁよくありそうな…。悪く言えば凡庸。盛り上がり具合もまぁまぁ…悪くないけど、良くもない感じでした。特にピックアップするほどのくだりは無かったかな。

2番手、11月のリサさん。このコンビも初見でした。

ゲームはAメロ当てゲーム。有名曲のサビを聞いて、そのAメロを当てるゲーム。これはさっきの瞬発力を試されるゲームとは違い、ぞれぞれが元々持ってる知識みたいなものが試される系のゲームですね。音楽に詳しい方が強いゲーム。ある意味イントロクイズの亜種みたいな感じ。

これもまぁまぁ…。ピックアップするとすれば「ダウンタウンでやらせてくれ」のくだりが多少面白かったかな。この手のゲームは大体ダウンタウンってホントびっくりするぐらい同レベルなんで、松ちゃんが勝つ時もあれば浜ちゃんが勝つ時もあるんでそれが逆に白熱したり低レベル過ぎる戦いが面白かったりします。今回もまぁそんな感じで悪くなかった。

3番手そいそ~すさん。このコンビも初見です。

ゲームは「Eゲーム」。ランパンプスさんのゲーム系統、山手線ゲーム・パンパンゲーム系で、お題>イメージセリフの順で答えていく。イメージセリフは母音がE(い~)なるのがルール。例えばやきそば>うまい~>遊園地>楽しい~など。しかもNGワード設定などもあり、少し難易度も上がってる感じです。

これも無難な感じの盛り上がり、そこまでピックアップするほどのくだりも無かったかな。おもろくないわけじゃないですけど、まぁまぁ…うん。

まとめと次回

普通に悪くはないんですけど、全体的に盛り上がり感は微妙でしたね。全然盛り上がってないわけでは全然無いですし、全体的にそれなりに面白かったんですけど、前編通してそこまでハネてるくだりも無い感じでピックアップするほどのくだりもあまり無く、なんとも感想も書きにくさを感じました;なんなんでしょうね…。普通に悪くないはずなのに、印象に残ったシーンがほとんどない…。やっぱりゲームとしてはぐだぐだでも和田まんじゅうさんみたいな方が印象に残るのは皮肉な話(?)ですよね。みなさんがどう感じたかわかりませんが。

後編は以前も登場したなすなかにしさんのゲームをすごい予告で推してたんで、そこでハネるのを期待します。

というわけでまた次回~

以上。

ガキの使い記事一覧はこちら
http://www.revolve-gear.com/blog/archives/196
ガキの使いの名セリフ・名言・迷言をつぶやき続けるツイッターbotはこちら>http://twitter.com/GAKIbot

ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!! (祝)ダウンタウン生誕50年記念DVD 永久保存版 (19)(罰)絶対に笑ってはいけない熱血教師24時 【初回限定版DVD BOX (本編ディスク4枚組+特典ディスク1枚/デジパック仕様)】ダウンタウンのガキの使いやあらへんで !! 2 松本一人ぼっちの廃旅館1泊2日の旅 ! [DVD]ダウンタウンのガキの使いやあらへんで !! 1 浜田チーム体育館で24時間鬼ごっこ ! [DVD]ダウンタウンのガキの使いやあらへんで !! 3 罰 + 松本チーム絶対笑ってはいけない温泉旅館の旅 ! 名作 & 傑作トーク集 [DVD]ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!! (祝)ダウンタウン結成30周年記念DVD 永久保存版 (18)(罰)絶対に笑ってはいけない空港(エアポート)24時  初回限定版(本編ディスク4枚組+特典ディスク1枚)

関連記事:

9月 07

くーちゃん企画。

2018 5/20 「未来人くっきーがやってきた!?」感想

以来ですね。

意外と経ってますね。2年以上ぶりですか。

前回の雰囲気からしてシリーズになって、またそのうちすぐにすると思ってたんですが、結構無かったですね。もう単発で終わったのかなとも思ってたんですが、2年の期間を経て復活。

前回はショージさん企画の系譜というイメージでしたが、今回は板尾さん企画の雰囲気も少しありましたね。まぁどちらにせよもう「これぞガキ」という雰囲気でした。板尾さん、ショージさんの後を継げる逸材ですねくーちゃんは。いや…ショージさんはともかく板尾さんのカリスマ性にはさすがに届かないかな。あの絶妙な空気感は出せない…か。いやくーちゃんは悪いわけではなく、方向性が違うから…。

企画概要

ハリウッドから来た大富豪(?)という”ベンジャミン・ボーナス”ことくっきーが通訳と奴隷(もしくは従者?)を連れてやってきて、ガキメンバーをオーディションする…という感じの内容。実際は前回の未来人くっきー企画とプロットはほぼ同じ感じですね。設定が少し違うのと相方のロッシーが居ないという点が違いますかね。……ロッシーはなぜ……。やっぱりポンコツ過ぎて(天然過ぎて)外されたのだろうか……。

あと今回から遠藤さんはお休みですね。まぁこれはもうしょうがない。今現在回復はしたんですかね?結構コロナが有名人がなったってなると、感染したニュースはすごい出るけど、その後はあまり情報が出ないような…。まぁ回復したと仮定しても、数回分か下手をすると数十回分は遠藤さんはお休みでしょうね。無事復帰してくれればいいですが。ガキメンバーはやはり5人揃ってこそなので出来るだけ早い回復と復帰を願っています。

感想

OPからバトミントン大会ってのがガキらしいですね。前回のくーちゃん企画も確かバトミントン大会だったと思います。浜田さんも過去企画で「バトミントン一度もしたことないけどな」の名言を残してますが、ガキのバトミントン大会企画は別企画の前フリ企画ですからね。逆に言えばバトミントン大会企画は名作であることも多く。期待の出来る前フリです。

OPの松ちゃんが「くーちゃんが来るんでしょ」ってぶっちゃけちゃうのと、それにくーちゃんがツッコむくだりは最高の出だしですね。

くーちゃんも外国人のテイなのにほぼ終始こってこての大阪弁ってのがね。時間が経つにつれ面白かった。

ちなみにハリウッドオーディションというと、過去に遠藤さん主役企画の新おにぃがエキストラで初出したことでも有名な「赤っ恥ハリウッドオーディション」という超名作企画がありました。まぁ内容は全然違うものですが。

あの通訳(安達)とか奴隷(カルキン)を連れてる感じはガキらしい。意外とガキはこういうエキストラから名物キャラが生まれる事も少なくないですからね。今回はそんな事はなさそうですが。通訳も下落合の母の通訳のような面白さには程遠いですが緊張してるとか裏事情をぶっちゃけられてそれがあるので逆に「緊張してんねや」的な感じに見てしまうので面白かったです。

そして、その後のくーちゃんがしゃべる度に効果音を鳴らすくだりは板尾さん企画を思い出させるネタ(大石神教など)ですね。やはり面白い。

田中さん・方正さんがイジられるくだりの「おい誰か角材もってこい」とか好き。

ゲラウトのくだりも前フリ・てんどんがあってこそですが、良いフリからのくーちゃんの絶妙なタイミングで「ゲラウト」をぶちこんでくるのも流石。

その後のワニのくだりでは、山ちゃんとのくだり後に、浜ちゃんとのくだりになって、思いっきりくーちゃんが逆にどつかれるくだりが最高。流石です。いやめっちゃ笑った。くーちゃんが一瞬素に戻る感じがたまらんかったです。面白かった。

オチ前の幕しまった後にくーちゃんが浜田さんに謝るくだりも前回を彷彿とさせ、面白い。その前の浜田さんも文句言ってたわりにすんなりハルマゲドンくだりにノリにそのまま乗るも好き。

オチのジャクソン5のくだりも超シュールで最高。ちょっと山ちゃん企画のオチ(ヤマラム企画やさよなら山崎邦正企画など)を想起させる感じ。もう全人類がツッコむオチ。最後だけエキストラも増やして大掛かりなのに一瞬で終わるというね。良かった。

まとめと次回

良かった。前回の未来人くっきーも良かったですが、それを超えるかもしれません。

くっきー企画は古き良きガキの企画の雰囲気をものすごく色濃く踏襲していて素晴らしい。こういうタイプの笑い番組って他にほぼ無いといっても過言じゃないので貴重です(最近テレビ千鳥はガキの影響が強いようなシュールな内容の企画もあって好きですが)。普通に面白いし。

ただ一般受けするかは謎。私なんかは大好物ですが、一般人(?)の感覚でいうと「なんだコレ?意味わかんない」って言う人も少なからず居そうだし、一般受けしないタイプのニッチな企画タイプであることは間違いないですね。

でも逆に私のようなフリークな人間は「こういうの待ってた」「こういうのが見たかった」というタイプの企画だと思います。いつもいつもこういう企画をしろとは言いませんが、やはり時々はこういうガキらしい企画見たいですね。

うん。満足です。

今回くーちゃん企画2年ぶりだったわけですけど、次回はせめて1年以内ぐらいで次回作見たいです。

はい。で、次回は芸人考案ゲーム企画ですね。まぁそれなりに安定感ある企画なのでそれなりに期待したいところです。和田まんじゅうさんまた出るのかな。

ではまた次回~

以上。

ガキの使い記事一覧はこちら
http://www.revolve-gear.com/blog/archives/196
ガキの使いの名セリフ・名言・迷言をつぶやき続けるツイッターbotはこちら>http://twitter.com/GAKIbot

ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!! (祝)ダウンタウン生誕50年記念DVD 永久保存版 (19)(罰)絶対に笑ってはいけない熱血教師24時 【初回限定版DVD BOX (本編ディスク4枚組+特典ディスク1枚/デジパック仕様)】ダウンタウンのガキの使いやあらへんで !! 2 松本一人ぼっちの廃旅館1泊2日の旅 ! [DVD]ダウンタウンのガキの使いやあらへんで !! 1 浜田チーム体育館で24時間鬼ごっこ ! [DVD]ダウンタウンのガキの使いやあらへんで !! 3 罰 + 松本チーム絶対笑ってはいけない温泉旅館の旅 ! 名作 & 傑作トーク集 [DVD]ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!! (祝)ダウンタウン結成30周年記念DVD 永久保存版 (18)(罰)絶対に笑ってはいけない空港(エアポート)24時  初回限定版(本編ディスク4枚組+特典ディスク1枚)

関連記事:

Copyright© 2010 Revolve Gear, All Rights Reserved.
preload preload preload